bank ruussia plans banner news

ロシア中央銀行は2021年に「デジタルルーブル」の発売計画を示唆

ロシアの副会長Alexey Zbotkin氏は、ロシア連邦中央銀行は、今年後半にルーブルでサポートされたデジタル通貨のプロトタイプを発行するという計画を公開した。

モスクワに本拠を置く私立大学であるロシア経済学校が主催するオンラインイベントにおいて、Zbotkin氏は、一般民衆がこのプロトタイプを試すことができるが、現時点では実際の金銭取引に使えないと説明した。

「そのプロトタイプと追加の開発に基づいて結果を評価したら、広く採用できるだろう」とも述べていた。

国の金融業界のユーザーの間で中央銀行デジタル通貨(CBDC)プロジェクトによって引き起こされた論争がこの前にあっても、ロシア銀行はこの理念を実施すると計画している。

「私たちは以前に発表した計画を続いて実行する。とはいえ、デジタルルーブルに関する事項はまだ開発・公開され、市場関与者と相談している。さらに、銀行がメディアアウトレットCoinDeskに送信される電子メールによると、「このデジタルルーブルを正式に発売するかどうかの決定は、今年受け取る試験結果に依存する」。

昨年10月、ロシア中央銀行がルーブルでサポートされたCBDCの可能な設計について議論する分析報告を発行した時、このプロジェクトは公開された。この報告により、高官は、政府支出をより効果的に追跡し、インターネットの利用が制限されている地域でデジタル決済オプションを提供する機能の開発など、いくつかの提案を提出した。

「この発表の後、83%近くの人々がデジタルルーブルの発売を支持した」と銀行は電子メールで声明した。

デジタルルーブルの次の計画は?

ロシア銀行協会(ARB)はまた、ロシア銀行が提案したルーブルでサポートされたCBDCの設計は、詐欺やサイバーセキュリティのリスクの影響を受けやすいという懸念を表明した。

ちょうど2月、副議長のOlga Sorobogatova氏がこれらの懸念に対する措置を討論した。「銀行がデジタルルーブルの概念を更新し、より親しみやすいモデルを開発する」と彼女は述べた。

その間、ロシアは最近、仮想通貨を財産として認識し、商品やサービスを合法的な支払い方法として受け入れるなど、いくつかの暗号法に対する対策を講じた。

CryptoShimbunで最新の仮想通貨のニュースと更新を知ってください。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です