cosmos banner en coin

ブロックチェーン「Cosmos」の恒星間案内ガイド

非中央集権は、ブロックチェーン技術によって導入された最も重要で画期的なコンセプトの一つです。この革命的な機能により、情報の交換はより速く、より安全な方法で行われ、認証されるようになりました。最近では、この機能を利用した多くのブロックチェーンプロジェクトが見られ、周知のとおり業界の多くの分野を変えています。

しかし、ブロックチェーン技術にはメリットがある反面、異なるブロックチェーンとの相互運用性が低いなどの課題があり、Cosmosブロックチェーンはその課題を解決することを目的としています。

「ブロックチェーンのインターネット」として販売されているCosmosは、複数のブロックチェーンをリンクさせることで、ブロックチェーン技術の発展をより広範囲に促進できるような、より強固なコミュニティを作ることを想定しています。もっと詳しく知りたいと思いませんか?CryptoshimbunでCosmosのすべてを学びましょう!

コスモスとは何か?

一言で言えば、Cosmosは、相互運用可能なブロックチェーンで構成された分散型ネットワークです。これらのブロックチェーンは、エコシステム内の他のブロックチェーンのスケーラビリティ、機能性、相互運用性を確保するために、プルーフ・オブ・ステークのコンセンサスプロトコルを利用しています。このブロックチェーンプロジェクトは、「Cosmos Hub」としても知られており、ネットワーク間のあらゆる情報伝達が迅速かつ安全に行われることを保証します。

Cosmosのコードはジェ・クォン氏によって2014年に開発されました。3年間のテストを経て、2017年に正式にローンチされました。スイスの非営利団体であるInterchain Foundationがクォン氏の会社に資金を提供し、開発と研究を成功させました。

Cosmosのネットワークでは、ATOMと呼ばれる固有の通貨が運用されています。このトークンにより、エコシステムに参加しているメンバーは、投票、手数料の決済、ステークや取引の検証によるインセンティブを受けることができます。チェーンを維持するすべての検証者には、報酬としてATOMトークンが与えられます。

Cosmosの中へ:その仕組みとは?

相互運用性を確保するために、Cosmosは異なるパラレル・ネットワークに分割され、トランザクションを高速化しています。これらのネットワークでは、オープンソースのツールを使用することで、すべてが確実に整備されています。以下にその詳細をご紹介します。

ゾーン

ゾーンは、独立したブロックチェーンが協力してネットワーク内の取引を実行することで構成されています。これらのネットワークはそれぞれ、新しいアカウント、取引、投票を承認したり、プロトコルのアップグレードを促進したりして、システムがリクエストで逼迫しないようにします。Cosmos Hubでゾーンが接続されると、相互に通信や作業が可能になります。

Cosmos Hub

このエリアは、すべてのブロックチェーンが出会い、つながる場所だと考えてください。Cosmos Hubを通じて、すべてのゾーンが出会い、エコシステム内のすべての記録にアクセスして、シームレスな取引を行うことができます。

ブロックチェーンの3つの主要部分

The Tendermint Core

The Tendermint Coreは、Tendermint Algorithmを含むコンセンサス型ブロックチェーン間通信(IBC)を動かすために設計されたソフトウェアです。この画期的な機能により、エコシステム内のすべてのレイヤーがリンクされ、すべてのブロックチェーン検証者が相互に通信し、ネットワークの堅牢性を確保することができます。

さらに、IBCは、プライベートブロックチェーンとパブリックブロックチェーンも接続して、トークン同士のシームレスな交換を可能にします。IBCは、トラッキング、結合性、リレーの証明、バリデーションによって機能します。

Application Blockchain Interface (ABCI)

ABCI(Application Blockchain Interface)は、エコシステム内の分散型アプリを異なるプログラミングスクリプトで複製することを可能にします。この機能は単一のプログラミング言語に従わないため、ABCIは汎用性があり、ブロックチェーン上のあらゆるアプリケーションの開発に使用することができます。また、Tendermint CoreとCosmos SDKをつなぐ役割も果たしています。

Cosmos SDK

Cosmos SDKは、Cosmos Networkにレイヤー状に重ねられたアプリケーションで、開発者がブロックチェーンの基本的な機能を利用できるようにするものです。ガバナンス、トークン、ステーキングなどのサービスを提供することで、開発者が行う複雑な手続きを軽減します。さらに、開発者はプラグインを追加することで、これらの機能を自分の好みに合わせて調整することができます。

ブロックチェーン「Cosmos」のメンバー

Cosmosはリリース以来、そのエコシステムのメンバーとして、すでに多くの潜在的なパートナーを魅了しています。ここでは、Cosmosに参加している企業や団体をご紹介します。

バイナンス・チェーン

バイナンス・チェーンは、仮想通貨ユーザー向けの多くのトークンとバイナンス・ローンチパッド・プロジェクトを特徴とするプラットフォームです。Cosmosブロックチェーンを内蔵したバイナンス・チェーンは、フォークされたバージョンのTendermintとCosmos SDKを利用して、バイナンス・チェーンに接続されたパラレル・ブロックチェーンを形成しています。さらに、このネットワークにはCosmos SDKの「銀行」機能があり、基本的なトークンの交換に利用することができます。

Akash

Akash Networkは、最大規模のピア・ツー・ピアのワイヤレスIoT(Internet of Things)であるHelium Networkをサポートする分散型のクラウドです。これにより、開発者は、未使用のコンピューティングサイクルを処理できる、オープンで安全かつパーミッションレスな空間を手に入れることができます。さらに、クラウドを計算するための手数料は90%削減されています。

eMoney

eMoneyは、ヨーロッパを拠点とする安定したコインの発行元です。Cosmosブロックチェーン上に構築されたこのマネーは、銀行預金や国債を裏付けとしており、仮想通貨に対して安全性と少ないボラティリティを提供することができます。

IOV

IOVは、Cosmos上に構築されたもう一つのブロックチェーンベースのトークンです。このプラットフォームは、ブロックチェーンとウォレット間のシームレスな取引を保証するプロトコルを構築しており、ユーザーは単一の発信地からデジタル通貨を送受信することができます。

IRISnet

IRISnetは、Cosmos上に作られたBPoS型ブロックチェーンで、異なるブロックチェーン間の相互運用を可能にし、分散型ビジネスアプリケーションの次世代サービスを実現します。

2019年にスタートしたIRISnetは、リーチを拡大できる中小企業に焦点を当てています。さらにIRISnetのユニークな点は、その技術がオフチェーンとオンチェーンの両方の機能を備えていることです。また、Tendermint Consensusをモデルにしたプルーフ・オブ・ステーク・コインを持っています。

Kava

Kavaは、デジタル資産のためのDeFiレンディング・プラットフォームです。このプラットフォームを通じて、ユーザーは仲介者を必要とせずにデジタル資産を貸し借りすることができます。Cosmosブロックチェーン上に構築されており、ユーザーは借りたり貸したりした資産をスマートコントラクトにロックして、米ドルのインデックスで交換することができます。

Cryptoshimbunで、最新の仮想通貨ニュースをアップデートしましょう。ここで私たちの記事を読めば、ブロックチェーン技術と仮想通貨の専門家になることができます!

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です