privacy coins surge banner en

米国とオーストラリアが仮想通貨の利益を狙った後、プライバシーコインが急上昇

Monero、ZCash、Horizen、Dashなどのいくつかのプライバシーコインの価格は、オーストラリア国税庁(ATO)が、仮想通貨の利益から税金を控除していないトレーダーに対して、課税対象の仮想通貨取引を追跡することができると警告した後、すべて最大22%の急騰を経験しました。

ATOの公式サイトで5月28日に発表されたプレスリリースで、Tim Loh副長官は次のように発表しています。

「今年は、仮想通貨資産を持つ約10万人の納税者に書面を送付し、納税義務について説明するとともに、過去に提出した申告書を見直すよう促す予定です。また、2021年の確定申告の際には、約30万人の納税者に対して、仮想通貨のキャピタルゲインやロスを報告するように促す予定です」

Loh氏はまた、「仮想通貨の匿名性が納税義務を無視するライセンスになると考える納税者がいることを憂慮している」とし、事態をATOが憂慮していることを明らかにしました。

さらに、同氏は「仮想通貨は匿名のデジタル世界で運用されているように見えますが、我々は銀行や金融機関、仮想通貨のオンライン取引所のデータを通じて、仮想通貨が現実世界とやり取りする場所を綿密に追跡し、納税者にお金が戻ってくるようにしています」とし、ATOは国内で行われるすべての仮想通貨取引を監視していると、声明の中で詳しく述べています。

上記の声明を受けて、最も人気があり信頼されているプライバシーコインであるMoneroの価格は、5月29日の朝に220米ドルから300米ドル近い価格まで暴騰しました。

このMonero価格の急騰は、昨年5月21日に米国財務省が、2023年からオンライン取引であるかどうかにかかわらず、1万米ドル以上の送金はすべてアメリカ合衆国内国歳入庁(IRS)に報告しなければならないと発表したことを受けて、30%の急騰を見せたことになぞらえたものです。

仮想通貨取引所EQUOSの取引所販売責任者であるJustin d’Anethan氏は、Forkastのインタビューの中で、Moneroのようなコインが提供する匿名性は、取引活動を非公開にして課税対象となる仮想通貨の利益を税務当局から隠したいと考えるトレーダーにとって魅力的な資産であると述べています。

Cryptoshimbunで、最新の仮想通貨ニュースと仮想通貨の最新情報をお見逃しなく!

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です