safemoon simplex partnership

SafeMoon、AMAセッションでSimplexとの提携を発表

SafeMoonのCEOであるJohn Karony氏は、5月9日に行われたAMA(Ask Me Anything)セッションで、フィアット ― クリプト金融サービスを提供する金融機関であるSimplexと提携し、デビットカードやクレジットカードを使ったデジタル資産の購入をシームレスに可能にすることを発表しました。

同じAMAのライブストリームで、Karony氏は、SafeMoonウォレットは投資家にとって便利な機能であり、Simplex社と提携することで、DeFiウォレットの利便性がさらに高まると述べています。

「金融市場や戦略を誰にでも開放するという原則に基づいて運営することの重要性を理解している企業であるSimplex社と提携できたことを嬉しく思います」とKarony氏は述べています。

また、同氏は金融市場を誰もが利用できるようにするために、Simplexと提携したいと考えていたと付け加えました。

「人と違うことをすることは、我々の出発点であり、最終目標の一部でもあります。当社の創業理念の一つは透明性であり、当社の活動の多くは公開されています。Twitchで日常的に “Ask Me Anything “を開催しているのも、そのためです」。

さらに、Karony氏は、投資家との交流を深め、SafeMoonがどのように機能しているのかをもっと知りたいと考えているとも付け加えました。

「投資家の皆さんには、私たちを見て、交流して、私たちが何をしているのかを知り、自分の投資に好きなだけ深く関わってもらいたいと思っています。

これは、仮想通貨や投資全般に対する、まったく異なるアプローチです。そして、このアプローチがうまくいくこともわかっています。増え続ける投資家の皆さんは、私たちがサービスと価値の提供に熱心であることを知っているので、私たちのミッションに非常に熱心です」。

2021年3月に登場したSafeMoonは、HODLを望むユーザーのために設計されたDeFiプラットフォームとトークンです。ウォレットに資産を長期間保持するユーザーにインセンティブを与え、流動性を保証します。

「つまり、あなたがビットコインを当社で保有し、誰かが当社のプラットフォームでビットコインを送金すると、そのユーザーから、そのビットコインの一部が反映されることになります」と、SafeMoonのCTOであるトーマス・スミス氏は、同じAMAセッションで述べています。

SafeMoonチームは、このアセットはまだ「アーキテクチャ」の段階であり、まだまだ多くの変更が加えられるだろうと述べています。現在、このコインはBitmartという暗号化取引所に上場しています。

Cryptoshimbunでは、仮想通貨とブロックチェーンに関するニュースをお届けしています。仮想通貨業界の最新の開発状況を常に把握しましょう!

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です