fca banner image

FCA、無登録の仮想通貨企業50社に対して調査を実施

英国の金融規制機関である金融行動監視機構(FCA)は、仮想通貨の詐欺や不正に対抗するため、無登録のデジタル資産企業50社に対して積極的な調査を行っていることを明らかにしました。

「金融行動監視機構(FCA)は、本日発表されたデータによると、4社に1社がこの市場に参入するのを阻止しており、消費者投資市場の害に取り組むために積極的な行動をとっている。また、FCAに報告される詐欺の件数が増加していることから、FCAは消費者に対してInvestSmartおよびScamSmartになるよう呼びかけている」と発表しています。

2022年3月3日に発表された消費者投資データに関する報告書では、FCAは未登録の仮想通貨ビジネスに関する300以上のケースをすでに開いており、その多くがおそらく詐欺である可能性があると共有しました。

さらに、金融監視当局は、2021年4月から9月にかけて、英国の住民から仮想通貨関連の詐欺に関わる16,400件を超える問い合わせを受けたと発表しました。

この問題に対処するため、FCAは、同国で事業を計画している仮想通貨企業に対して、より厳しい規制を実施すると述べている。また、金融投資詐欺の増加に集中するため、過去1年間に多くのライセンス申請を停止しています。

「FCAは、より積極的な監督と執行措置など、自由に使えるすべてのツールを活用し、ここで活動しようとする企業に対してより厳しく対応している」とFCA市場担当執行役員のSarah Pritchard氏は説明しています。

この動きは、英国の政治家から仮想通貨関連の金融犯罪を取り締まるよう、同国の規制機関に求める圧力が強まっていることに起因しています。

「なぜ、コンプライアンスに反する暗号資産事業者が堂々と取引できるようにしているのか、いつになったら彼らが廃業に追い込まれると期待できるのか」とLadytonのBrowne卿は2022年3月02日に貴族院で表明しました。

英国の他の金融規制当局も、違法取引などの仮想通貨詐欺事件が疑われるデジタル資産企業に対し、率先して取り組んでいます。2021年12月15日、英国の広告規制機関The Advertising Standards Authority(ASA)は、仮想通貨投資に伴うリスクを説明せず、消費者の未経験を利用したとして、7つの仮想通貨関連のマーケティングキャンペーンを取り下げました。

「広告は一般視聴者向けで、ピザの購入と関連したプロモーションに従事した人のほとんどは、仮想通貨とそれに伴うリスクについての理解が未熟である可能性が高いと判断した」とASAは述べています。Cryptoshimbunでは、今後も仮想通貨の最新情報や仮想通貨ニュースをお届けします!

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です