CryptoShimbun:あなたのナンバーワンの暗号ソース

ここで仮想通貨について知っておくべきことのすべてを見つけましょう。CryptoShimbunは、最新の仮想通貨ニュースや知るべき基本情報など、デジタルコインの世界に関する情報を提供しています。

仮想通貨の定義、その使用法と発展、どのように世界を席巻したかを知ることから検索を開始します。次に、市場をリードするデジタルコインについて学び、さらに深く掘り下げましょう。創設以来、何千もの仮想通貨がリリースされています。それぞれに独自の特別な目的があり、暗号投資を最大限に活用したい場合は、それらについて学ぶことが不可欠です。

仮想通貨「カルダノ」。持続可能な暗号の未来に向けて

2009年にビットコインが登場し、イーサ ...
Read More

バイナンスコイン: 究極の仮想通貨トークン

小さなスタートアップから始まったバイナン ...
Read More

ブロックチェーン「Cosmos」の恒星間案内ガイド

非中央集権は、ブロックチェーン技術によっ ...
Read More

トロンについて:仮想通貨の新進気鋭のデジタル資産

比較的未知の仮想通貨に投資することは、仮 ...
Read More

Chainlinkの使い方を徹底解説

非中央集権的で普遍的なプログラミング言語 ...
Read More

初心者のためのHedgeTrade入門

仮想通貨の世界が拡大を続ける中、専門家た ...
Read More

NEMブロックチェーンの基礎知識

世界では、仮想通貨がより身近になったこと ...
Read More

ステラへの挑戦:金融の未来

長年にわたり、先行する仮想通貨が解決しよ ...
Read More

イーサリアムクラシックの究極のガイド

イーサリアムが仮想通貨の分野で2番目に良 ...
Read More

仮想通貨モネロの完全ガイド

市場の多くの仮想通貨は、迅速で簡単に取引 ...
Read More

IOTAコインに関するすべての情報を知っておく必要がある

モノのインターネット(IoT)の力を活用 ...
Read More

DigiByteについて全て知っておきたいこと

2013年、DigiByteの最高経営責 ...
Read More

ウェーブス:WVSコインについて知っておくべきことのすべて

ウェーブスは、ユーザーが黄金、米ドル、ま ...
Read More

ライトコインの総合的なガイド

多くの暗号化通貨は、国民の注目を集めて法 ...
Read More

暗号化 101:ジェミニへのアルテイメートのガイド

タイラーとキャメロンウィンクルボスはマー ...
Read More

NEOの仕組みを理解する

仮想通貨の世界は、トップの座を争うさまざ ...
Read More

リップルについて知っておくべきこと

フィンテックの現代の世界は、さまざまなイ ...
Read More

ビットコインキャッシュ仮想通貨について知るべきこと

仮想通貨初心者にとって、どうして取引所に ...
Read More

テザーに関する究極ガイド(USDT)

2020年5月、テザーまたはUSDTは、 ...
Read More

ADA仮想通貨とは何ですか?どのように実行されますか?

仮想通貨業界は本質的にすべての市場で自由 ...
Read More

EOSに関する重要事項

仮想通貨は現代世界に大きな影響を与え、こ ...
Read More

イーサリアム仮想通貨101:イーサリアム取引案内

ビットコイン以外の別の仮想通貨と言うと、 ...
Read More

ビットコイン基礎:知るべきことのすべて

サトシ・ナカモトがビットコインホワイトペ ...
Read More

仮想通貨とは何ですか?

仮想通貨とは、ピアツーピアの電子現金システムを使用してインターネット経由で交換されるデジタルコインです。ブロックチェーンテクノロジーを介してトランザクションを行う際に暗号化機能を利用するため、分散化かつ透明で、不変になります。

従来の法定通貨と比較して、仮想通貨は銀行や政府などの中央当局によって発行されるものではありません。代わりに、ブロックチェーンと呼ばれるオープンソースの分散型台帳は、すべてのトランザクションの正当性を検証する役割を果たしています。

何千ものコンピューターノードが各トランザクションを検証します。それを行うために、トランザクションが正当であるというコンセンサスに達する必要があります。1つのノードが過半数に同意しない場合、交換は通過せず、ブロックチェーンに追加されません。一方、ノードがコンセンサスに達すると、交換が通過し、ブロックチェーンに追加されます。

トランザクションが検証されたら、何も変更することはできません。永続に不変であるため、だれも改ざんすることはできません。最初の仮想通貨は、二重支払い、または中央サーバーのエラーにより同じ金額を2回使用することを防ぐために作成されました。

今日の主な暗号コインのリスト

ビットコイン

ビットコインは2009年に発明された世界初の仮想通貨であり、現在市場において最も有名なコインです。デジタルゴールドのアイデアで作成されたビットコインは、主にオンライン取引を行う場合に使用されます。仲介業者をプロセスから削除することにより、取引手数料の削減、処理時間の短縮、より安全な送金方法が保証されます。

