kazak crypto banner iamge news main

カザフスタンの仮想通貨マイニング産業が急降下

世界第2位として知られるカザフスタンの仮想通貨マイニング業界は、1月12日、現在の同国の政治的混乱による停電のため、最近急落しています。

1月5日には、軍隊、デモ隊、警察の激しい衝突がカザフスタンに衝撃を与え、政府はデモ隊を混乱させ、彼らの通信手段を無効にすることを期待して、6日間全国でインターネットをシャットダウンする事態に陥りました。

同国はビットコインの世界的なマイニング能力の18%をホストしているため、この事件によりビットコインの計算能力が劇的に低下し、価格と取引速度に悪影響を及ぼしたのです。ガーディアン紙は、カザフスタンでの停電以来、主要な仮想通貨マイニングプールのハッシュレートが14%の下降に達したと報告しました。また、ビットコインの価格は1月6日に43,000ドルまで急落しました。

仮想通貨のニュースチャンネルであるWiredに1月12日に掲載された記事によると、カザフスタンの仮想通貨マイニング業界の急落は、同国の人口のほとんどが暖房をつけるピーク時にマイニングファームが作業を停止し、電力配分を分割する可能性を意味します。

別の仮想通貨マイニング企業の創業者であるDidar Bekhauov氏はWiredのインタビューで、電力プロバイダーがマイニングファームへの電力をカットすることがあり、これはマイナーと仮想通貨ユーザーにとって問題になり得ると語っています。Didar氏は、「冬のシーズンが過ぎれば、この問題は過ぎ去るだろうと期待している」と付け加えました。

2021年6月に中国が仮想通貨マイニングを急いで禁止した後、昨年数多くのマイナーがカザフスタンに移動しました。中国とロシアの両方に近く、電気代が安く、寒冷な気候でマシンが過熱しにくいため、マイニングに最適な環境が整っています。

昨年7月15日にフィナンシャル・タイムズが発表したレポートによると、中国の禁止令が実施されて以来、87,849台以上の仮想通貨マイニングマシンがカザフスタンに移管されました。これにより、カザフスタンは世界最大の仮想通貨マイニング国の1つとなりました。

しかし、国内の政情不安は続いており、ロシア軍が街を徘徊しているため、マイナーたちは現在足止めを食らっていますが、移転を検討しているようです。

仮想通貨に関するあらゆる情報の詳細については、Cryptoshimbunをチェックアウトし、更新を見逃さないようにしてください。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です