rbi crypto news banner img

インド準備銀行、仮想通貨は通貨安定のリスクと指摘

インドの中央銀行であるインド準備銀行(RBI)は、2021年12月29日に発表した年2回の金融安定報告書(FSR)において、民間仮想通貨が国の金融安定にもたらす様々なリスクについて警告を発しています。この文書には、イーサリアム、ライトコイン、ビットコインなど、RBIが提供していないすべての仮想通貨の危険性を論じるセクションが含まれています。

「民間仮想通貨は、顧客保護とマネーロンダリング防止(AML)/テロ資金調達対策(CFT)に対して直接的なリスクをもたらす。また、高度に投機的な性質を持つため、詐欺や極端な価格変動が起こりやすい」とRBIは強調しました。

144ページに及ぶ報告書の中で、インド準備銀行は資本フローの管理、金融政策への影響、マクロ経済の安定性、通貨の代替など、長期的な課題を列挙しています。

また、同報告書は、仮想通貨業界が匿名取引を可能にする通貨やDe-Fiプラットフォームを誕生させたとする金融活動作業部会(FATF)の調査結果を引用しています。これらの斬新なスキームは、金融の透明性を低下させ、金融の流れをさらに難解にすると警告しています。

同銀行によると、「比較的簡単で安価、かつ匿名性の高い方法で取引をさらに濁そうとする仮想から仮想へのレイヤー化スキームの利用の増加など、新たな不正融資の類型が生まれ続けている」とのことです。

RBIが仮想通貨の主流採用に対する軽蔑を表明したのは、今回が初めてではありません。2021年12月、第592回中央理事会において、RBIのシャクティカンタ・ダス総裁は、デジタル資産は中央銀行によって規制されていないため反対意見を公言し、仮想通貨の全面禁止を呼びかけました。

「仮想通貨はマクロ経済と金融の安定性の観点からRBIにとって重大な懸念事項である。政府はこの問題を積極的に検討しており、今後決定する。しかし、中央銀行として、我々はそれについて深刻な懸念を抱いており、何度も旗を振っている」と、ダス氏はイベントの中で発表しました。

しかし、他のメンバーは、フィンテックの発展は慎重な議論と審議に値すると主張しました。

一方、インド国政府は、インド証券取引委員会(SEBI)と協力して仮想通貨を規制すると報じられています。しかし、この法案はまだ進行中であり、予算会期中に提出される見込みです。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です