crypto 15 banner 1

中央アフリカ共和国、仮想通貨の普及に向けた法的枠組みを検討

中央アフリカの発展途上国である中央アフリカ共和国(CAR)は、同地域における仮想通貨とトークン化の利用に関する法案の起草を担当する15人の委員会を設置しました。

CARの大統領であるFaustin-Archange Touadéra氏によると、仮想通貨は同国の金融障壁の撲滅に貢献できる可能性があるとのことです。彼は、仮想通貨利用のための法的枠組みに支えられた、ビジネスに適した環境を作ることができると信じていました。公式プレスリリースの大まかな訳は以下の通りです。

「仮想通貨へのアクセスにより、今まで存在していた金銭的な障壁は消え、政府が採用した措置の主な目的は国民経済の発展です。」

仮想通貨法案の起草を担当する委員会は、CARの5つの省-鉱山・地質省、水域・森林・狩猟・漁業省、農業・農村開発省、都市計画・土地改革・町・住宅省、法務省・人権・善政推進省の15人の専門家から構成されています。

協力を通じて、メンバーは中央アフリカ共和国での仮想通貨の運用を可能にし、国民経済の発展を促進する法的枠組みを作成する任務を担っています。

ナイジェリアの仮想通貨取引所Roqquは、規制当局の許可を2年間待った後、欧州経済領域での仮想通貨ライセンスを取得し、アフリカ大陸の仮想通貨イニシアチブが新たなマイルストーンを達成しました。

Roqquのベンジャミン・オノモールCEOはCointelegraphに対し、オフショアのアフリカ人は50億ドル以上を親族に送金しており、現在の送金システムはそのプロセスを遅らせることになると述べました。

「仮想通貨を手段としてこの問題を解決することは、非常に理にかなっています。仮想通貨は、ギャップを埋めることができ、グローバルにお金を移動する際の手数料を削減するのに役立つ、より速く、より安価なルートです。これは、私たちが解決したい問題の核心です」と付け加えました。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です