polkadot coin banner image

ポルカドット:仮想通貨の将来性について

ポルカドットは、2016年にイーサリアムの共同創設者であるGavin Wood氏によって作られた、様々な専門のブロックチェーンを統一的なネットワークにつなげることを目的とした次世代ブロックチェーンです。そのデザインは、ブロックチェーンネットワークの障害となっているスケーラビリティの問題を解決することを主眼としており、取引処理時間の遅延や手数料の増加につながっています。

ポルカドットのデザインと、すべてのブロックチェーンのフレームワークとしての役割をより深く掘り下げるために、以下の記事をお読みください!

ポルカドット仮想通貨とは?

ポルカドットは、単独で動作するビットコインとは異なり、ネットワークを統合することができるため、一般的にマルチチェーンネットワークと呼ばれています。ポルカドットは、他のブロックチェーン(パラチェーンとも呼ばれる)が安全に相互作用するための基盤や環境を整えるブロックチェーンです。

ブロックチェーンのプログラミング言語「HTML」のようなもので、ウェブサイトやサーバー、ブラウザなどが互いに連携して動作するようになっています。

このようにして、開発者は自分のプロジェクトを複数のブロックチェーンプラットフォームで運用することができ、より多くのユーザーにリーチすることができます。また、ポルカドットは開発者が自分のプロジェクトにとって重要と思われる機能を自由にカスタマイズできるので、開発者は完全にコントロールすることができます。

ポルカドットが他の仮想通貨と比べて画期的なのは、セキュリティプロトコルやトランザクション検証を含むマイニングプロセスの複雑さとコストを削減しようとしている点です。開発者は、より優れた透明性とプライバシーのために、ブロックチェーンベースのアプリケーションの開発にのみ集中することができます。

ポルカドットの仕組みとは?

ポルカドット全体がどのように機能しているのかを理解するためには、まずその構造、ガバナンス、コンセンサスの仕組みを理解する必要があります。

構造

ポルカドットのプラットフォームでは、以下の3種類のブロックチェーンの作成が行われています。

  • リレーチェーン

リレーチェーンは、シャード化されたブロックチェーンのセキュリティや、バリデーターのシステムによる取引の検証を行うポルカドットのメインのブロックチェーンです。

リレーチェーンでは、高速化のために、新規取引の追加と検証のプロセスを分離しています。その結果、1秒間に約1,000件の取引が可能となっています。 

  • パラチェーン

パラチェーンは、ポルカドットネットワークの心臓部と呼ばれています。パラチェーンとは、開発者が独自の規制で運営できるようにカスタマイズされた、プロジェクト専用のブロックチェーンのことです。つまり、パラチェーンは、独自のトークンとガバナンスで様々な機能を持つことができ、DeFiプラットフォームやプライバシーゲームなどに利用することができます。

また、リレーチェーンのコンピューティングリソースを利用して、取引が正確に処理されているかどうかを検証することができます。

  • ブリッジ

イーサリアムやビットコインなど、他のブロックチェーンとの接続を可能にするポルカドットの部分です。このブリッジにより、ユーザーは中央の交換プラットフォームを使わずに資産を交換することができます。 

ガバナンス

ポルカドットは、すべてのユーザーがソフトウェアの運営方法に影響を与えるガバナンスの構造を持っていることで知られています。システムの変更を行う前に、ユーザーはまず提案を提出し、それが投票の対象となります。

ポルカドットのユーザーには、次の3種類があります。

  • DOTホルダー

DOTは、ポルカドットネットワークのネイティブな仮想通貨トークンであり、ボンディング、ステーク、システムのガバナンスといった3つの目的を持っています。DOTを購入したユーザーは、そのトークンを利用して、提案を提出したり、他のDOT保有者が提出した変更を拒否または承認することができます。

  • 評議会

評議会のメンバーは、DOTホルダーによって選出されます。評議員は、DOT保有者を代表して、国民投票の提案や、ネットワークにとって有害と思われる提案の拒否を主に行います。

