coinex chinese users main banner

CoinEx、10月に中国本土のユーザーアカウントを削除

Cointelegraphによると、仮想通貨取引所CoinExは、中国の仮想通貨に対する取り締まりが強化される中、中国本土での事業を終了します。

2021年9月30日、同取引所は、中国本土の住民として認証されたすべてのユーザーアカウントを退会させることを正式に発表しました。同国にリンクした携帯電話番号を持つユーザーも同様にプラットフォームから削除されます。

また、同取引所は、中国本土在住のユーザーに対し、北京時間の2021年10月31日午後4時までに、デジタル資産をプラットフォームから引き出すように促しています。9月30日から、CoinExは資産がゼロのアカウントを無効にします。

「2021年10月31日16時(UTC+8)以降、これらのアカウントで利用できるサービスは出金のみとなります。つまり、入金や取引などの機能は閉鎖され、出金サービスのみがサポートされます。速やかに資産の引き出しを行ってください」とCoinEx社は発表しています。

CoinExはさらに、同社が以前、2019年3月に同国からの新規ユーザーの登録を制限・中止したことを強調し、できるだけ早く資産の引き出しを終えるよう促しています。

この仮想通貨取引所の最近の動きは、北京が最近、仮想通貨取引を含む包括的な禁止令を出したことに促されたものです。2021年9月24日、中国人民銀行は、すべての仮想通貨関連取引を違法な金融活動とみなすことを発表し、仮想通貨を制限するという国の誓いを強調しました。

この新たな反仮想通貨規制を受けて、中国本土の仮想通貨投資家との関係を断ち切り、中国での事業を終了するよう圧力を受けている仮想通貨取引所はCoinExだけではありません。

世界最大級の仮想通貨取引所であるHuobi Globalは、中国本土のユーザーの新規受け入れを停止し、年内にユーザーとの契約を終了する予定であることを発表しました。一方、Binanceは中国の電話番号での登録を受け付けていません。

この仮想通貨禁止令により、中国の仮想通貨保有者は、仮想通貨関連活動に対する自国の対策が厳しくなることを恐れて、ビットコインやその他のトークンを保護するようになりました。

仮想通貨保有者の他国への移転を専門とする弁護士のDavid Lesperance氏は、CNBCのインタビューに対し、「海外の取引所やコールドウォレットに保有する仮想通貨にアクセスし、保護する方法についての解決策を探している中国の暗号保有者から、電子メール、電話、仮想通貨アプリなど、すでに十数件のメッセージを受け取っています」と述べています。

Cryptoshimbunでは、最新の仮想通貨ニュースや仮想通貨の最新情報をお届けします!

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です