elon musks tweet warn

イーロン・マスクの仮想通貨に関するツイートについて専門家が投資家たちに注意喚起

数多くの仮想通貨専門家やアナリストが、今週の仮想通貨の価格下落を受けて、テスラ社のCEOであるイーロン・マスク氏がデジタル通貨の価値に大きな影響を与えていることを訴えました。彼らは投資家に対し、マスク氏の暗号ツイートを「かき消す」よう注意喚起しました。

5月12日、マスク氏は、自社が「環境」問題のためにビットコイン(BTC)による支払いの受付を停止するとツイートしました。これにより、BTCの価値は直ちに12%下落しました。

価格下落の要因は他にもありますが、マスク氏はデジタル資産の価値が下降線をたどった主な理由のひとつと多くのアナリストから見られています。

5月24日に行われたCNN Businessのインタビューで、仮想通貨融資会社CelsiusのCEO兼創業者であるAlex Mashinksy氏は、「マスク氏に盲目的に従った人たちは大損をしている。彼らは火傷をして二度と戻ってこないかもしれない。仮想通貨コミュニティは、これらの資産やリスクについての説明にもっと責任を持つ必要がある。識者たちは、機関投資家の関心やSquareやPayPalなどのおかげで、ビットコインの下降市場は二度と起こらないと言い続けていた。それを聞いたら、心配しなければならない」と話しています。

マスク氏は5月24日(月)の朝、映画「ジョーズ」のポスターをツイートしたが、そこには1ドルが巨大な犬に食われる様子が描かれていた。ポスターの上には、赤い太字でDOGEのサインが書かれており、キャプションには「You’ll never use dollars again(二度と米ドルを使うことはない)」と書かれていました。

このツイートは、投資家の怒りを煽りました。Magnetic Megan Kasparという仮想通貨企業のマネージング・ディレクターはCNN Businessに対し、なぜマスク氏がミームコインで騒ぐのか理解できないと語った。

「マスク氏のドージコインに対する考え方がいまだに理解できませんし、世界の人たちもそうだと思っています。なぜ彼は価値があると思っているのか。機関投資家は非常に思慮深く、マスク氏がドージコインを推しているからといって買っているわけではありません。しかし、生活のためにやっているわけではない個人投資家は、そうではないかもしれません」。

一方、エンジェル投資家でデジタル資産コンサルタントのEloisa Maecheson氏は、長期投資家に対して、マスク氏のツイートをかき消して、ビットコイン(BTC)、イーサ(ETH)、リップル(XRP)などの確立された資産への投資に集中するようアドバイスしました。

「あなたがHODLerであれば、何も心配することはありません。しかし、小口の投資家であれば、ミームコインに近づかないようにしないと火傷をすることになります」と述べています。

ビットコイン(BTC)、ドージコイン(DOGE)、イーサ(ETH)などの主要資産を含む仮想通貨は、過去数週間で40%以上の下落を記録しました。水曜日には、デジタル資産の市場価値が、2.5兆ドルから1兆ドルという驚異的な値にまで落ち込みました。

最新の仮想通貨ニュースと仮想通貨の最新情報Cryptoshimbunから入手。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。