bitmex Pay 100 Million

BitMEX、米国の容疑を解決するために1億ドルの支払いに合意

仮想通貨のデリバティブ取引所プラットフォームであるBitMEXは、違法操業とアンチマネーロンダリング違反の疑いにより、米国商品先物取引委員会(CFTC)と金融犯罪執行ネットワーク(FinCEN)に1億ドルを支払うことに合意しました。BitMEXは、先週火曜日(8月10日)にウェブサイトでこのニュースを発表しました。

昨年2020年10月、BitMEXは仮想通貨取引プラットフォームを違法に運営し、アンチマネーロンダリング規制に違反したとして告発されました。

CFTCが提出した訴状によると、BitMEXは過去6年間、規制当局の承認を得ずに米国で運営し、米国のユーザーに暗号デリバティブを販売していました。一方、FinCENは、BitMEXが適切なマネーロンダリング防止手続きを行っていないと非難しています。

BitMex社のCEOであるAlexander Höptner氏は、「今日は当社の歴史の中で重要な日となりましたが、これを過去のものとすることができて非常に嬉しく思います。暗号が成熟して新しい時代に入る中で、当社も完全に検証されたユーザーベースを持つ最大の暗号デリバティブプラットフォームに進化しました。包括的なユーザー検証、強固なコンプライアンス、アンチマネーロンダリング機能は、当社のビジネスの特徴であるだけでなく、当社の長期的な成功の原動力でもあります」と声明の中で発表しました。

また、「私たちは自分たちの責任を非常に重く受け止めており、今後も世界中の規制当局と積極的に関わり、この素晴らしい資産クラスの未来を形作るために積極的な役割を果たしていきます」とも述べています。

なお、BitMEXの共同設立者3名に関する調査は現在も継続中です。CFTCによると、同取引所プラットフォームは、2021年6月30日をもって米国内でのマーケティングおよび取引活動をすべて中止しました。

さらに、BitMEXの運営で告発された5社は、告発を解決するために最初に8,000万ドルを支払い、さらに調査を遅らせるために2,000万ドルを追加で支払うことに合意しました。この5社とは、HDR Global Trading Ltd.、100x Holding Limited、ABS Global Trading Ltd.、Shine Effort Inc Limited、HDR Global Services (Bermuda) Ltd.です。

BitMEXと規制当局が合意した和解案について、Höptner氏はBitMEXの発表の中で、「この件を後回しにすることができて非常に嬉しい」と述べ、「世界中の規制当局と積極的に関わり、この素晴らしいアセットクラスの未来を形成していく」ことを約束しています。  

Höptner氏は、「CFTCおよびFinCENとの法的問題を後回しにすることは、我々の進化を加速させ、正しい道をしっかりと歩むことになります」と付け加えました。

Höptner氏はまた、「包括的なユーザー認証、強固なコンプライアンス、アンチマネーロンダリング機能」は、自社の特徴であるだけでなく、むしろ長期的な成功の「ドライバー」であると表現しています。

CryptoShimbunでは、より多くの仮想通貨の最新情報やニュースをご覧いただけます。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です