イーサリアム

ヴィタリック・ブテリンによって作成されたイーサリアムは、デジタル通貨でありながら、開発者が独自の分散型アプリケーション(Dapps)を構築できるプラットフォームでもあります。イーサリアムプラットフォームのユーザーは、法定通貨を使用する代わりに、ETHを完了したスマートコントラクトの支払いとして使用します。

EOS

イーサリアムと同様に、EOSも独自のブロックチェーンプラットフォームを備えたデジタルコインです。これは、スマートコントラクトが開発されるEOS.IOブロックチェーンプラットフォームで使用されるネイティブデジタルコインです。2017年にBlock.oneによって開発されたEOS.IOプラットフォームには、現在100以上のdappがあり、毎日数千人のユーザーが活躍しています。EOSコインは、ETHのように、システムでのみ実行できるタスクと引き換えに支払いとして使用されます。

ADA

ADAは、イーサリアムの共同創設者の1人のチャールズホスキンソン氏が率いる学者とエンジニアのチームによって開発された別のブロックチェーンプラットフォームであるカルダノのネイティブコインです。これは、第3世代のブロックチェーンテクノロジーになるように設計されています。

テザー

テザーは、法定通貨に関連付けられている市場価値を持つ初めのものです。2014年7月にリリースされたとき、そのコインの価値はUSD $ 1.00に相当しました他のデジタルコインと比較して、その価値は安定していて変動が少ないため、「ステーブルコイン」という名前が付けられています。現在、市場には他の安定したコインがあり、テザーは時価総額の点で最大です。

ビットコインキャッシュ

2017年に、最初のビットコインフォークが形成され、「ビットコインキャッシュ」と名付けられました。新しい仮想通貨は、ビットコインブロックチェーンを分岐し、プラットフォームに追加される前にブロックの制限を変更することによって作成されました。より高いブロックサイズ制限により、ビットコインキャッシュは元のビットコインブロックチェーンと比較してより高いスケーラビリティを達成しました。他の仮想通貨はビットコインブロックチェーンを分岐することによって作成されていますが、これまでで最大のものはビットコインキャッシュとなっております。

リップル

リップルとは、国境を越えて迅速、安価、シームレスに送金することを目指している金融エコシステムです。チャネル内でお金をすばやく移動するために、リップル独自のコインであるXRPに変換されます。数週間かかる厳格な官僚プロセス経由の法定通貨とは異なり、XRPは数分以内にある国から別の国に転送できます。

ライトコイン

元Googleエンジニアのチャーリーリーによって創立されたライトコインは、ビットコインゴールドに対するシルバーとして機能することを目的とした仮想通貨です。コードベースにいくつかの調整を実施することで、ライトコインは軽量化され、ビットコインより4倍高速になります。その採掘可能な供給量の合計は、最初の暗号コインの4倍です。

NEO

Da Hongfei、Erik Zhang、および中国の開発者グループによって作成されたNEOは、イーサリアムに似たもう1つのブロックチェーンプラットフォームです。スマートコントラクトと一般的なプログラミング言語を使用してブロックチェーンテクノロジーを利用するように設計されており、開発者がより簡単に利用できます。このプラットフォームは、次の2種類のトークンを使用します:NEOとGAS.NEOは金銭的価値を保有していませんが、ブロックチェーンシステム内の議決権のプレースホルダーとして機能します。

IOTA

通常の仮想通貨とは異なり、IOTAはブロックチェーンに構築されていません。「タングル」と呼ばれるそのシステムにより、複数のデバイス間で無料でデータと支払い情報をシームレスに交換できます。検証を採掘者に依存するブロックチェーンベースの仮想通貨とは異なり、タングルユーザーはネットワークのバリデーターです。システムを使用する人が多ければ多いほど、システムは速くなります。

モネロ

モネロは金融取引に関してプライバシーの提供に重点を置いています。他の仮想通貨と比較して、モネロブロックチェーンの交換は匿名であるため、対応するユーザーとお金の取引は追跡できません。

リブラ

Facebookはリブラと呼ばれる独自のコインを発表することで仮想通貨界に参入してきます。デジタルキャッシュのように機能しているリブラは、知人への送金や商品の支払いをより簡単かつ安全に行えることを目指しています。Visa、Spotify、Uberなどのさまざまなパートナー企業で構成されるリブラ・アソシエーション評議会が率いています。まだリリースされていませんが、Facebookのリブラへの期待はすでに高まっています。

バイナンスコイン

バイナンスは世界最大の仮想通貨取引所および取引サイトとして知られています。業務の発展を促進するために、彼らは、取引、交換、および上場手数や他のバイナンス交換手数料の支払いに使用できるバイナンスコインを発売しました。

