ethereum cryptoshimbun image1

イーサリアムのプルーフ・オブ・ワークからの移行はネットワークに不可欠、仮想通貨技術者が語る

投資家がイーサリアムのネイティブトークンであるイーサを保管できるアプリ、MyEtherWalletの最高業務責任者であるブライアン・ノートン氏によると、イーサリアムブロックチェーンのプルーフ・オブ・ワーク(PoW)メカニズムからの移行はネットワークの拡大のために必要であるとのことです。

ノートン氏は、火曜日にCoinDesk TVの番組「First Mover」で、イーサリアムがPoWコンセンサスメカニズムで成長を維持することは「耐えられないだろう」と述べ、この方法はエネルギー効率が良くないと述べました。

「イーサリアムがエコシステムとともに動き、リーダーであり続け、オープンでパーミッションレスであるという原則に忠実であり続けるためには、プルーフ・オブ・ワークからの移行が絶対に不可欠になるだろう」とノートン氏は述べました。

ノートン氏の発言は、イーサリアムがマージと呼ばれるソフトウェアアップデートによって、ネットワークの維持と取引の検証を行うプルーフ・オブ・ステーク(PoS)方式に移行する準備を進めていることを受けてのものです。

開発者によると、プルーフ・オブ・ステークの仕組みは、プルーフ・オブ・ワークよりも効率的で安価だといいます。

ノートン氏は、マージが計画通りに進まなければ、アップデートは「さらに先」、おそらく来年までずれ込むかもしれないと述べています。本来の計画では来月には稼働する予定です。

ノートン氏は、マージが近づくにつれ、特にユーザーがこの変更がブロックチェーンにとって何を意味するのかをよりよく理解するようになれば、機関投資家の採用が増加する可能性があると述べています。

機関投資家は現在、マージに対して強気で、ETHベースのファンドに積み込んでいるように見えるとノートン氏は語りましたが、マージが予想以上に長引けば、ユーザーや投資家は「落ち着きをなくし」、撤退する可能性があります。

ノートン氏は、マージはPoWとPoSの「鋭いコントラストをユーザーに提供」し、ビットコイン(BTC)にも影響を与える可能性があると指摘します。

ノートン氏はイーサについて、「今、仮想通貨空間には、よりエネルギー効率が高く、より多くのユースケースを持つ別の潜在的なデフレ資産がある」と述べました。

一方、ビットコインのネットワークは、そのネイティブトークンの交換のために設計されており、トークンを価値貯蔵とみなすユーザーにはより響く可能性があります。

ノートン氏は、マージを受けて「ほとんどのユーザーにとっては何も変わらないだろう」としながらも、今夏のようにイーサの価格が急騰する可能性が高いとしています。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。