russia bans crypto payments banner image main

ロシア、商品・サービスに対する仮想通貨決済を禁止

ロシアのウラジーミル・プーチン大統領は、仮想通貨決済に関する既存の禁止事項を修正する法律に署名し、リストにさらにトークンを追加しました。

この新しい改正により、ロシア国内の商品やサービスの支払い手段として、セキュリティトークン、ユーティリティトークン、NFT(ノンファンジブルトークン)のいずれをも使用することが禁止されました。

以前の禁止令では、デジタル決済手段として「ペイメントトークン」のみが認められないと規定されており、不十分と見られていたとロシアのメディアグループRBCは報じています。

プーチン大統領は金曜日にこの法律に署名し、国内での禁止を承認しました。

同法によると「連邦法に別段の定めがある場合を除き、譲渡された商品、実行された作品、提供されたサービスの対価として、また、デジタル金融資産によって商品(作品、サービス)に対する支払いを想定できるような方法でデジタル金融資産を譲渡または受領することは禁止されている」とされています。

以前、制裁のため、ロシアは国際決済、特に世界貿易の決済に仮想通貨を使用することを認めるというメディア報道がありました。

「国際決済のための取引にデジタル通貨を使用するという考えは、活発に議論されている」と、Interfaxは、財務省の金融政策部門の責任者であるIvan Chebeskov氏の発言を引用しています。

5月には、ロシアのデニス・マントゥーロフ産業貿易相も、ロシアが仮想通貨を決済手段として合法化するのは時間の問題だと公言しました。

「問題は、中央銀行と政府が積極的に取り組んでいる今、いつそうなるか、どのように規制されるかだ。」とマントゥーロフ産業貿易相は「New Horizons」と題した教育イベントの中で述べ、「しかし、誰もが遅かれ早かれ、何らかの形で実施されることを理解する傾向にある。」とも付け加えています。

ロシア政府内では、仮想通貨規制に関する議論が続いています。1月にロシアの中央銀行が、決済や投資を含む暗号の全面禁止を提案しました。

しかし、2月には、ロシア財務省が仮想通貨規制の草案を提案し、デジタル資産への投資を許可しました。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です