テゾス

テゾスとは、イーサリアムのような別のスマートコントラクトおよび分散型アプリケーションプラットフォームです。XTZと呼ばれる独自のネイティブコインを利用して、システム内で支払いトランザクションを行います。

ビットコインSV

ビットコインの作成者にちなんで名付けられたビットコインサトシビジョン(SV)は、ビットコインキャッシュブロックチェーンを分岐することによって2018年に形成された仮想通貨です。さらに大きなブロック制限を許可し、取引手数料を削減するように、そのサポーターはプロトコルを調整しました。「サトシ・ビジョン」という名前は、ナカモトが取引手数料を安くすることを意図していたという信念に由来しています。

トロン

2017年に Justin Sunによってシンガポールで設立されたトロンは、誰もが分散型アプリケーションを利用できるプラットフォームを提供することにより、エンターテインメントとインターネットを分散化するというビジョンを持っています。システムのネイティブコインは「TRX」と呼ばれ、ネットワークユーザーはそれを使用してトランザクションを行います。

コスモス

Cosmosは同じアルゴリズムを持つさまざまな独立したブロックチェーンのネットワークです。相互にシームレスな通信を実現できるブロックチェーンで構成される「ブロックチェーンのインターネット」を作成することを目的としています。コスモスはコインAtomを使用して、2017年のイニシャル・コイン・オファリング(ICO)を借りてかなりの資金を集めました。

NEM

NEMは、ユーザーに分散型エコシステムを作成するもう1つのブロックチェーンプラットフォームです。「ニューエコノミームーブメント」の略で、NEMはスマートアセットシステムを強化し、公式のNEM Nanoウォレットにかなりの金額が入金されると、ローカルコインXEMを成長させたり、収穫したりすることはできます。

ダッシュ

ダッシュは、PrivateSend機能を通じてユーザーのプライバシーを優先するもう1つの仮想通貨です。これはライトコインの派生物であり、コンピューターノードと採掘者の両方を使用してトランザクションの正当性を検証することでセキュリティを向上させます。

ジーキャッシュ

モネロやダッシュと同様に、ジーキャッシュは、トランザクション情報を非公開にして追跡不可能なオプションをユーザーに提供することに誇りを持っています。ビットコインよりも多くのプライバシーを提供し、2016年にリリースされました。透明な取引を行うことを気にしない人は、ブロックチェーン上で自分の情報を公開することができます。

ウェーブス

ロシアの起業家のアレクサンダー・イワノフによって創設したウェーブスプラットフォームは、2016年にリリースされた仮想通貨プロジェクトです。クラウドファンディングキャンペーンを開催することを目指しています。投資家は、DEXと呼ばれるWave独自の分散型交換プラットフォームを使用して、コインを別の通貨に変換してから、キャンペーンに資金を提供することができます。

デジバイト

デジバイトはビットコインに基づく別の仮想通貨です。2014年にリリースされたオープンソースのブロックチェーンは、15秒のブロック時間やより厳格なセキュリティなどの改善された機能に基づいて開発されました。

ドージコイン

2013年のアルトコインの台頭の間に、ドージコインは最初は冗談として登場しました。デジタル通貨として使用されることは想定されていませんでしたが、多い供給量と低い価格で人気を博し、人々はそれを使い始めました。

シータ

シータプロジェクトは、分散型ブロックチェーンに基づく高品質のビデオストリーミングプラットフォームを提供することを目的としています。ネットワークを最大限に活用するために、当該するプラットフォームは独自のTHETAコインを使用します。

ヘッジトレード

ヘッジトレードは、ブロックチェーン上で構築されたソーシャルトレーディングプラットフォームです。これは、世界最高のトレーダーがスマートコントラクトに予測を投稿し、ユーザーがそれを購入して、予測が正しければ利益を獲得するスペースを提供します。このプラットフォームは、ネイティブコインとしてHEDGトークンを使用します。

チェーンリンク

チェーンリンクは、ユーザーを他のアプリケーションや支払いゲートウェイに接続する分散型ブロックチェーンオラクルサービスです。そのネイティブコインLINKは、ユーザーにインセンティブを与えるために使用されます。

イーサリアム・クラシック

イーサリアムブロックチェーンコードがセキュリティを向上させるために2016年に更新されたとき、元のバージョンの支持者はそれを反対し、コードのクラシックバージョンを引き続き使用することを決定しました。このようにして、イーサリアムクラシックが誕生しました。スマートコントラクトをサポートし、開発者が分散型アプリケーションを作成するためのスペースを提供します。

ステラ

ステラは、ブロックチェーンで構築されたオープンソースの支払いシステムです。ネイティブコインとしてルーメン(XLM)を利用しています。使用方法は、金融機関を相互に接続してよりスムーズなプロセスを作成することを目的としているという点でリップルに似ています。