nigerian minister bitcoin banner

SafeCoinで取引の安全性を確保

仮想通貨市場は、2009年の最初の出現以来、長い道のりを歩んできました。デジタルトークンの台頭に伴い、投資家や潜在的なユーザーが抱く主な懸念の1つは、その安全性でした。

ありがたいことに、技術の進歩により、開発者はユーザーにとってより安全な取引を提供する仮想通貨を作ることができるようになりました。今日、安全でプライベートな取引に関して利用できる最良の選択肢は、SafeCoinです。

もっと知りたいと思われましたか?このトークンがなぜ仮想通貨の世界で騒がれているのかを知るために読み続けてください。

SafeCoinとは?

SafeCoinは分散型仮想通貨で、すべての取引の最前線にセキュリティと安全性を置くことを目的としています。一流のセキュリティはもちろんのこと、このトークンは、現在世界で最も高速なブロックチェーンシステムであるSolanaの使用により、高速で効率的なサービスを提供することも約束されています。

SafeCoinは、SAFEネットワークのネイティブトークンです。ジェフ・ギャロウェイ氏によって設立されたこの仮想通貨は、最大供給量36,000,000のネットワークの分散化を目指し、現在合計2770万以上の流通量があります。

SAFEネットワークとは?

SAFE(Secure Access for Everyone)は、ユーザーのデータを保護し、無期限にオンライン状態を維持することを目的としたネットワークです。また、ユーザーがアプリケーションや検閲に耐えうるウェブサイトを作成できる、初の自律的なデータネットワークであると主張しています。 

SafeCoinを利用するメリット

仮想通貨SafeCoinが提供するプライバシーとセキュリティは、理想的な投資である理由の1つです。しかし、SafeCoinには、世界最高レベルのセキュリティ以外にも、仮想通貨取引に利用できる機能があります。 

ここでは、SafeCoin の利点をいくつか紹介します。

迅速な取引

仮想通貨の発明者が投資する仮想通貨を探す際に考慮すべきもう1つの要素は、取引にかかる時間の長さです。SafeCoinでは、その両方を得ることができます。このコインは、Solanaというブロックチェーンネットワーク上で動作するため、迅速な取引が可能です。

Proof of Historyプロトコルやマルチスレッドアーキテクチャなどの機能により、SafeCoinは 1 データあたり65,000トランザクションという驚異的な処理能力を備えています。

Proof of Historyとは?

SafeCoinの高速トランザクションの大きな要因は、Proof of Historyプロトコル機能です。これはコンセンサスメカニズムとして機能し、ブロックチェーンネットワークを手がけたのと同じSolanaチームによって完全に設計されたものです。

このコンセンサスメカニズムは、ネットワーク上で行われた取引の各順序を検証するために、グローバルに同期されたクロックを利用するものです。これは、他のトークンが使用している、取引の順序を検証するためにマイナーとステーキングを伴う従来のプロセスとは異なるものです。 

手頃な手数料

投資家が仮想通貨を選択する際に最も重要なことの1つは、その取引手数料です。取引手数料は避けられないものですが、トレーダーができる最善のことは、市場の他のものと比較して取引手数料が著しく低いものを見つけることです。

SafeCoinは、0.0001 SAFEという手頃な手数料を提供するだけでなく、市場のボラティリティに影響されないため、価格が変動することがないのです。

エネルギー効率

Solanaブロックチェーンが持つマルチスレッドアーキテクチャは、高速な取引を可能にするだけでなく、エネルギー効率にも貢献します。SafeCoinは、1取引あたりのkWがわずか~0.0000027kWを記録しており、今日の市場で最もエネルギー効率の高い仮想通貨であると主張しています。

マルチスレッドとは?

マルチスレッドとは、開発者がプログラムコードに組み込んで、複数のリクエストを同時に処理する設計のことです。つまり、バックグラウンドで実行されるプログラムの複数のコピーを必要としないため、エネルギー消費の低減につながります。

アクセシビリティ

分散型コインの素晴らしい点は、トレーダーがよりアクセスしやすくなることです。Solanaブロックチェーンと SafeCoin自体は、バリデーターを実行するなどして、ネットワークに参加することを可能にしています。このバリデーションの能力は、コインの分散性を向上させます。

プライバシー

SafeCoinは、世界最高水準のセキュリティ対策をユーザーに提供するとともに、プライバシーも重視しており、このトークンを運営するチームは、個人情報の提供を求めることはありません。また、ICO(Initial Coin Offering)やIEO(Initial Exchange Offering)のような第三者を利用することはありません。

コミュニティ意識

SafeCoinが他のトークンと異なる大きな要素は、コミュニティ意識を持っていることです。SafeCoinは、開発者やコインをリードする人々から、トークンの他の投資家に至るまで、誰もがコミュニティの一員であることを実感させてくれるのです。

この同じコミュニティが、SafeCoin仮想通貨の未来に対する共通の目標と情熱を共有しているのです。さらに、彼らのDiscord サーバーもあり、各メンバーが立ち寄って話をすることができます。

SafeCoinを獲得するには?

他の仮想通貨と同様、投資家はSafeCoinを獲得したり、ファームして、売買や取引に使用することができます。ここでは、SafeCoinを獲得する2つの方法について説明します。

プルーフオブリソース

プルーフオブリソース(POR)は、SAFEネットワーク内で行われます。その仕組みは、「ファーマー」と呼ばれる人々のグループが、ネットワーク全体にリソースを提供することです。これらのファーマーは、ダウンロード可能なソフトウェアを通じてこれを行うことができ、このソフトウェアを使用して、ネットワーク上でリクエストの処理とデータの保存を担当するノードを稼働させることができます。

さらに、ネットワークがランダムにSafeCoinを獲得する個人を選択するため、このプロセスには人間が関与していません。これは、より多くのリソースを提供したユーザーほど選ばれる確率が高い、宝くじのようなものだと考えてもよいでしょう。このプロセスを通じて、検証は暗号化され、正確かつ効率的に行われます。

ステーキング

ステーキングは、バリデーターノードと協力し、あなたの大切なSafeCoinを預けることです。これらのノードは、ネットワークにリソースを提供し、ステーキング報酬が支払われ、委任者はその一部を受け取ります。

ステーキングは、自分で大変な作業をする必要がないため、受動的な収入を得るには最適な方法です。一方、バリデーターノードは、そのサービスに対してランダムな量のSAFEという形でコミッションを受け取ります。

さらに、ステーキングはバリデーターとデリゲーターに利益をもたらすだけでなく、ネットワーク自体を分散化し、よりスムーズで効率的な運用を支援します。

SafeCoin仮想通貨に投資すべきでしょうか?

SafeCoin は、安価な取引手数料、高速な取引、そして最大の魅力である最先端のセキュリティなど、仮想通貨に必要とされるすべての要素を備えています。仮想通貨に関して、プライバシーと安全性が最優先事項である場合、SafeCoinは最適な仮想通貨です。 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。