binance vs singapore banner

Binanceがシンガポールの仮想通貨市場から撤退

シンガポールの仮想通貨投資家は、2021年10月26日までにBinanceのメインプラットフォームを仮想通貨取引に使用することができなくなりました。去る9月6日に同社が行った発表は、シンガポールの中央銀行がBinanceに決済サービスの提供停止を要求した数日後に行われました。

この期限が来ると、シンガポールの仮想通貨投資家は、Binanceのグローバルプラットフォームを使って、フィアット通貨の入金や取引ができなくなります。Binanceの最高経営責任者(CEO)であるChangpeng Zhao氏は、シンガポールの投資家に対し、期限が切れる前に地元の取引所に切り替えるよう促しました。

これに先立ち、シンガポール金融管理局(MAS)はBinanceに狙いを定め、同取引所が法律に違反していると非難しました。現在、Binanceのメインプラットフォームは、国からの適切なライセンスを得ずにシンガポール人に決済サービスを提供しています。

この規制は、同取引所のグローバルプラットフォームにのみ適用され、シンガポールのローカルプラットフォームには影響しません。ローカル取引所の運営は、メインプラットフォームとは独立したサービスを提供する別の法人によって行われています。

Binance Singaporeは、同国でのライセンス申請中です。ローカル取引所は、MASがまだライセンスを承認していない間、政府の免除の下で運営することが認められています。

フォーブスによると、バイナンスのグローバルプラットフォームは、取引所が顧客の要求を満たすだけでなく、現地の規制にも準拠するよう、常にサービスを評価しているといいます。

Binanceの担当者は、フォーブスとの電子メールのやり取りの中で、「当社は、シンガポール金融管理局およびその他の世界的な規制当局と緊密に協力して、関連する規制基準を遵守し、必要なサービスの変更を促進しています」と述べ、「私たちは、この新しい空間で変化する政策、規則、法律を積極的に把握しています」としています。

Binanceのグローバルプラットフォームはこれまで、世界中のほぼすべての仮想通貨市場にサービスを提供することができました。しかし、現地の規制当局は、セキュリティ上の理由から同取引所に対する抵抗感を強めていました。

ここ数カ月の間に、他のいくつかの国が、暗号資産の高リスクな性質によってもたらされるマネーロンダリングや詐欺問題への懸念を理由に、Binanceを監視下に置きました。

香港と日本はBinanceに対して警告を発しており、英国の金融規制当局はBinanceの国内での営業を禁止しています。さらに、マレーシアは同取引所を譴責しました。

これに対する回答として、Binanceは、同社が世界中の規制当局を支援して、公正な競争条件を設定するための最適な解決策を見つける用意があると述べています。

「消費者保護は私たち全員にとって重要です」とBinanceはコメントしています。

Binanceに関する最新の仮想通貨ニュースは、このCryptoshimbunで入手できます!

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です