bitcoin price up 58k

BTCは58000ドルを超える史上最高値を更新

ビットコインは2か月の回復を延長し、2月21日日曜日に過去最高の58,000ドルに達した。この時点では、最高の仮想通貨の時価総額は1兆ドル。

今年の初め、ビットコインの価格は約34,000ドルで、ほぼ76%上昇した。この仮想通貨は、過去1週間だけで過去最高値を更新し、現在の58,000米ドルを突破した。

ビットコインの驚異的な上昇は、テスラ、ビザ、マスターカード、ペイパル、BNYメロンなどの大手企業がデジタル資産を決済システムに組み込んでいることと関係がある。2月初旬、テスラのCEOであるイーロン マスク氏は、15億米ドル相当のBTCを投資したと発表した。

ビットコインは長い間に、JPモルガンチェースアンドカンパニーが今年の初めに主張した40,000米ドルの変曲点を超えた。この種のデジタル資産は、2021年1月の第2週以降、その勢いに沿って上昇し続けた。

ところが、JPモルガンのアナリストはビットコインの価格上昇についてまた悲観的な感情を示している最近ロイターに送られたメモで、アナリストは、デジタル資産は依然として不安定な長期投資であると主張していた。

「暗号資産はまた、株式の主要なドローダウンの最も下手なヘッジであり、生産コストをはるかに超える価格に対して懐疑的な立場を持ち、暗号資産の所有権が主流化するにつれて、循環資産との相関が高まっている」とJPモルガンはロイターに送信したメモで書いた。

2月15日、JPモルガンは、ビットコインが146,000ドルを突破することは長期的なものであるという当初の声明をサポートするための報告を発表した。なお、まだ根本的な成長に耐える能力がある。

ニューヨークに本拠を置くこの金融会社が発表した報告では、ビットコインの価格上昇の重要な要因は、「小売のインパルス」であるかもしれないと述べた。同社によると、デジタル資産は、最近の価格水準を維持できるように、まず変動性を下げることが必要。

年末までにビットコインが10万ドルも突破

投資会社スカイブリッジ・キャピタルの創設者であるAnthony Scaramucci氏は、投資家はビットコインが10万ドルに上昇すると期待できると主張した。

彼はまたCNBCとのインタビューの中で、デジタル資産の猛烈な需要と限定の供給量が2021年末までにビットコインの価格を2倍にする可能性があると指摘した。この主張にもかかわらず、Scaramucci氏は投資家にこの傾向に注意を払うように警告している。

「事態は変化し続けるため、個人投資家は注意を払うべき」とScaramucci氏はインタビューで説明していた。

ビットコインは2017年に同様の価格急騰が見られ、史上最高の2万ドルを突破し、翌年には80%下落した。しかし、この種のデジタル資産が直面している現在の回復は、Tesla、Visa Mastercard、Paypalなどの大手企業からの注目を集めた。

Cryptoshimbunで最新の仮想通貨のニュースを知る。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です