gibraltar crypto manipulation banner image main

ジブラルタル、仮想通貨市場の操作を防止する規則を導入

ジブラルタル金融サービス委員会(GFSC)は、去る4月27日に発表したプレスリリースにおいて、市場の整合性を確保し、分散型台帳技術(DLT)プロバイダーによる市場操作を防止するために、既存の仮想通貨規制を改正しました。プレスリリースによると、新規則は「価格、流動性、市場情報の操作または不適切な影響、または市場の整合性に不都合なその他の行為」に対抗することを目的としています。

GFSCのサイトに掲載されたガイドラインでは、「DLTプロバイダーは、自らが参加するあらゆる市場のインテグリティを維持または向上させるような方法で行動しなければならない」と述べられています。

また、同ガイドラインは「市場の健全性には、あらゆる種類の操作的取引や市場の乱用を警戒し、「非差別的な市場アクセス、価格形成の透明性、公正な取引慣行、高い開示基準、強固な消費者保護」の環境を醸成することが含まれている」と続きます。

ガイドラインではまた、DLTプロバイダーの責任についても説明し、理事会のマーケットインテグリティ要件と、操作、インサイダー取引、高い取引基準に関する配慮を示しました。

ジブラルタルのデジタル・金融サービス担当大臣であるAlbert Isola氏は、今回の開発は、規制を敷いた後の州の次のステップであると証言しています。「私たちは2018年に法的規制の枠組みを立ち上げた最初の司法権者であり、今は市場整合性のための枠組みを立ち上げた最初の司法権者です」と、彼は去る2022年4月27日に公開されたCNBCのインタビューで共有しています。

Isola大臣は、「世界の仮想通貨業界の国際基準が明確になればなるほど、この分野ではより多くの信頼、利用、採用が期待できる」と付け加えています。また、CNBCのインタビューでは、他の管轄区域が同じことを行うことがいかに不可欠であるかについても次のように述べています。

「ジブラルタルはスペインと国境を接する小さな英国領として知られていますが、仮想通貨市場とそれに投資するジブラルタル人が繁栄するよう、多くの措置を講じています。この地域は、2018年にブロックチェーン企業を最初に迎え入れ、ライセンス体制が提供されることを確認した1つです」。

厳しい規制や禁止によって他の国を追い出された仮想通貨業界の有名企業も、ジブラルタル政府は歓迎しています。これには、Huobi Global、Bullish、FTXなどの取引所が含まれ、いずれも現在この地域の仮想通貨市場で繁栄しています。

City AMの報道によると、ジブラルタルは「タックスヘイブン」とされる地域としても知られているとのことです。ジブラルタルの政府関係者は、この地域を潜在的な仮想通貨パートナーシップにとって可能な限り魅力的にし、仮想通貨ハブとしての評判を確保するための措置を取っています。

すべての仮想通貨のニュースや最新情報を得るために、Cryptoshimbunに定期的にアクセスしてください!

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です