sand crypto banner image

失われたビットコインとは?

ビットコインは物理的な表現を持っていませんが、それでも不換紙幣と同じように紛失する可能性があります。しかし、デジタルで保管されているのであれば、どうしてそんなことが可能なのでしょうか?また、紛失したビットコインは復元できるのでしょうか?これらの疑問と、それについて知っておく必要があるすべてを含むCryptoshimbunを読み続けることで知ることができます。下記よりご覧ください。

失われたビットコインとは何か?

失われたビットコインとは、使用されていない、または使用されていないコインのことです。しかし、仮想通貨のデジタルな性質上、これらはブロックチェーンに残っているため、実際には「失われた」わけではありません。ただ、もう流通しなくなっただけなのです。コインが失われたとみなされる主な理由の1つは、そのコインに関連する秘密鍵が失われたりハッキングされたりした場合です。秘密鍵がなければ、保管されている資金は使えなくなります。

ビットコインの紛失は、システムの欠陥や誤った取引によって起こるのではなく、主に個人によって引き起こされます。ブロックチェーンは改ざんができず、すべての取引が永続的に行われるため、間違いが起こりにくいからです。

言い換えれば、「動かないコイン」とも言えます。動かせないコインの保有者として有名なのが、サトシ・ナカモト氏です。彼はビットコインを作成以来ずっと動かさないままにしており、彼の秘密鍵がどこに、そして今も存在するかは誰も知りません。しかし彼は、動かないコインは流通量を減らし、既存のコインの価値を高めるため、市場にとって有益であると主張しています。

ビットコインはどのように失われるのか?

前述したように、ビットコインは、個人による自発的な損失と非自発的な損失の両方があります。サトシ・ナカモトのように、ビットコインを保有し、流通させないことは、ビットコインを自発的に失う例です。一方、非自発的とは、個人が秘密鍵を失い、資金にアクセスできなくなることです。

紛失したビットコインは取り戻せますか?

イエスでもありノーでもあります。コインの保管方法によって、復元できる場合とできない場合があります。

高額な料金で仮想通貨の復元を提供するさまざまな会社がありますが、そのうちの1社がCrypto Asset Recoveryです。ビットコインの保管庫のセキュリティにもかかわらず、2017年以来、失われたビットコインを回収しています。「失われたコインの約20%のうち、約2.5%はまだ回収できると推測しています」と、Crypto Asset Recoveryの創設者であるクリス・ブルックス氏は言います。

彼らの回収プロセスは、顧客が使用した可能性のあるパスワードのリストを聞くことから始まります。生年月日や記念日、電話番号など、大まかな内容を聞き出してから、口座開設のためのプログラムにかけるのだといいます。

ブルックス氏は彼らの方法について、「パスワードのバリエーションを得るまでに数千万から数千億を実行するかもしれないし、それ以上の計算資源を投入する価値はないと判断する」とコメントしています。

この検索プロセスは、コインが大きなシステムの中に保管されていた場合、成功する可能性があります。しかし、フラッシュメモリや外付けドライブのような自己ストレージに保管されている場合、コインや秘密鍵が紛失、破損、破壊されると、コインの回収が不可能になる可能性があります。 

ビットコインはどのくらい失われているのでしょうか?

現在の報道では、40億枚以上のビットコインが紛失しているとされています。これらのほとんどは、鍵の紛失により開けることができないプライベートな電子ウォレットや自己倉庫に保管されています。このケースは、紛失したビットコインの20%以上をカバーしています。 

ビットコインを紛失する一般的な理由

ビットコインを紛失する理由はさまざまですが、なかには頻繁に行われるものもあります。ここでは、ビットコインが失われる理由の上位を紹介します。

シードフレーズの紛失

ほとんどの投資家は、このことを当然のことと思っているかもしれませんが、シードフレーズは秘密鍵と同様に重要であるため、安全に保管する必要があるものです。秘密鍵を紛失した場合、ロックされたウォレットにアクセスするためのバックアップとして使用されます。

ビットコインのシードとも呼ばれ、ウォレットが生成する12から24の単語で構成され、資金にアクセスするためのものです。これらの単語は、スプーン、泡、ドア、オウムなど、何でもかまいません。常にこの物理的なコピーを隠しておいてください。デバイスにシードフレーズを保存しておくと、ハッキングされる可能性があるため、避けてください。

仮想通貨の問題を自分で処理する

もう一つの主な理由は、個人が仮想通貨の問題を自分で処理することを選択した場合です。これは「自己破壊」とも呼ばれ、自分があまり知らない、あるいは何も知らない問題を自分で処理しようとするため、事態を悪化させる可能性があります。例えば、フラッシュドライブや外付けドライブ、ノートパソコンに問題が発生した場合、問題を解決するために再フォーマットすることがあります。

技術的な問題に直面したときは、専門家に相談し、デバイスに触れたり、大幅な変更を加えたりしないようにするのがよいでしょう。仮想通貨は慎重に扱うことが重要です。仮想通貨の問題に直面したら、専門家にチェックしてもらいましょう。

仮想通貨を十分に理解していない

最後になりましたが、仮想通貨の仕組みを完全に理解していないことです。仮想通貨は新しいものであり、まだ受容の段階であるため、ほとんどの人が暗号に関するすべてを完全に把握することができないのは大いに理解できることです。しかし、多くの投資家が知る必要があるのは、暗号が従来の資産とは異なるということです。

債券や株式などの伝統的な資産への投資は、通常、証券会社で扱われるため、投資家にとっては容易です。しかし、一方、仮想通貨は、ほとんどが電子財布を通じて投資家が直接取り扱うため、失われた資金を回収することが難しくなります。

伝統的な資産の場合、企業は失った資産を回収するために自社のシステムを調べるだけでよいのです。彼らは、パスワードをリセットして新しいパスワードを作成することを提案することもできます。しかし、仮想通貨の場合、秘密鍵を紛失した際のバックアップはシードフレーズのみです。これを失うと、ロックされた資金にアクセスすることは不可能ではないにしても、非常に難しくなります。

この問題を解決するには、カストディアルウォレットにサインアップするのがよいでしょう。これらは取引会社によって管理されており、秘密鍵やシードフレーズを紛失した場合、ウォレットへのアクセスをサポートしてくれます。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。