ethereum crypto banner

Grayscaleは、Ethereumに新たな投資家の急増を見込んでいる

GrayscaleのマネージングディレクターであるMichael Sonnensheinは、Bitcoinは経済に参入した最初のデジタル資産であるが、Ethereumに注目している多くの人々と投資家を称賛したと述べた。

「2020年の間に、新たな投資家グループが登場した。このグループは、Ethereumを最初に使用し、場合によってはEthereumのみを使用する。Ethereumについては、資産クラスとしての信念が高まっている」と彼は言った。

「資産クラスの発展は着実に進んでいる。EthereumもBitcoinと同じように強力だ」とSonnensheinは発言した。

Grayscaleは、同社のプラットフォームで100億ドルを超える資産を扱う企業だ。最も人気のある口座の一つはグレースケールビットコイントラストで、これは週ベースで3950万ドルという途方もない平均資産を誇る。しかし、Grayscale Ethereum Trust 基金の収益も大幅に増加している。

Grayscale Ethereum Trustは、Ethereumに焦点を当てた機関投資家の新しいセグメントの注目を集めている。Grayscale Ethereum Trustのレポートによると、第3四半期には、新規機関投資家からの投資が17%を超えた。

最近の報道によると、EthereumとGrayscale Ethereum Trustは9対1の株式分割を実施する予定で、これはより多くの個人投資家にアピールする戦略だという。Grayscaleのプレスリリースによると、このベンチャーは2020年12月17日にスタートする。

「本株式分割は、2020年12月17日に、2020年12月14日の営業終了時点で株主名簿に記載又は記録されている株主に対して行われる。本株式分割後も、本信託の株式は、OTCQXにおいて 「ETHE」 の記号で引き続き引用される」 。

さらに、株主は信託に株式を投資することは期待されていないとも述べた。

「株主の皆さんは、本株式分割に関連して本株式を受領するための措置を講じる必要はなく、また、本信託において自己の株式を放棄または交換する必要はない。トランスファー・エージェントは自動的に本件株式分割の新株式を発行する。

時価総額で見ると、Ethereumは暗号分野で2番目に大きなデジタル資産だ。Vitalik Buterinによって開発されたこの資産は改良され、より多くのトランザクションを短時間で処理するために堅牢な技術を可能にするシステムの新しいアップグレードであるビーコンチェーンを起動しました。Sonnensheinによると、Ethereumはそれ自体を 「固める」 力を持っている。

つい最近、Ethereumが2.0バージョンにアップグレードされた。コインの最初の段階は 「セレニティー」 と呼ばれている。今回のローンチでは、「Casperプロトコル」と呼ばれる新しい合意メカニズムが導入された。このメカニズムは、プルーフ・オブ・ワークの概念をプルーフ・オブ・ステークに置き換え、バリデーターが取引を承認するためには、トークンをネットワークにロックする必要がある。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です