tron crypto banner en

トロンについて:仮想通貨の新進気鋭のデジタル資産

比較的未知の仮想通貨に投資することは、仮想通貨トレーダーにとって珍しいことではありません。市場には様々な仮想通貨が存在するため、トレーダーは常に可能性に満ちた最新のデジタル資産を探しています。

以下では、現在最も注目されているアルトコインの1つである仮想通貨トロンについて詳しく説明します。このデジタル資産は、ビットコイン(BTC)やイーサ(ETH)のような巨大な仮想通貨に比べて比較的新しいものですが、発見する価値のある多くの可能性を秘めています。以下、トロンについての詳細をお読みください。

仮想通貨「トロン」の概要

2017年に設立されたトロン仮想通貨は、シンガポールに拠点を置き、創設者兼CEOのJustin Sun氏が陣頭指揮を執り、同年に7000万ドルのイニシャル・コイン・オファリングを獲得することができました。

初年度のトロンは、2018年に独自の独立したピアツーピアネットワークに移行するまで、イーサリアムブロックチェーンに依存するERC-20トークンでした。トロンのプラットフォームとその仮想通貨の目的は、分散型プラットフォームを使用する際のシームレスな体験を提供することです。実際、ウェブサイトに表示されているスローガンには、トロンの使命は「ウェブを分散化する」ことだと書かれています。

トロンの仮想通貨は、TronixまたはTRXと呼ばれています。この記事の執筆時点での価格は0.076558ドル、時価総額は54.8億ドルとなっています。一方、プラットフォームは現在、世界中で3,700万以上のアカウントを扱い、毎日数十億の取引が行われています。これは、トロンが急速にランクを上げ、仮想通貨トレーダーの注目を集めていることを証明しています。

仮想通貨トロンを使用するべき理由

世の中には多くの人気仮想通貨がありますが、なぜトロンを選ぶべきなのでしょうか?トロンの何が他の通貨の中で際立っているのでしょうか?下記、トロンに関する詳細を読み、今日からTRXの取引を始めるべき理由を知りましょう。

優れた分散型の取引体験とエンターテイメントシステム

トロンの取引に参入すると、TRXのダイナミックな仮想通貨だけでなく、プラットフォーム上のエンターテイメントシステムを楽しむことができます。登録してアカウントを作るだけで、プラットフォームが提供するすべてのメリットにアクセスできます。仮想通貨を取引したい方は、eToro、Binanceなどの主要なプラットフォームや、Trezorのようなクロスチェーン取引を提供するコールドストレージオプションで取引することができます。

取引手数料なし

トロンが提供する大きなセールスポイントの1つは、取引手数料がゼロであることです。同社は、中間業者を排除し、ユーザーができるだけ簡単かつ手頃な価格で体験できるようにすることを目指しています。そのため、トロンのプラットフォームで取引を行う場合、これらは数分以内に完了し、1円も支払う必要はありません。

将来の大きな計画

メインプラットフォーム以外では、トロンは2018年から2025年までの間に、さまざまなフェーズのサービスを計画しています。これらはゲームの世界に焦点を当てていますが、ユーザーはこれらすべてのフェーズでデジタル資産を反映させることができます。詳細は以下のリストをご覧ください。

Exodus(エクソダス) (2018)

これは、設立からわずか1年後の2018年に完成したトロンの最初のフェーズです。これは、分散ファイルシステムによるピアツーピアのコンテンツ共有とストレージを可能にする無料のプラットフォームを特徴としています。これは、いかなるブロックチェーンにも依存しない、ウェブベースのシステムファイルプロトコルのおかげで可能となっているます。

Odyssey(オデッセイ) (2019)

トロンの次のフェーズはOdyssey(オデッセイ)と呼ばれ、プラットフォーム上でコンテンツを見たり作ったりする全く新しい手段であることが特徴です。これは、YouTubeで気に入ったコンテンツ制作者にチップを渡すようなものだと考えることができます。例えば、ユーザーがトロンのプラットフォームにコンテンツを投稿すると、金銭的なインセンティブを得ることができます。これは、人々が自分のコンテンツをどれだけ気に入り、もっと見たいと思ってくれるかどうかによります。

Great Voyage(グレートボヤージュ) (2020) Apollo(アポロ) (2021)

グレートボヤージュとアポロのフェーズは相互に関連しています。この2つのフェーズの考え方は、コンテンツ制作者のブランドをプラットフォーム上で宣伝・構築することです。これにより、ユーザーは自分のコンテンツを宣伝しやすくなり、トロンのプラットフォーム上でより多くの支持者を得ることができるはずです。彼らが成功すれば、より多くの金銭的なインセンティブが得られることになります。

Star Trek(スタートレック) (2023) Eternity(エタニティ) (2025)

これらは、現在トロンが開発している最新のフェーズです。スタートレックとエタニティの両フェーズは、トロンのユーザーが市場プラットフォームを構築し、さらに分散型ゲームで資金を調達できるようになると言われています。現在のところ、このフェーズに関する詳細な情報はありませんが、トロンのユーザーが期待していることは確かです。

トロンの取引を今すぐ始めるには

トロンプラットフォームとデジタルコインが示す継続的な成功と将来性により、より多くの人々が投資を始めています。幸い、TRXコインの購入は、主要な取引プラットフォームやモバイルアプリでアクセスできるため、これまで以上に簡単になりました。詳細については、TRXの取引を今すぐ始める方法をご覧ください。

仮想通貨取引プラットフォーム

Binance、Kraken、BitPandaなどの主要プラットフォームがTRXをサポートし、ユーザーが自由に取引できるようにしているのは当然のことです。TRXを現在のデジタル資産のリストに追加し、市場でのパフォーマンスをリアルタイムで監視することができます。TRXを取引する方法としては、圧倒的にこれが一般的です。

モバイルウォレット

TRXの購入は、いくつかのモバイルウォレットやアプリのおかげでも可能です。仮想通貨ブローカーは、特に初心者に人気のある選択肢です。一方、トロンも独自の分散型アプリケーションを持っており、携帯電話のアプリストアでダウンロードできます。TXを購入するためのこのオプションは、ユーザーが自分の資金にオンラインで即座にアクセスできるため、人気があります。

コールドストレージ

TRXを長期的な投資に使おうと考えているのであれば、コールドストレージオプションが最良の選択です。TrezorとLedgerは、ハードウェアウォレットの最良かつ最も人気のある形態で、どちらもトロンをサポートしています。TRXを保管するために必要なことは、使用時にデバイスを接続し、終了時にデバイスを取り出すことで、資金を保護することができます。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です