argentina largest bank banner image

アルゼンチン最大の民間銀行が仮想通貨取引機能を開始

アルゼンチン最大の時価総額を誇るプライベートバンクBanco Galiciaは、デジタルバンクBrubank SAUとともに、2022年5月9日から、両行の顧客が投資プラットフォームでBTC、USDC、ETH、XRPを購入できるようになると発表しました。Banco Galiciaは、この最近の動きは、60%のアンケート回答者がデジタル資産へのアクセスを容易にすることを要求した、高い顧客需要に促されていると報告されています。

「このことが、このプロジェクトを推し進める動機となりました。若者はこれを最も要求するグループです」と、Banco Galiciaの投資商品マネージャーAriel Sanchez氏とシニアプロダクトマネージャーNicolas de Giovanni氏は声明で述べています。

アルゼンチンの暗号ウォレットLiriumとの提携により、両銀行の顧客は、顧客が債券や株式を購入するのと同じプラットフォームで仮想通貨を購入できるようになる予定です。ただし、Banco Galiciaの当初の計画では、銀行口座への直接入金で給与を受け取る利用者のみを優先するとしています。

同国は、世界で6番目に高い暗号導入率を保持していると考えられています。ドイツの統計会社の統計によると、アルゼンチン人口の約21%が昨年から仮想通貨を所有しています。

規制対象の銀行が開始したこうした暗号の提供により、アルゼンチンの顧客は、同国で50%を超える通貨危機とインフレ危機を先取りすることができます。ブエノスアイレスの広告会社、Wunderman Thompsonが発表した調査によると、アルゼンチン人の3分の2は、仮想通貨投資が購買力の低下から貯蓄を保護すると考えていることが明らかになりました。

推進派によると、ビットコインのようなデジタル資産は、その分散性と希少性から、理想的なインフレヘッジになるといいます。

しかし、これは同国初の仮想通貨導入へのアプローチではありません。先月には、アルゼンチンのソラディーノ町がインフレ対策としてマイニングリグを購入し、採掘を開始したばかりです。ブエノスアイレス市のオラシオ・ロドリゲス・ラレータ市長も、ブロックチェーンベースのデジタルID(DID)プラットフォームを市民のために立ち上げ、公的金融サービス内で暗号決済の受け入れを開始すると発表しました。

「幾何学的な進行で広がっていく情報の流れは、すべてブロックチェーン技術で保護されることになります。我々はその技術導入のパイオニアになるつもりで、ユーザーは自分のデータを自分でコントロールできるようになる」とラレタ氏は述べています。

仮想通貨の最新情報やニュースについては、引き続きCryptoshimbunでお読みください!

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。