bitcoin suisse explains why swiss is a crypto pivot point banner

Bitcoin Suisse、スイスが仮想通貨のピボットポイントである理由を説明:ダボス会議2023

スイスはヨーロッパにおける仮想通貨採用の「ピボットポイント」であり、引き続き「次の段階の制度化の中心点」であると、ビットコイン・スイスのCEOであるDirk Klee博士が述べています。 

Klee氏はスイスのダボスで行われたCointelegraphの独占インタビューで、スイスが依然として欧州の仮想通貨のトップスポットであり、今後も機関投資家を魅了し続ける理由を明かしました。

コインテレグラフのガレス・ジェンキンソン記者との対談で、Klee氏はこう説明しています。

「昨年、多くの信頼が破壊され、侵食されましたが、私たちは次の段階の制度化の中心点のようなものになり、よりアクセスしやすく、使いやすく、しかも安全な場所にしたいのです。」2013年に設立されたBitcoin Suisseは、「スイスの山奥の保管ソリューション」を含む資産保管に特化した最も古いBitcoin BTCと仮想通貨企業の1つだとKlee氏は述べています。

スイスは、ヨーロッパにおける仮想通貨の安全な避難所としてよく知られています。この内陸国は、イーサリアムの創業に果たした役割で認識されており、ブロックチェーンと仮想通貨企業にとって有利な環境であるクリプトバレーの本拠地でもあります。

スイスはまた、ビットコインと仮想通貨に優しい都市ルガーノを誇り、毎年ビットコイン会議が開催され、マクドナルドがビットコインライトニング決済を受け入れるようになったこともあります。

しかし、スイスでさえも、2022年に仮想通貨の信頼は、特にFTXの失敗とその業界全体への伝染効果を考慮して、打撃を受けました。「業界にとって大きな後退となりました。多くの信頼を失い、多くの投資家が被害を受けました」とKlee氏は説明します。

このような状況下では、スイスの歴史的な価値観に立ち返ることが有効だ。スイスは今でも「ビジネスをするのに安全な場所」なのです。

「スイスの仕上げ、スイスの品質は物語であり、信頼できる場所を持つ必要があるため、この業界が必要とする品質記号です。」

世界経済フォーラムの仮想通貨とブロックチェーンのイベントには、何千人もの仮想通貨愛好家が集まりました。アルプスの座、ダボスのスキーリゾートで開催され、包括的な弱気市場は、スイスの魅力を邪魔していないように見えます。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です