chinese crypto mining closed

中国の仮想通貨マイニングサイトが環境法により閉鎖される

内モンゴル自治区は、5月から同自治区での仮想通貨マイニング産業を禁止する、国家発展改革委員会による禁止令を発令しました。これは、中国政府が2060年までにカーボンニュートラルになることを目指して実施している規制に賛同したものです。

4つの主要な暗号マイニング省のうち、雲南省と四川省の2つだけが、発展改革委員会の禁止発令後も操業を続けています。

仮想通貨ブログチャンネル「Wu Blockchain」の記事によると、内モンゴルの一部のマイニングサイトは操業を停止し、残りは水力発電所が稼働している四川省と雲南省のサイトにマシンを移動したとしています。

Wayiの共同設立者であるPeicai Li氏によれば、政府が仮想通貨マイニングをサポートする火力発電所を取り締まっているため、マイナーは水力発電によるマイニングサイトに目を向けているとのことです。

「水力発電はマイナーにとって最もコンプライアンスの高い方法であり、雨季には最も安い電気が得られます」とPeicaiは成都市で開催されたマイニング会議で述べています。また、いずれにしても、乾季になればマイナーたちは電力面での後退に直面することになるだろうと結論づけました。

しかし、金融・経済紙National Business Dailyは2021年3月3日、中国の仮想通貨マイナーたちが、マイニング作業を国外に移すという禁止措置の回避策を追求していると報じました。

ビジネス、経済、政治のためのデジタルメディアプラットフォームであるForkast newsは、ロシア、ベラルーシ、カザフスタン、イラン、マレーシア、ミャンマー、アイスランドなどの国に事業を移転した複数の中国のマイニング事業者を計上しました。

一方、大手オンライン証券会社Fidelity InvestmentのディレクターであるYin Gao氏は、四川省で開催されたクリプトマイニング会議で、中国のクリプトマイニング企業は、コンプライアンスのためだけでなく、企業の長期的な計画として、ハッシュレートを生成するための革新的な新エネルギー源の開発方法を学ぶべきだと言及しました。

内モンゴルでの仮想通貨マイニング禁止は、同地域初の規制の取り組みというわけではありません。2019年9月には地方政府がビットコインの違法操業を止めるための検査を開始しています。

かつて中国のクリプトマイニングのホットスポットであった内モンゴルは、世界のブロックチェーンを動かすコンピューティングパワーの8%を占めていました。しかし、この地域での仮想通貨マイニングは、石炭による電力を利用しているため、ローリターンで汚染度の高い産業とされています。

最新の仮想通貨ニュースと更新情報は、Cryptoshimbunでご確認ください!

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です