decentralized finance apps banner imagfe

分散型金融アプリを知

分散型の金融アプリによって、オンライン取引がより簡単で便利になりました。これらは、中間業者を介さずに、可能な限り迅速な方法で商品を売買できる画期的なアプリケーションです。Cryptoshimbunをブラウズして、この人気のあるイノベーションのさまざまな複雑さに飛び込んでください。

分散型金融の簡単な背景

分散型金融(DeFi)とは、さまざまな金融商品を公開された分散型ブロックチェーンネットワーク上で利用できるようにするシステムです。これにより、誰もが中間業者を介さずにこれらの当該商品を利用することができます。つまり、買い手と売り手が、誰にも邪魔されずに、お互いに直接取引できるようになるのです。

DeFiの始まりは、Vitalik Buterin氏が作成したイーサリアムブロックチェーンによって世界に紹介されました。イーサリアムプロジェクトのホワイトペーパーは2013年に発表されていましたが、正式にデビューしたのは2015年のことでした。スマートコントラクトと分散型金融アプリケーション(dApps)を使用したイーサリアムブロックチェーンが発表されたのです。

分散型金融アプリと中央集権型金融アプリの比較

分散型金融アプリケーション(dApps)は、ブロックチェーンやP2P(ピアツーピア)ネットワーク上で機能するデジタルプラットフォームです。分散型であるため、単一の企業や金融機関の支配を受けないことを意味します。このコンセプトは、皆さんがよく知っている中央集権的なアプリとは、最も基本的な意味で正反対のものです。以下にその詳細をご紹介します。

両者の主な違いは?

ここでは、分散型アプリケーションと集中型アプリケーションの4つの主要な違いについて説明します。

  • 所有権

分散型アプリケーションと集中型アプリケーションを見分ける最も簡単な方法は、その所有権です。中央集権型のアプリケーションはすべて1つの会社によって管理されていますが、分散型のアプリケーションはその逆です。DAppsは、中央機関によって管理されておらず、代わりにコンピュータのネットワークによって監督されています。

  • ネットワーク 

中央集権型のアプリケーションソフトウェアは、通常、1つの企業が管理する1つまたは複数のサーバーで動作します。エンドユーザーがこれを利用するには、まずアプリをダウンロードする必要があります。その後、企業のサーバーが特定のウェブサーバーを介して情報の送受信を促進する。

一方、dAppsは、パブリック・ブロックチェーンや、異なるユーザーが扱うさまざまなコンピュータの文字列で動作します。これにより、誰かに動きを制限されることなく、自分の行動をコントロールすることができます。また、スマートコントラクトと呼ばれるプログラムのソースコードをダウンロードして作成するために仮想通貨を利用します。

  • ミドルマン

中央集権型のアプリと分散型の金融アプリの大きな違いは、ミドルマンの使用です。前者は取引を完了するために第三者が必要ですが、後者にはその必要がありません。その代わり、両者は直接連絡を取り合います。

  • 個人情報の利用

すべてではありませんが、ほとんどの中央集権型アプリケーションは、すべてのユーザーがすべての取引で個人情報を記入することを要求します。個人情報保護のルールは厳守されていますが、サーバーに問題が発生した場合には、データ漏洩の可能性があります。

dAppsでは、スマートコントラクトを使用して個人情報を開示せずに取引を終了するため、データが盗まれることはありませんので安心です。

中央集権型と分散型金融アプリの例

中央集権型と分散型のファイナンスアプリの代表的な例をご紹介します。

中央集権型

  • Twitter – 特定の問題に対する意見をつぶやくことができるソーシャルネットワーキングサイト。
  • Facebook – ステータスの投稿、友人との写真や動画の共有などが可能なデジタルプラットフォーム。
  • Instagram – 自分のフィードでさまざまな写真やビデオを閲覧できるソーシャルメディアの一種。
  • Netflix – 世界中の映画や様々なテレビ番組を見ることができる大規模なストリーミングプラットフォーム。

DApps

  • Peepeth – Twitterに似ているが、投稿に制限のないソーシャルネットワーク。
  • Cryptokitties – 仮想の猫を売買することができるアプリケーション。
  • MakerDAO – 仲介者を必要としないローンを促進することができる。
  • BitTorrent – 動画ファイルのアップロードとダウンロードができるアプリ。

分散型金融アプリの特徴

ここでは、分散型金融アプリの主な特徴をご紹介します。

  • 分散型である

その名の通り、すべてのdAppsは分散型であり、単一の権威によって管理されていないことを意味します。パブリック・ブロックチェーン上で実行されるため、取引の完了や変更には複数のノードの承認が必要となります。

  • インセンティブがある

ブロックチェーンにおける取引の検証に積極的に参加したすべてのノードに、仮想通貨の形でインセンティブが与えられます。これらのデジタルコインは、必要に応じて後に実際のお金と交換することができます。

  • オープンソースのネットワークである

dAppsはオープンソースのプラットフォームであるため、ユーザーはネットワークにどんな変更も加えることができます。ただし、これは他のノードとのコンセンサスが得られた場合に限ります。

  • 不変的である

dAppsに格納されている情報は、ブロックチェーン上で変更される可能性がほとんどないことを意味する不変的なものです。これは、システム内の暗号ハッシュにより、取引に関するすべての情報が改ざんされないことを保証しています。つまり、自分のデータが改ざんされたり、簡単にハッキングされたりしないという安心感が得られるのです。

dAppsのさまざまな機能

以下のような大きな産業でのdAppsの様々な使われ方を解明します。

金融

画期的な技術として知られているdAppは、金融とデジタルの領域のギャップを埋めるものです。これにより、分散型のお金の貸し借りや契約の即時決済など、従来の銀行業務を必要としない金融サービスを誰もが利用できるようになります。その結果、長期的にはより多くの時間とお金を節約することができます。

ゲーム

分散型アプリケーションを通じて、人々はゲームを通じて暗号トークンを入手し、実際のお金を稼ぐことができるようになりました。その良い例が、仮想の猫を売買できる人気のdAppゲーム「Cryptokitties」です。目的は、希少なクリプトキティを繁殖させ、取引の場で市場性を発揮させることです。あなたのネコちゃんが売りに出されると、6桁もの高額な報酬を得ることができます。

ソーシャルメディア

ほとんどの人は気づいていませんが、現在、Hive BlogやPeepethなどの一般的なソーシャルネットワーキングプラットフォームの優れた代替となる様々な分散型アプリケーションがあります。 

例えば、Peepethは、分散型領域におけるTwitterの対抗馬として知られています。これは、誰にも投稿や個人情報を管理されることなく、あらゆる種類の情報を共有するための素晴らしいプラットフォームとして機能します。

今すぐdAppsを試してみましょう!

様々な分散型金融アプリについて学ぶことは、仮想通貨の分野に関する知識を高めるのに良い方法です。仮想通貨は現在も繁栄を続けているため、それについて詳しく読むことで、手間のかからない体験を提供する最新の技術を常に把握することができます。さらに、dAppsを試すことは、自分のデータをコントロールし、個人的に取引を処理することができるので、より簡単な方法です。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。