korean crypto bannermain

韓国の11の取引所がFSCの義務化により閉鎖へ

韓国の金融委員会(FSC)が摘発した不正行為の疑いにより、韓国にある非公開の11の仮想通貨取引所が閉鎖されると言われています。この状況を受けて、これらの取引所は政府機関の承認を得ることができなくなります。

The Korea Heraldによると、これらの無名の韓国の中規模取引所は、FSCが彼らの違法行為の疑いを同国の検察や警察に報告すると、運営を停止する可能性が高いといいます。

FSCの要件を満たすことができたのはUpbit、Bithumb、Coinoin、およびKorbitなどの大規模な仮想通貨取引所だけでした。これには、韓国の銀行と提携して、仮想通貨ユーザーのために実名制の口座を開設することも含まれます。

しかし、韓国に拠点を置く銀行の多くは、デジタルコインの不安定な性質のために、仮想通貨取引所との提携をためらっています。銀行との提携を確保できたのは、前述の4つの大手取引所だけでした。

韓国で活動する他の中規模の仮想通貨取引所も、2021年9月24日までに要件を解決しないと、韓国での運営やサービスの提供をFSCから承認されないと通知されている。

国民の力に所属する議員であるCho Myong Hee氏は、12月24日まで申請を延長するようFSCに訴えました。しかし、FSC当局はこの期限を過去にすでに延長し、3月には6ヶ月間の猶予期間も設けたため、譲らないといいます。

この発表を受けて、これらの中規模取引所の多くが閉鎖を発表しました。The Korea Herald紙は、Darlbitが7月15日に廃業し、CPDAXも9月1日までに追随すると報じています。

「一時的なものではなく、恒久的な営業停止措置です。口座に仮想通貨を保有している人は、8月31日の午後3時までに出金しなければならない」とCPDAXは公式プラットフォームで発表しました。

同じく韓国の中堅取引所であるBitsonicは、公式のTelegramチャンネルを通じて、一時的に業務を停止することを発表しました。同社は、「サービスシステムの更新のために、一時的にサービスを停止する」としています。

同社は発表の中で、「更新が終われば、情報セキュリティ管理システムを実現できると期待しています」と述べています。

情報セキュリティ・マネジメント・システム(ISMS)は、FSCが国内で運営するすべての取引所に要求しているもうひとつの要件です。これは、韓国の取引所の顧客から収集したデータをどのように管理するか、その手順をまとめたソフトウェアです。

今年の5月、FSCは厳格な規制要件を導入しました。これにより、アルトコインの取引が大幅に増加したことから、国内で運営されているすべての取引所に対する規制の精査が始まりました。

さらに、規制委員会は、取引所に対する要件の一環として、クロストレードの実施も禁止しています。これは、プラットフォームが注文ブックに取引を記録することなく、同じ資産の買い注文と売り注文を相殺することができないことを意味します。韓国の取引所取り締まりに関する仮想通貨ニュースは、Cryptoshimbunでご覧ください。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です