ftx in the lead to buy assets banner

FTX、破産から仮想通貨貸出サービスVoyager Digitalの資産を購入する候補であり続けています:ソース

取引所大手のFTXは、破産申請によって今年の業界危機を深めた仮想通貨貸し出しサービスであるVoyager Digitalの資産を購入する有力候補であり続けていますが、この問題に詳しい人物によると、今後数日のうちにまだ高いオファーが入ってくる可能性があるとのことです。

今週、破産裁判所を通じてVoyagerの資産のオークションが行われました。最終段階では、億万長者のサム・バンクマン=フリード氏のFTX取引所と、デジタル資産投資会社のウェーブ・フィナンシャル社の戦いとなりました、と同関係者は語ります。

FTXの入札額が高かったと、その人物は付け加えました。FTXがいくらで合意したかは不明となっています。

FTXはコメントを求めたところ、すぐに返答がありませんでした。Waveの担当者はコメントを控えるとしています。

CoinDeskは8月25日、FTXとバイナンスがVoyagerの買収に乗り出していると報じました。FTXはVoyagerにオファーを出していたものの、7月に「低すぎる」として拒否されていました。入札者の中にウェーブがいることは、これまで明らかにされていませんでした。今週初め、CoinDeskはFTXが買収の可能性と並行して資本調達を行っていると報じました。

Voyagerの取引は、仮想通貨にとってのひどい一年から最も悲惨な物語の1つに比較的整然とした終わりをもたらす可能性があります。

仮想通貨の価格が下落した後、7月上旬にVoyagerは顧客の出金を禁止しました。その顧客は破産裁判所で会社の債権者となり、資金を取り戻すために手間のかかる可能性のあるプロセスの初心者参加者として、洗練された再建弁護士や金融業者と一緒に並ぶことを余儀なくされたのです。Voyagerの破綻は、従来の銀行とは異なり、政府が支援する預金保険が適用されず、ほとんどの銀行の顧客が補償されます。

買収しても、Voyagerへの連邦破産法第11条の適用が終了するわけではありません。しかし、米国の破産法では、経営難に陥った企業が債権者に支払うために回収できる金額を最大化できるように、資産を売却する余地があります。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。