2020年に仮想通貨がどのように発展するか

2020年は、最近の歴史の中で最も困難の一年でしょう。新型コロナウイルスが全世界に蔓延すると、何千人もの人が亡くなり、一般大衆の日常生活は止まってしまいました。金融およびビジネス分野は、最も打撃を受けた業種の一部であり、経済の崩壊と市場の低迷につながりました。

2020年も終わりに近づいた今は、今年の仮想通貨の世界で何が起こったのかを振り返り、残りの数か月で何が起こるかを予測する時期になったでしょう。過去10か月でインターネットで話題になった最も印象的な仮想通貨ニュースのいくつかを以下に要約しました。CryptoShimbunでこの時期の仮想通貨の現況をご参照ください。

2020年の第1四半期

今年が始まったとき、コミュニティは大きな希望を抱いていた。2019年は価格の下落で終わりましたが、来年は前向きな見通しを望んでいました。この楽観的な見方は、5月のビットコイン半減期によってもたらされた予期によるものです。

長期的には強気の動きが来ると考えられており、ビットコインの半減は4年ごとに発生し、ブロック報酬を半減することでビットコインのインフレ率を低下させます。主に人々がこれを偶然な出来事と見なしたため、彼らは仮想通貨の購入を始め、取引所サイトで行われたビットコイン取引が急増していました。

多くの人がビットコインの購入に取り込んでいるため、価格は今年の最初の2か月に高くなりました。ビットコインの急騰に伴い、アルトコインはすぐにそのパターンに従いました。

年初の仮想通貨の価格

この年の始まりに、ビットコインの価格は7,000米ドルで、2月の第2週までには10,000米ドルに上昇しました。一方、エーテルは2020年の始まりに128米ドルであり、2月には200米ドル以上に達しました。ライトコインも同様なことが発生しました。2020年1月1日、ライトコインの価格は41米ドルでしたが、2月の後半までに2倍の83米ドルに上昇しました。

他のアルトコインの価格は上昇しており、チャートは見栄えが良く、ちょうど2月の第2週でした。しかし、その後、中国からの新型ウイルスのニュースが撒き散らしました。致命的なウイルスは東アジアから世界中に山火事のように蔓延しました。対応措置として、政府は自国を封鎖し、すべての人に自宅にいるように勧めました。事業はそのままで進行せず、経済は苦境に陥っていました。

「ブラックサーズデイ」

2020年3月11日、世界保健機関は、韓国、イタリア、イラン、および日本での症例と死亡の急増により、COVID-19の蔓延がパンデミックになったと宣言しました。翌日、政府は自国を封鎖することを措置として対応しました。

投資家が資産の大部分を清算したため、瞬く間に株価は急落しました。資産は価格の変動に対して脆弱であることを知っているため、投資家は変動の高い株式資産の代わりに、コールドハードキャッシュの安全性を選択しました。

従来の市場と新型市場の両方が、WHOによるパンデミックの宣言の影響を受けていました。厄介な状況に無防備であると考えられている仮想通貨市場でさえ、下落の猛攻撃から免れませんでした。

現在「ブラックサーズデイ」と呼ばれているものでは、仮想通貨の価格は高値から下落し、年初よりも低い価格に低下しました。ビットコインはわずか数日間にわたって9,000米ドルから4,900米ドルに下落しました。ライトコインが35ドルに下落したと同時に、エーテルは3月17日に107.9ドルで最低価格に達しました。

仮想通貨

しかし、まもなく仮想通貨の価格が回復しました。3月12日の直後、これらのコインの価格は上昇し始め、月末までに、年の始まりの価格に戻りました。

価格の高騰はそのまま止まるものではありません。たとえば、ビットコインは4,000米ドルから上昇し、8月中旬に12,000米ドルに達するまで上昇が止まりました。他のコインは急騰の傾向に従い、ブラックサーズデイ現象を単なる記憶にしました。

今日、ビットコインの価格は10,000米ドルを超え、着実に11,000米ドルに維持しています。イーサリアムは、300〜400米ドルの範囲でさまよい、ライトコインは今年のピークの70米ドル近くに上昇しました。

取引所サイトのトラフィックが高い

伝統的な市場は次々と打撃を受けていますが、仮想通貨は強気の動きを見せています。この背後にある考えられる理由の1つは、取引所サイトのトラフィックの急激な増加です。これは、日本や米国などの仮想通貨を承認している有名な国だけでなく、インド、マレーシア、ナイジェリアなどの発展途上国でも起こりました。つまり、仮想通貨は広い範囲にわたって採用されています。

人々は自宅に閉じ込められたままですが、多くの人が投資の代替方法を探して仮想通貨の世界を掘り下げてきました。経済の崩壊と法定通貨の弱体化により、仮想通貨は間違いなく最高の投資代替手段でしょう。

機関需要の急増

世界が「ニューノーマル」に適応するにつれて、ますます多くの人々と機関が仮想通貨の世界への扉を開いています。個人が相当の仮想通貨を購入できるのは素晴らしいことですが、機関投資家がついに仮想通貨を試してみることはさらに素晴らしいことであるでしょう。大手機関投資家は一般大衆に大きな影響を与えるため、これは市場全体に対して大きなメリットをもたらします。

ステーブルコインの上昇

安全対策として、多くの人が物理的な接触や取引を避けるためにキャッシュレスの支払いを好みます。クレジットカードまたはデビットカードがよく使われる方法ですが、銀行口座を持っていないか、または厄介なケイ・ワイ・シープロセスを実行できない場合は、仮想通貨が間違いなくより良い代替手段です。さらに、セキュリティに基づくブロックチェーンテクノロジーが仮想通貨を提供することで、それが単なる投資資産ではなく、日常の取引の媒体であることは判明しました。

初心者にとって、ステーブルコインは仮想通貨の世界への素晴らしいエントリーポイントです。ビットコインや他のアルトコインと比較して、ステーブルコインの価格が法定通貨に固定されているため、それほど変動しません。たとえば、テザーは米ドルの価格を反映しています。他の仮想通貨と比べて、ステーブルコインは特にパンデミックの間に人気と需要が高まり、テザー(USDT)が時価総額で三番目の仮想通貨になりました。

お金の未来

実際は、仮想通貨は、危機の際に回復力があることが証明されています。パンデミックがまた世界経済に損害を与えている中で、仮想通貨は分散型金融システムを介して、支援を提供しています。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です