secure your account banner crypto image

BigONE取引所で資産保全などを実現

仮想通貨取引所サイトの市場が飽和状態にあるため、投資家は資産の取引に使用できるサイトを選ぶのに苦労するようになっています。取引所サイトを選ぶ際、各投資家が考慮すべき最も重要なことの1つは、その安全機能です。特に、セキュリティを非常によく行っているプラットフォームがBIGONE取引所です。

しかし、この取引所サイトが優れている点は、セキュリティ以外にもあります。詳しくは、こちらをご覧ください!

BigONE取引所とは?

BigONEは現在、中国とシンガポールに拠点を置く取引所プラットフォームで、現在世界で最も安全な仮想通貨取引所サイトの1つと称されています。2017年に最初に構想されたとき、その創設者はこの点を最優先事項とし、二要素認証の使用やマルチシグネチャコールドウォレットの活用など、例外的なセキュリティ対策を提供することで成功しました。

この取引所サイトはもともと、現在のCEOであるエリック・メルツァー氏によって2017年11月にオランダで設立されました。それは、仮想通貨投資家がビットコイン(BTC)、イーサ(ETH)、リップル(XRP)などを含む資産を互いに売買・取引できるように設計されていました。

現在では、24時間取引量が8億4900万ドルで、業界をリードする取引所の1つとなっています。この取引所の現在の欠点は、現在アメリカからのユーザーを対象にしていないことです。しかし、現在では日本、中国、シンガポールなど、約69カ国で利用することができます。

BigONE取引所の主な製品

世界のさまざまな地域からのユーザーを引きつけるために、BIGONE取引所は、ユーザーの時間と注意を価値あるものにする、たくさんのユニークな製品を提供しています。最も重要なのは、それらがかなり有用であることが証明されていることです。これらは、次のとおりです。

スポット/マージン取引

まず、この取引所では、ユーザーがスポット/マージン取引を行うことができます。この機能は、すべての取引プラットフォームに不可欠であり、BIGONEは、あなたが取引を完了するために必要と思われるすべてのものを示すユーザーフレンドリーなインターフェイスを持つことによって、見事にそれを実行しています。オーダーブックからリミットトリガーなど、各ユーザーが見て使用できるようにきちんと整理されています。

マージン取引では、BIGONE取引所から資金を借り入れ、それを使って取引を行い、市場でより良い取引ポジションを得ることができます。これにより、既存の資金以上のレバレッジをかけることができるため、より高い利益を得ることができます。

フィアット取引

暗号資産を取得する最良の方法の1つは、フィアット取引です。この機能を使用すると、米ドル、中国元、日本円などのフィアットを使用して仮想通貨を直接購入することができます。

永久先物

もう一つ、業界では一般的な取引として、永久先物契約の利用が挙げられます。これは、将来の不特定の時期に、特定の金額の資産を取引することを相手と合意するものです。永久スワップとも呼ばれ、自動的に継続する必要がなく、無期限に保有できることを意味する非選択的なものです。

BigONE取引所の特徴

圧倒的な仮想通貨業界でさらに存在感を示すために、BIGONE取引所は他のサイトとは異なるだけでなく、仮想通貨取引をより便利にするための機能をたくさん提供しています。以下にそれらをチェックしてください。

カスタマーサポート

ウェブサイトにも記載されているように、BIGONEが現在と未来の心臓部と考えているのがカスタマーサポートです。そのため、24時間365日体制のカスタマーサポートチームを設置し、お客様からのお問い合わせに対応しています。

モバイルアプリのサポート

仮想通貨投資家は、外出先で取引を行いたい場合があります。幸いにも、BIGONEのモバイルアプリのサポートにより、ここでそうすることができます。これは、インターネットに接続されている限り、どこに行っても資産の売買や取引を行うことができるので便利です。

さらに、このボーナス機能を持つことで、市場の軌跡を注視することができ、コンピュータの画面ではなく、携帯電話を見ている場合は、より簡単にすることができます。

高度なセキュリティ対策

最も安全な仮想通貨取引所サイトの1つという称号は、どんなサイトでも平等に与えられるものではありません。BigONEは、各ユーザーの資産の安全性を確保できる高度なセキュリティ対策を提供することで、ユーザーの信頼を獲得しています。その内容は以下の通りです。

2ファクタ認証

ユーザーが自分のアカウントを保護するための最も一般的かつ効果的な方法の1つは、2要素認証によるものです。この機能は、ログインする前に、登録された別のデバイスで自分の行動を認証することを要求するため、それを確実にするのに役立ちます。さらに、この追加的なセキュリティレイヤーを持つことで、改ざんを防ぐことができます。

顧客熟知(KYC)

顧客熟知(KYC)ポリシーは、一連の手続きで本人確認を行う必要があるため、人によっては面倒でプライバシー侵害になる可能性があります。しかし、これは取引プラットフォームにとって必要なことで、あなたの口座にアクセスし、さまざまな取引を行っているのがあなた自身であることを確認することができます。こうすることで、他の誰かがあなたのアカウントを使おうとしていることを知り、それを阻止するための適切な手段を講じることができるのです。

複数署名のコールドウォレット

デジタル資産を保管する場合、コールドウォレットとホットウォレットの2つの選択肢が与えられます。コールドウォレットはすべての資産をオフラインで保存し、あらゆるサイバー攻撃から保護するため、ユーザーが最も推奨するのは前者です。これは、同サイトが最近発表した統計でも証明されており、同サイト上の全資産の98%がコールドウォレットに保管されていることが分かっています。

BigONE取引所で取引を開始しよう

取引所サイトに自分の資産を預けることは難しいことですが、BIGONE取引所の高度なセキュリティ対策は、多くのユーザーが確信を持っている理由がわかります。その上、様々な商品や機能を提供し、投資家一人一人の取引体験をより便利なものにしています。

さて、あなたは何を待っているのでしょうか?今すぐBigONE取引所で口座を作り、トレードに挑戦してみませんか?

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。