elastic token banner image main

エラスティックサプライトークンの仕組みを理解する

ブロックチェーン技術の出現は、分散型金融がその可能性を最大限に発揮するための道を開きました。様々なDeFiソリューションが利用可能になったことで、ユーザーは自分の資産をどのように管理するかをコントロールする手段が増えました。DeFiの分野で人気を集めているコンセプトの1つが、エラスティックトークンです。

このトークンがどのように機能し、何をするのか、より深く理解することに興味はありませんか?Cryptoshimbunを読み進めてください!

エラスティックサプライトークン (EST)とは何か? 

エラスティックサプライトークンとは、それが表す資産の価値に正比例して供給が変化するものです。供給調整は、これらのトークンの価値を安定させるために行われます。価格の安定性に依存するため、エラスティックサプライトークンはしばしばステーブルコインに例えられます。

ステーブルコインは、ペッグされているトークンや商品の為替レートが固定されている状態で運用されています。一方、エラスティックサプライトークンは、リベースと呼ばれる方法によって特定の価格を達成することを目的としています。 

リベースとは? 

要するに、リベースとは、資産を「燃やす」ことによって、あるいは「鋳造する」ことによって流通する供給量を調整し、その価格をコントロールする方法です。トークンによって、リベースの仕組みは変わることがあります。これにより、価格が下落したり急上昇したりしても、ウォレットに保管されているトークンには影響がないため、ユーザーは自分の資産の価値を維持することができます。

ステーブルコインと比較すると、リベーストークンは供給が弾力的で、ユーザーのウォレットにあるトークンの価値に影響を与えることなく、需要と供給の変化に応じて流通するトークンの総数が変動することを意味します。

異なるリベースプロセスの詳細と、それらがあなたの投資にどのように影響するかについては、以下の説明を確認してください。

  1. 対称型 – 標準リベースとしても知られ、この種のリベースは、価格調整が行われる際にウォレットに保存されているデジタル資産が等しく変更されることを意味します。 
  2. 非対称型 – 非対称リベースは、トークンの価値を安定させたい場合に、トークンを自由に追加したり、流通から削除したりすることができる手順です。正のリベースが発生した場合、このオプションを選ぶとリベースリターンで利益を得る可能性があることに留意してください。正のリベースは、投資している資産に継続的な成長があることを意味します。

人気のエラスティックトークン

エラスティックトークンは市場にいくつかありますが、どれが一番自分に合っているかを選ぶのはかなり難しく、混乱することがあります。どのトークンを選ぶか迷うかもしれませんが、知名度が高く、パフォーマンスが良いものを選ぶと安心感があります。以下に、人気のエラスティックトークンをいくつかご紹介します。

  1. Redacted Cartel ($BTFL)

Redacted Decentralised organisation Cartelは、他のDeFi DAOにメタガバナンスサービスを与えるために、最も一般的な流動性管理プロトコルの多くにわたるガバナンストークンと投票権に焦点を合わせています。BTRFLYトークンはネイティブガバナンストークンとして、またプロトコルの投票エスクロートークンのインデックスとして活用されています。

  1. Wonderland ($TIME) 

Daniele Sesta氏、およびDeFiメンバーの匿名チームによって開発されたTIMEは、2021年の9月にローンチされました。分散型自律組織(DAO)アーキテクチャの使用により、トークン保有者はプロトコルの将来の進化について意思決定することができます。

TIMEは分散型準備貨幣システムであり、このトークンはいくつかの資産の宝庫によって支えられているため、その価値は安定したままです。ステーキングとミンティング以外にも、TIMEの他の側面が市場の経済的、ゲーム理論的な活力に貢献しています。AVAXネイティブな通貨システムが開発され、この目的を達成するために複数のブロックチェーンにまたがる橋渡しをする予定です。 

  1. Klima ($DAO)

Klima DAOは、炭素排出権市場を破壊するための分散型自律組織です。炭素資産の価格を上昇させることがKlima DAOの目的であり、企業に二酸化炭素排出量を削減するインセンティブを与えます。

OHMが開発したボンディング・メカニズムは、イーサリアムブロックチェーン上で炭素クレジットのトークン化形態であるベース・カーボン・トン(BCT)の追加発行を促すために使用されています。これにより、KLIMA財団の代理としてBCTを購入する場合、プロジェクトの銀行口座にできるだけ多くのBCTを備蓄することができるようになります。

  1. Ampleforth ($AMPL)

Ampleforthはイーサリアムブロックチェーン上で動作するエラスティックトークンであり、アカウント所有の単位ごとに1ドルに等しい価値を持つ暗号資産を保持するよう、ユーザーのネットワークを奨励するために設計されています。

価格の安定性に関して言えば、Ampleforthは独自の方法を取っているため、他のステーブルコインとは異なります。預金に依存したり、債券を発行して償還したりするのではなく、リベースによるAMPLの供給を採用しています。

AMPLトークンに強い需要があり、各AMPLトークンの価値が1ドル以上であれば、AMPLトークンの供給は増加します。需要が不足している場合は、供給が減少します。

  1. Olimpus ($OHM)

Olimpusは、Olympus DAOによって担保され、裏付けされた分散型ストレージの仕組みです。OHMトークンを基盤に構築されています。他の仮想通貨とは異なり、OHMトークンの価値は、Olimpusエコシステムの中でそれを支える担保がないために変化せず、それがOHMトークンの特徴となっています。

Olimpusは分散型で検閲に強い準備貨幣ですが、Web3全体で広く受け入れられており、流動性も非常に高く、資産に裏打ちされたものであることは重要なポイントです。

エラスティックサプライトークンに投資すべきか?

他のタイプの仮想通貨と同様に、仮想通貨市場の揮発性の性質のため、エラスティックトークンへの投資にはリスクがあります。

これらのトークンは、あなたの資産の価格を維持することになると、より安定性を提供しますが、それはあなたの投資で即座にリターンを保証するものではありません。デジタル資産に関しては、直線的な動きがないため、常に慎重に行動してください。 

しかし、十分な情報に基づいた意思決定を行うために、重要な概念に関する知識と理解をさらに深めるための研究を行うことで、常に準備をすることができます。その上で、Cryptoshimbunは、ユーザーがほとんどの仮想通貨がどのように動作するかの十分な知識を持ち、彼らの仮想通貨の旅を開始することができるよう多数の記事を提供しています。 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。