How Ethereums Upcoming Transition Will Affect Token Supply Banner

仮想通貨分析会社による、イーサリアムの今後の移行がトークン供給に与える影響

著名な市場情報会社は、主要なアルトコインがプルーフオブステークメカニズムに移行した後、ブロックごとに発行されるイーサリアム(ETH)の量が大幅に減少すると述べています。

仮想通貨分析会社IntoTheBlockの新しい研究は、主要なスマートコントラクトプラットフォームの今後のマージから何を期待するかを明らかにします。

「イーサリアムはプルーフオブステーク(PoS)に(間もなく)移行しますが、これは多くの理由から大きく期待されていた出来事です。このアップグレードは数年前から開発されており、イーサリアムネットワークと資産であるイーサにいくつかの改善をもたらすと予想されています。

マージから来る最もインパクトのある効果の1つは、ブロックごとに発行されるETHの量が、マージ後に85%~90%減少することです。」

IntoTheBlockによると、この減少はビットコイン(BTC)が一度に3回半減することに相当するとのことです。半減とは、トークンを採掘する際の報酬が半分になることを意味します。

IntoTheBlockは、このため、イーサリアムの採掘者は「過去のものとなり、市場に入る2000万ドルから2500万ドル相当の供給圧力が取り除かれるだろう」と述べています。

また、仮想通貨情報会社は、ETHがトランザクション手数料の増加により、その移行後にわずかにデフレになる可能性があると述べていますが、逆の方向に行くことも可能であると指摘しています。

「ETHの供給は、マージ後に一時的に減少する可能性があります。合併後の数時間から数日間は、予想される出来事がボラティリティと投機を促進するため、取引手数料が上昇し、その過程でより多くのETHが消費されることが予想されます。

しかし、イーサリアムの手数料が30日平均に戻れば、ETHは緩やかなインフレになると考えられます。

これらの理由から、合併後のETHインフレ率の最新予測は、-1%~+0.5%となっています。この数字は、取引手数料が過去3ヶ月で75%低下したことを考えると、以前の予測よりも低くなっています。」

ETHは記事執筆時、1,613ドルで取引されており、この日は5.8%減少しています。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。