banner knowlege post 1

ブレイブブラウザのユーザーは一年で大幅に増加している

拡大するユーザーベースに基づいて、お礼として、プライバシーを重視したブレイブブラウザは記念碑的な機能を開発していました。現在のデータを前年と比較した結果、ブレイブブラウザの報告によると、アクティブユーザーの数だけではなく、コンテンツ作成者の数も大幅に増加したことが判明しました。

2019年の870万人の月間アクティブユーザー数から、プライバシーを重視したWebブラウザーは、今では2,000万人という驚異的なユーザー数にのぼっていたと報告しています。昨年と比較して、データは130%増加したと示しています。こうすると、ユーザーが流行しているブラウザからプライバシーを重視したより安全なものに移行していることが分かりました。

デイリーアクティブユーザー数も300万人から700万人に増えました。さらに、検証済みのコンテンツ作成者の数は、昨年の30万人から今日ではほぼ100万人に急増しました。ブレイブブラウザ独自のプライベート広告表示および報酬システムにより、ユーザーは獲得したベーシックアテンショントークン(BAT)でお気に入りのコンテンツ作成者にチップを渡すことができます。ブレイブブラウザが発行して以来、コンテンツ作成者に合計2,600万のBATが与えられていました。

ブレイブブラウザは、すべてのユーザーに役立つ安全なオンライン環境を提供しています。ユーザー、作成者、広告主のいずれであっても、ブレイブブラウザを助けて、誰にも害を与えず利益を得ることができます。広告主とウェブサイトの所有者に収益を生み出すように、ブレイブリワーズとブレイブペイメントというアイディアが誕生しました。

オープンソースブラウザは、個人情報や閲覧挙動を収集する広告やトラッカーからユーザーを保護します。一方、広告主とWeb所有者は、ビットコイン、ライトコイン、イーサリアムなどの仮想通貨で製品をブレイブに販売することができます。次に、ブレイブは、この資金をネイティブコイン、ベーシックアテンショントークンまたはBATに変換します。

ブレイブは、プライベート広告閲覧を取り交わして、ベーシックアテンショントークンをユーザーに提供します。ユーザーご自身はブレイブにおける閲覧挙動に基づいて興味に合わせてキュレーションされた広告を見てトークンを獲得するかどうかを決めます。しかしながら、Google Chromeに表示される広告とは異なり、これらの広告にはトラッカーが含まれておらず、個人データは収集されません。

ブレイブのかなりの人気は、人々がオンラインでのプライバシーを重視していることを示しています。オンラインプライバシーを重視したブレイブは、一般ユーザーだけでなく政府にもオンラインイベントを警戒させ、データを保護させるように推奨しています。最近、ブレイブは、一般データ保護規則を適切に施行していない政府に対して懲戒処分を欧州委員会に求める苦情を申し立てました。

CryptoShimbunで現在の仮想通貨のニュースについて知りましょう。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です