bitmex banner main

BitMEXを徹底解説

デジタルコインの取引は、暗号化された取引所のおかげで、より簡単でアクセスしやすくなっています。これらのプラットフォームにより、多くの人々が仮想通貨に関わる道が開かれ、デジタルコインは徐々に主流となりました。

Coinbase、Binance、Bitstop、CashAppなどの人気で影響力のあるサイトが仮想通貨市場を席巻していますが、これらが唯一の選択肢なのでしょうか?様々な取引所を比較して、自分のニーズにぴったり合った取引所を見つけ、CryptoshimbunでBitMEXプラットフォームが仮想通貨取引にどのような効果をもたらすか学びましょう。

BitMEXとは

BitMEX(ビットコイン・マーカンタイル・エクスチェンジ)は、コンピュータ・プログラマーのアーサー・ヘイズ、サミュエル・リード、ベン・デロによって2014年に設立されました。

現在、同社は香港で事業を展開しており、セーシェル共和国の1994年国際事業会社法に基づいて設立されました。ヘイズ、リード、デロは現在も会社の一員として、それぞれ最高経営責任者、最高技術責任者、最高戦略責任者を務めています。

BitMEXは、レバレッジド・コントラクトや仮想通貨デリバティブ取引に関するサービスを提供するピアツーピアの取引プラットフォームです。ユーザー間でコインそのものを取引するのではなく、仮想通貨の契約に焦点を当てています。

このサイトは、より高度な仮想通貨トレーダーや、仮想通貨市場の最新動向を知っている愛好家に適しています。BitMEXのプラットフォームは、永久先物契約に重点を置いているため、初心者が理解するのは難しいかもしれません。

永久契約

この取引所で最も人気のあるデリバティブ商品は、共同設立者がこのプラットフォームのために開発した永久契約です。BitMEXのウェブサイトによると、ユーザーが将来の不特定多数の日付でデジタル資産を非選択的に売買する契約を結ぶことができる、永久スワップと呼ばれるこの仮想通貨プロセスを考案しました。

BitMEXの利用方法

BitMEXは、仮想通貨トレーダーが証拠金取引やデリバティブ取引に利用しています。このプラットフォームは、仮想通貨デリバティブ市場に対応するように設計されているため、その主な機能である永久先物契約のシームレスな取引が可能です。

つまり、この契約は、基礎となる実体(この場合は仮想通貨)のパフォーマンスからその価値を得るということです。これらの契約は、ユーザーがレバレッジのために追加の仮想通貨を借りることができる信用取引で売買されます。

プラットフォームの特徴

仮想通貨の取引を行う際、考慮すべき点の1つはユーザーインターフェースです。BitMEXでは、以下のような活動を自動化する高度な注文のように、さまざまな高度な取引ツールを利用できます。W

  • リミットオーダー – 特定の価格に達したときのみ、口座で注文が成立します。
  • マーケットオーダー – 現在の市場価格で取引が実行されます。
  • 逆指値オーダー – 逆指値が発動して初めて注文が成立します。
  • ストップマーケットオーダー – マーケットが特定の価格に達したときのみ、オーダーブックに表示されていなくても注文を出すことができます。
  • トレーリングストップオーダー – 指定されたトレーリング値を満たすと成行注文がトリガーされます。
  • テイクプロフィットオーダー – 特定のテイクプロフィット価格に達したときにのみ注文が成立する。
  • テイクプロフィットマーケットオーダー -テイクプロフィットがマーケットプライスに達した時にのみ注文が成立します。

利用可能な契約

BitMEXでは、ユーザーが取引に利用できる様々な契約を提供しています。

  • 先物契約 – 将来の指定された時期に、あらかじめ決められた価格で通貨を売買することができる伝統的な先物契約です。
  • 永久契約 – 従来の先物契約と同様に、ユーザーはあらかじめ決められた価格で通貨を売買することができますが、取引の有効期限はありません。基準となる価格指数に近い形で取引されます。
  • アップサイドプロフィット契約 – ユーザーは、プラットフォームで紹介されているコントラクトの原資産の潜在的なアップサイドを取引し、参加することができます。
  • ダウンサイドプロフィット契約 – アップサイド・プロフィット・コントラクトのプロセスを踏襲するが、ユーザーはコントラクトの原資産の潜在的なダウンサイドに参加します。

BitMEXでは、永久契約およびアップサイド・ダウンサイドの利益契約については、BTCの取引のみをサポートしています。しかし、カルダノ(ADA)、ビットコインキャッシュ(BCH)、イーサ(ETH)、ライトコイン(LTC)、リップル(XRP)、チェーンリンク(LINK)などのアルトコインの伝統的な先物契約の取引は可能です。

BitMEXの未来

安全性

BitMEXウォレット

システムの入出金取引には、複数の署名者によるシステムが適用されます。これにより、ユーザーはシステム侵害の恐れなく、アルトコインを保管する暗号化されたウォレットを持つことができます。

仮にサーバーがハッキングされたとしても、攻撃者は適切な鍵と認証がなければ、これらのウォレットに簡単にはアクセスできません。

システムセキュリティ

プラットフォーム上のBitMEXの機能にアクセスするには、認証プロセスが必要です。

これには、ハードウェアトークンやお客様のアカウントに関する情報が含まれます。サイトの個々のシステムは、サイトとユーザーの適切な認証がなければ、相互に通信することができません。

トレーディングエンジンの安全性

BitMEXのデータベースは、すべての注文や取引が適切に処理され、ユーザーの承認を得てから実行されるようになっています。そのシステムには、取引が正当なものであるように、各注文の発注、取引、決済、入金、出金をチェックする多層の防御コードがあります。

コミュニケーションの安全性

BitMEXでは、サイト内で行われる自動メールにもセキュリティを適用しています。PGP暗号化を採用しており、メッセージをマルウェアやハッキングから保護します。このセキュリティ機能は、お客様がBitMEXサポートチームから受け取る電子メールにのみ有効です。

取引手数料

BitMEXでは、取引手数料はメーカーとテイカーモデルによって計算され、利用する注文の種類によってサービスのコストが決まります。つまり、取引の計算方法はシステムによって異なります。

従来の先物取引では、テイカーとメーカーのモデルを通じて、小さな補償やリベートを与えることができます。例えば、BTCの取引では、リベートとして0.025%のmaker手数料があり、0.075%のtaker手数料がかかります。これは永久契約でも機能しますが、手数料は取引内容によって異なります。

さらに、システム内でのBTCや他のアルトコインの入出金には、一切の手数料がかかりません。取引に発生するどのような手数料も、選択した仮想通貨が運用されているブロックチェーンに依存します。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です