bitcoin plummets china en

中国の仮想通貨取り締まりにより、ビットコインが急落

去る5月19日、中国が仮想通貨の禁止を改めて表明したことで、ビットコインの価格は24時間以内に14%下落しました。この代表的なデジタル資産は30,202米ドルまで急落し、2021年1月に始まった強気動向以来の最安値を記録しました。

中国全国インターネット金融協会、中国銀行協会、および中国決済清算協会は5月18日、仮想通貨の統一的な取り締まりを発表し、金融機関が取引でデジタルコインを受け入れることを禁止しました。

中国の発表を受けて、ビットコインのほか、イーサリアムやドージコインなどの他のデジタル通貨もそれぞれ27%と29%の急落を見せました。

これら団体は「最近、仮想通貨の価格が高騰したり急落したり、仮想通貨の投機的取引が反発したりして、人々の財産の安全を著しく侵害し、正常な経済・金融秩序を混乱させている」と共同声明で述べています。

ビットコインの価格は、報道された時点で39,449米ドルまで回復しましたが、中国の仮想通貨禁止による損失はまだ回復していません。

中国政府による仮想通貨禁止令は、2017年の暗号禁止令で定められたガイドラインに沿ったものです。しかし、これらのデジタルトークンには実際のサポート価値がなく、仮想通貨市場は操作が容易であることを理由に、仮想通貨サービスを禁止する範囲を拡大しています。

また、中国の銀行は、仮想通貨取引に関わる金銭取引の監視を強化し、そのような活動を特定するために政府と連携するよう求められました。

これら3つの中国の機関は、投機的な仮想通貨取引に対して投資家に警告しましたが、個人消費者間のデジタル通貨取引の禁止については、まだ行動を起こしていません。

ビットコインの継続的な下落

中国の仮想通貨禁止の1週間前の5月13日、テスラ社が自社製品の購入に仮想通貨の受付を停止したため、ビットコインは50,000米ドルの価格上限から4.5%下落しました。同社は、この決定はビットコインの環境への危険な影響を理由としています。

テスラのCEOであるイーロン・マスク氏が最近投稿したツイートでは、ビットコインのマイニングやブロックチェーン取引の電力供給のために、化石燃料、特に石炭の排出量が急速に増加していることを懸念していると述べています。

「仮想通貨はさまざまなレベルで良いアイデアであり、有望な未来があると信じていますが、これが環境への大きな代償となってはいけません」とマスク氏はツイッターに投稿しました。

ビットコイン決済プログラムからの撤退にもかかわらず、マスク氏は、テスラ社が保有する15億米ドル相当のンビットコインを売却するつもりはないとフォロワーに断言しています。

「テスラ社はビットコインを売却することはなく、マイニングがより持続可能なエネルギーに移行したら、すぐに取引に使用するつもりです」とマスクは説明しています。また、テスラ社は同社の決済取引に加えるために、ビットコインのエネルギー消費量の1%以下の代替暗号資産も探していると述べました。

ビットコインの価格変動に関する最新の仮想通貨のアップデートと仮想通貨のニュースを、Cryptoshimbunで入手してください!

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。