ビットコインキャッシュ仮想通貨について知るべきこと

仮想通貨初心者にとって、どうして取引所にさまざまな種類のビットコインがあるかについては困惑しているでしょう。Bitcoin SVからビットコインゴールドまで、様々なビットコインが存在しています。けれども、これらの選択肢の中で、もっとも人気のあるものが登場しています:ビットコインキャッシュ

ビットコインキャッシュは同類の製品の中で始めて発行されていましたが、前のものとの違いは何ですか、どのように区別しますか?あるビットコインアルトコインに特に興味を持っていますか?CryptoShimbunでビットコインキャッシュに関する質問について、対応する答えをお探しください。

ビットコインキャッシュとは何か?

ビットコインを主流の支払い方式とみなすことではなく、ビットコインキャッシュ(BCH)は、「世界の現金」として使用することを目指しています。2017年8月に発行されたビットコインキャッシュは、ネットワークユーザーのグループがビットコインブロックチェーンから切り離され、ビットコインよりも大きなブロックで独自のブロックを作成した上で誕生しました。

ブロックサイズを大きくすることで、ハードフォークはビットコインのスケーラビリティに関する長年の問題に対するソリューションを提供していました。ブロックサイズはビットコインの1MBから32MBにアップグレードしたことにより、ブロックチェーンにアップロードされる前に、より多くの取引をブロックに加えます。結果として、取引はより速いスピードで処理され、手数料も低いです。

2017年8月1日にビットコインが分裂したことに伴い、ビットコインブロックチェーンのマイニングパワーが2つのシステムに分割されたため、多くの取引の処理が遅延しました。結果として、ユーザーが先を争って取引を処理するように互いに競り合ったため、手数料は取引あたり平均37米ドルに急騰しました。

フォークとは何か?

分散型ネットワーク内のさまざまなグループの人々が同意せず、物事を様々な方向に推進することを決めたときにフォークは発生します。これは、仮想通貨の世界における民主主義のデモンストレーションであり、誰もネットワーク全体を決定できないことを示しているだけです。

すべてのメンバーが同意しない限り、それ以上の措置は取られません。分岐が発生した場合、関係者は、かなりの数の人々からの支持を受けている限り、したいことを何でもすることができます。

ビットコインキャッシュの簡単な発展履歴

ビットコインの場合、2つのグループがプロトコルのスケーラビリティの問題に対して2つの異なるソリューションを提供しているため、意見を一致させることができませんでした。ビットコインキャッシュの支持者は一番目のグループに属していました。

分岐に同意した後、2つのグループは分割して独自の方法で物事を行うことを決定した結果、オリジナルビットコインブロックチェーンと新しいフォークビットコインキャッシュという2つのブロックチェーンを作成しました。しかしながら、分裂したことにもかかわらず、ビットコインキャッシュチームは、いくつかの大きな変更を加えた後も、ビットコインのプロトコルを採用しています。

「ビッグブロッカー」と呼ばれる一番目のグループは、ソリューションはブロックサイズの制限を増やしたり、多くの取引を一度に検証したりすることであると信じていました。

一方で、「スモールブロッカー」または「分散主義者」と呼ばれる2番目のグループは、スケーラビリティを向上させる鍵は、ブロックに保存されている情報を制限するSegregated WitnessまたはSegWitに依存していると確信しています。ブロックに転送されるデータが少ないため、取引時間を半分に短縮できます。

どの解決策を採用するかについて、激しい議論を行った後、ハードフォークが発生しました。オリジナルビットコインネットワークはSegWitを活用していましたが、ビッグブロッカーがビットコインキャッシュ暗号通貨を作成し、32MBのブロックでブロックチェーンを作成しました。

ビットコインキャッシュは2018年11月に独自のフォークを行うことにより、サトシのビジョンを表すビットコインSVが誕生しました。ビットコインSVは、ブロックサイズを32MBから128MBに増やしたいと考えていたため、主要な支持者はビットコインキャッシュのブロックチェーンから分離し、独自のブロックチェーンを作成しました。

ビットコインキャッシュが作成された理由は?

ビットコインブロックは10分ごとにアップロードされ、1秒あたり検証される取引がわずか4.6に相当します。大手金融サービスのVISAの1秒あたり1,700取引と比べて、毎日の取引方式となることを目指している決済システムにとって理想的なレートではありません。

取引の速度が遅いため、ユーザーは「順番抜かし」で取引を最初に検証する方法として手数料を上昇しました。検証に対する高い需要は、取引手数料の大幅な上昇につながり、ビットコインネットワークに別の問題をもたらしました。

ハードフォークの支持者は、ピアツーピアのキャッシュレス決済システムに対するビットコインの作成者であるサトシナカモトのビジョンを認識しました。スケーラビリティと取引時間におけるビットコインの制限により、このビジョンは達成しにくいです。ビットコインは、ナカモトが意図したように日常の支払い方式として使用されるのではなく、ますます金のような価値を持たせました。

ロジャー・バーは、ビットコインキャッシュのハードフォークを推進した最も有名なネットワークユーザーの1人です。「ブロックサイズの制限が大きくなると、ビットコインキャッシュが日常の取引にとってより理想的な方法になる」と彼は確信しています。取引を行うためのより大きな場所を持っているため、人々はお互いに高値をつける必要はなく、取引手数料も低いです。

ビットコインとビットコインキャッシュの区別

だが、ビットコインとビットコインキャッシュの違いは何でしょうか?まず、ビットコインキャッシュは、ビットコインの1MBという小さな制限に比べてブロックサイズが大きいです。初めて発行されたとき、ビットコインキャッシュのブロックサイズはわずか8MBでした。32MBにアップグレードされた後、より多くの取引に対応できるようになりました。

両方のもののもう1つの大きな違いはSegWitです。ハードフォークを行った後、ビットコインプロトコルはブロック内の重要なメタデータのみを保持するSegWitを採用しており、取引サイズを実質的に75%削減しました。この新型の実装により、より多くの取引をブロックに加え、より高速に検証することを実現できます。

ビットコインキャッシュを使用している

前任者と比べて、ビットコインキャッシュは日常の取引方式として理想的です。取引レートは、VISAなどの従来の金融会社と類比することはできませんが、暗号通貨の分野において最高のものです。手数料が安く、取引速度が速いため、BCHの機能をご自分で体験する価値があるでしょう。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です