get started with trading crypto banner image

仮想通貨取引の始め方

金融の世界で仮想通貨が勢いを増しています。Binance、Gemini、Coinbase、Robinhoodなど多くの取引所が、デジタル資産の投資や取引に足を踏み入れるための使いやすいプラットフォームを提供しているため、仮想通貨業界の存在感は拡大しているのです。

技術に精通していなくても、選択した暗号資産で取引体験を始めることができます。ビットコイン(BTC)、イーサ(ETH)、カルダノ(ADA)、リップル(XRP)に興味があっても、あなたの取引ニーズに応える取引所を見つけることができます。

しかし、初めて仮想通貨を扱うときに暗中模索することがないように、異なる取引注文の種類を理解する必要があります。Cryptoshimbunをブラウズして、これらの取引注文タイプについてもっと学びましょう!あなたの参考のために簡単に説明します。

取引注文の種類を解説:どのように機能するのか?

仮想通貨市場は非中央集権的です。つまり、中央機関が資産の動向をコントロールすることはできず、取引は世界中に散らばるコンピュータのネットワークで動く台帳上で行われます。

変動は激しいですが、多くの投資家はこれを利用し、仮想通貨取引所でデジタル資産を取引することで、トレンドから利益を得ることができます。始めるために知っておくべき主な注文の種類は、以下の3つです。

成行注文

成行注文の仕組みを理解するためには、オーダーブックについて知る必要があります。この記録には、取引所で取引可能なすべての未決済注文のリストが含まれているため、投資家は特定の価格で資産を購入または売却することが可能になります。

成行注文は、オーダーブックで利用可能な取引ペアが何であるかに応じて行うことができます。このタイプの注文を出す場合、売買したい資産の数を指定するだけでよいのです。価格は、その資産がオーダーブック上でどのように動作するかによって決定されます。

成行注文は、希望の取引所で直接申し込むだけなので、簡単です。この取引は、お客様の利益を最大化するために、利用可能な最善のレートで資産を売買し続けることになります。 

指値注文

成行注文が売買する資産の数によって決まるのであれば、指値注文は特定の価格で資産を取引するために行うものです。これは、投資家がデジタルコインの取引に伴う価格リスクを制限するために活用されます。

指値注文は、売買しようとする仮想通貨が上限価格に達すると執行されます。例えば、現在48,986米ドルで評価されているBTCを購入したい場合、指値注文を特定の金額に設定し、価格要件が満たされたら同じ価値で購入されるようにする必要があります。   

ストップロス指値注文 

市場に未決済のポジションを持つことは、資産に損失を与えるリスクを負うことになります。逆指値注文を設定することで、このようなリスクを排除することができます。

これは、取引したいデジタル資産に、逆指値と指値の両方を設定することで機能します。逆指値は指値注文を行うタイミングを示し、指値は注文が実行されるタイミングを決定します。

つまり、注文は指定された制限価格で特定の時刻に行われます。また、逆指値注文は、指定した金額に達するまで資産を売却し続けることになります。これは、注文帳簿に他のポジションを開いたり追加したりすることができない、縮小専用の注文です。 

ストップロス成行注文

逆指値注文と同様に、取引中の未決済ポジションの損失を制限することができます。ただし、逆指値注文は取引を停止し、最後の取引価格、マークまたはインデックス価格に依存する注文を開きます。 

利食い成行注文 

この注文タイプでは、特定の目標利益価格を設定して、注文帳簿上のオープンポジションを決済することができます。つまり、この注文は、お客様が利益を得るための価格に到達すると成行注文をトリガーします。また、需要がある場合は、将来のポジションを最良の利用可能な価格で決済します。 

利食い指値注文

このタイプの指値注文は、未決済のポジションを決済する際に、目標とする利益を得ることができるようにするものです。この注文は、注文帳簿に掲載されるトリガー価格と、注文が成立する最低価格を示す指値を設定することで機能します。 

ブラケット注文

仮想通貨取引で完全に利益を得るには、ポジションを最大化するために異なる同時注文を行う必要があります。そこで便利なのがブラケット注文で、同時に3つの注文を出すことができる取引ツールです。

ただし、このタイプの取引は、次のような3つの注文を満たす必要があります。

  • 長期または短期のポジションを建てるための注文
  • 利益確定と損切りのトリガー注文を2つ

知っておきたい様々な取引スタイル

上記で説明した取引注文の種類に加え、仮想通貨投資に役立つ様々な取引スタイルを学ぶ必要があります。これらのスタイルは、あなたの目標に応じて、あなたに異なるレバレッジを提供します。 

信用取引

仮想通貨取引市場は、従来の証券取引所の取引システムに類似しています。しかし、暗号資産は非常に不安定であるため、傾向が異なります。デジタル資産の価格は、ほんの数分で上昇または急落することがあります。

クジラ(自分の口座で大量の資産を保有するトレーダー)は、仮想通貨の変動に影響を与えることができます。なぜなら、彼らの取引活動では、膨大な量の資産が市場に出入りするため、特定のトークン価格が上昇または下落するからです。

信用取引は、投資家が注文を実行するために取引所から資金を借りる取引形態です。これにより、トレーダーは暗号資産のボラティリティから利益を得ることができます。Binance、Kraken、ByBit、Huobiなど、このタイプの取引を提供する取引所もあります。

スキャルピング

スキャルピングは、資産を買ってからすぐに売るような取引の一種です。保有するトークンのボラティリティによっては、マーケットでのすべての活動がわずか数分で終了することさえあります。

この取引スタイルが実現するのは、迅速かつ確実な利益です。資産の売買で得られる一定の小さな利益は、注文に十分に集中していれば、すぐに積み重なることができます。 

デイトレード

デイトレードは、スキャルピングのリラックス版です。数分以内にポジションを取引する代わりに、1日分の注文を計画します。いつ取引が実行され、いくらで売れるかをコントロールできるため、逆指値注文が重宝されます。 

スイングトレード

短期売買ではありますが、スイングトレードは具体的なターゲットが必要です。数分後の市場の変化だけでなく、長期的にその資産がどのように推移していくかを見て、売買を判断するのです。

このため、投資家として根拠があり、ある資産の価格の下落や変化がどのように作用するかを理解するのに役立ちます。 

投資

仮想通貨で収入を得るための実証済みの方法の1つは、長期保有に投資することです。これは、時間の経過とともに価値が上昇することを期待して資産をHODLすることを意味します。これによってすぐに利益を得ることはできませんが、資産を通貨として使用したり、金のようにただHODLしたりする柔軟性が得られます。 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。