また、DOTホルダーである限り、評議会の正式メンバーとして登録することができます。候補者が確定すると、候補者の中からアルゴリズムを使ってメンバーが選出されます。通常、評議会の任期は1週間程度です。

  • 技術委員会

技術委員会は、ポルカドットの誕生に大きく貢献したメンバーで構成されています。技術委員会は、評議員によって選出され、緊急時には変更やアップグレードを迅速に行う権限を持っています。

NPoS (Nominated Proof-of-Stake)

ポルカドットでは、コンセンサスの仕組みとして、Nominated Proof-of-Stakeシステムを採用しています。チェーンの安全性を高めるために、次のような役割を持っています。

  • バリデーター

バリデーターは、リレーチェーンの完全な検証を行い、パラケインブロックを検証することで、ネットワークの安全性を確保する役割を担っています。また、提出されたネットワークの提案や変更について、合意形成や選挙を行います。

  • フィッシャーマン

フィッシャーマンは、ポルカドットネットワークの警察のような役割を果たしています。彼らはシステムを監視し、無効な取引をバリデータに報告します。報告が正しければ、フィッシャーマンは報酬を得ることができます。しかし、間違った報告をしてしまうと、リレーチェーンの中での役割を失ってしまうかもしれません。

  • コレーター

コレーターは、リレーチェーンのフルノードと呼ばれ、すべてのパラチェーンの履歴を包括的に保存します。そのため、あるパラチェーンから別のパラチェーンへ情報を中継することができます。

ポルカドット仮想通貨のメリット

ポルカドットネットワークの設計により、資金の送受信にとどまらず、多くの目的に役立ちます。様々なブロックチェーンプロジェクトを促進したり、他のブロックチェーンプラットフォームと接続したり、処理時間を短縮したりするために、業界を超えて利用することができます。

ここでは、知っておくべきポルカドットのトップメリットを紹介します。

スケーラビリティ

前述したことと同様に、ポルカドットはスケーラビリティの必要性から生まれました。例えば、1つのブロックチェーンは一定のトラフィックしか処理できません。しかし、ポルカドットはシャード化されたマルチチェーン構造を持っているため、多数の取引をパラチェーン上で処理することができ、システム内の速度を向上させることができます。

セルフガバナンス

ポルカドットが解決しようとしているもう一つの問題は、ガバナンスの問題です。このシステムには、ポルカドットコミュニティが自分たちの必要に応じてネットワークを運営することができる、オンチェーンガバナンス機能があります。

その結果、DOTホルダーのユーザーは、ネットワークの全体的な状態を向上させるための新しいアイデアを評価することができます。

相互運用性

一元化されたプロバイダーを必要とせず、ポルカドット上で動作するネットワークやアプリケーションは、情報を交換・共有できるようになりました。このため、開発者は、ユーザーが情報やデータを簡単に交換できるような新しいサービスを実現することができます。

また、この特性を利用して、金融機関が株式市場をはじめとする実世界のデータを伝達するのにも役立っています。

ポルカドットの未来:次はどうなるのか?

ポルカドットが仮想通貨市場に初めてリリースされたときに成功したことは間違いありません。わずかな期間で、記事執筆時点での時価総額が267億9,138万4,167米ドルとなり、仮想通貨のトップ10にランクインしています。

しかし、同じようにスケーラビリティとガバナンスを重視する他の次世代ブロックチェーンとの厳しい競争にさらされているのも事実です。

現在、開発者たちはシステム全体を改善する方法を見つけています。ポルカドットのローンチロードマップによると、Web3 FoundationはポルカドットをProof of Authorityモードでローンチする予定です。これにより、ほとんどのユーザーは、イーサリアム契約からトークンを要求したり、トークンを賭けたりすることができるようになります。さらに、ポルカドットは2021年にいくつかのパラチェーンをリリースする予定で、この仮想通貨に業界での競争力を与えます。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です