woo network branner image

WOO Network取引所:深い流動性と手数料ゼロを楽しむ

仮想通貨取引所プラットフォームを探しているとき、保有者やトレーダーが求めるものの1つは、最小限の取引手数料です。同時に、このようなデジタル資産に投資する際に考慮する必要がある、同様に重要な要因は、プロセスを通して資金を失うことなく、どれほど簡単に現金に変換することができるかを決定する流動性です。

両方において競争力のあるサービスを提供する仮想通貨取引所サイトの1つは、WOO Network取引所です。2019年にKronos Researchによって設立された同取引所は、現在、最も成功したサイトの1つであり、毎日平均50~100億ドルの取引量を記録しています。このネットワークについてもっと知りたいと熱望していますか?ここにあなたが知るべきすべてがあります。

WOO Network取引所とは何か?

Woo Networkは分散型と中央集権型の両方の取引所を提供していますが、市場の他のプラットフォームと異なるのは、深い流動性ネットワークの一部であることです。これは、暗号資産を簡単に取引できるだけでなく、利回り生成と同様に可能な限り最高の流動性にさらされることを意味します。一番の特徴は、これらの機能が、手数料がほとんど、あるいは全く無く提供されることです。

Kronos Researchは、このネットワークを作るという発想を、十分な流動性を提供している取引所が少なく、そして、仮に取引所サイトで利用可能であったとしても、チャンスは手の届かないところにあることに気づいたところから得ました。

流動性をユーザーに提供する方法は、様々な取引やヘッジ戦略を通じて行われます。そして、主要なDeFiプラットフォームや中央集権型取引プラットフォームから収集されます。

ユーザーがネットワークに直接接続したい場合は、アプリケーション・プログラミング・インターフェース(API)またはネットワークの中央集権型・分散型取引所であるWOO XまたはWOOFiのいずれかのGUIを使用して、簡単に接続することができます。

WOO Network取引所のさまざまな製品

WOO Network取引所の深い流動性は、これらのような製品で便利になります。

WOO X

WOO Xは、ネットワークの中央集権型取引所プラットフォームで、ユーザーは取引額に関係なく、低い手数料だけで資産を取引することができます。また、Kronos Research社を通じて、ネットワークに流動性を提供しています。

このサイトはフルカスタマイズが可能なので、ユーザーは自分の好みに合わせてインターフェイスをカスタマイズすることができます。初心者の場合、画面上のさまざまな要素に圧倒されやすいので、ウィジェットをカスタマイズする力があると便利です。このようにして、仮想通貨取引をより効率的にするために、自分の好きなようにインターフェイスを設計することができます。

他のウィジェットは、テクニカル分析に役立つチャートツールなど、経験豊富なトレーダーのためにも便利です。

WOOFi

Binanceスマートチェーンの有用性のおかげで、Kronos ResearchはBSCベースのAutomated Market Marker (AMM)であるWOOFiを開発することが出来ました。AMMは、資産の価格を正確に決定するために使用されます。これは、従来のオーダーブックの代わりに価格決定アルゴリズムを使用する分散型取引所で使用されているプロトコルです。

WOOFiは3つの主要な機能を提供します。これらは以下の通りです。

スワッピング

WOOFiの流動性プールの主な用途の1つは、トークンペア間のスワップです。これは、従来の取引プラットフォームのオーダーブックに類似した、取引所のシンセティック・プロアクティブ・マーケット・メイキング・モデルによって行われます。

このモデルは、市場データオラクルと連携し、他の集中型取引所からの価格をチェックし、スキャンします。このようにして、これらの価格を比較し、より正確な取引価格を計算することができます。

収益

パッシブ収入を得る最も良い方法は、ネットワークの流動性プールを利用することです。WOOFiでは、他の分散型取引所から流動性プールのトークンを使用して、イールドファーミングを開始することができます、言い換えれば、すでに存在するコインでより多くの仮想通貨を作ることができます。

ステーキング

ユーザーがネットワーク上でスワップや収益を始める前に、まずトークンをステーキングする必要があります。そうすることで、この2つの活動を行う際に発生する収益に貢献することができるのです。

WOOベンチャーズ

取引所や流動性プールとは別に、WOOネットワーク取引所には投資部門もあり、他のプロジェクトやエコシステムと取り決めを行うことを目的としています。そして、WOOトークンホルダーは、ネットワークによって成功したすべての投資からのリターンの50%を受け取ることになります。

WOOトークンとは何か?

WOO TokenはWOO Networkのユーティリティコインで、DeFiとCeFiのすべてのサービスや製品を統合するものです。また、アバランチ、イーサリアム、ポリゴンなどのブリッジを使用することで複数のブロックチェーンネットワーク上に存在することができます。

このトークンは合計30億個作られ、毎月、トークンバーンによって減少していきます。これは、最大供給量である30億の50%が燃やされるまで続きます。

WOOを保有することで、ユーザーはステーキング割引、取引リベート、そして最も重要な手数料ゼロの取引など、WOO X集中型取引所のさまざまな特典にアクセスできるようになります。これらのWOO Xの利点とは別に、WOOトークンの使用例をいくつか紹介します。

ステーキング

ステーキングは、WOO X分散型取引所において0に近い低い取引手数料を付与できるため、ネットワーク自体で大きな役割を果たします。さらに、WOOトークンをいくつか持っている場合、ネットワーク上でそれらをステークすることで、手数料をさらに削減し、取引限度額を増やすことができます。

貸出

WOOトークンに余裕がある場合、仮想通貨ローンで貸し出す際に担保として使用することができます。この方法では、トークンを取り戻すだけでなく、利息を得ることもできます。

ガバナンス

WOOトークンの最も重要な用途の1つは、オンチェーンガバナンスにあります。ウォレットにWOOトークンを1,800個以上保有している人は、ユーザーがネットワークの変更を提案できるシステムである分散型ガバナンスに参加することができます。

WOO Network取引所を使うべきなのか?

信頼できる取引所プラットフォームを探しているものの、異なる取引手数料を負担に感じているのであれば、WOO Network 取引所をチェックすることをお勧めします。手数料ゼロはもちろんのこと、ユーザーに流動性を提供し、プラットフォーム内で取引することで利益を生み出す手助けをします。さらに、このプラットフォームのユーティリティトークンであるWOOは、ガバナンス、貸出、ステーキングに使用されるなど、様々なユースケースを提供し、そのすべてがユーザーにとって有益なものとなっています。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。