solana image banner image news

Solana Labs、仮想通貨Eコマース市場向けにSolana Payの提供を開始

Solana Labsは、2022年2月1日に、加盟店が消費者から直接仮想通貨による支払いを受け付けられるようにする新しい決済プロトコル、Solana Payを発表しました。Checkout.com、Circle、Citronと共同でピアツーピアの決済インフラとして開発され、FTX、Phantom、Slopeのウォレットも統合されています。

「Solana Payは、加盟店が顧客と取引するための新しくシンプルなフレームワークを提供し、仲介者なしで直接資金を受け入れて決済し、不正の責任をゼロにし、処理手数料を1セント未満で測定することを可能にします。Solana Payは、時代遅れの一方通行の取引モデルを、強力な双方向の商人対消費者関係に変換し、ブランドや小売業者が新しい方法で顧客に驚きと喜びを与える直接チャネルを提供します」とSolana Labs Paymentsの責任者Sheraz Shere氏は述べています。

Solanaブロックチェーン上に構築されたこのプラットフォームは、新規投資家にとって参入障壁の低い仮想通貨決済オプションを提示し、ノンファンジブルトークン(NFT)など他のデジタル資産を含めることも目指しています。

また、Shere氏は、仮想通貨決済を受け入れる新しいマーチャントのオンボーディングプロセスを準備していると発表し、売り手の間で安定コインとデジタル資産の利点を促進したいとしています。

米国のBandago Van Rentalという車両レンタル会社は、プラットフォームのリリース後すぐに、サンフランシスコにある顧客のために、すでにSolana PayのPOS統合を確立しています。

「特に海外から渡航する観光客にとって、取引手数料や加盟店手数料は大きな負担となることがあります。Solanaと連携することで、お客様のコストを下げることができ、同時に私たちも資金にすぐにアクセスできるようになります。私たちは、この決済処理の新境地を開拓することに興奮していますし、お客様にとって簡単かつ安価になり、これは常に勝利の組み合わせだと考えています!」とBandagoのCEO、Sharky Laguana氏は表現しました。

しかし、Solanaブロックチェーンは高速取引と安価な手数料で知られていますが、障害が発生しています。

つい最近、Solanaはサービス妨害攻撃の標的になり、ネットワークが大幅に遅くなりました。一方、Shere氏は、プロトコル開発者は、スケーラビリティを損なうことなく数百万人のユーザーを収容するために、継続的にネットワークを強化していると述べています。

仮想通貨の最新情報と仮想通貨ニュースについては、Cryptoshimbunにてご確認ください!

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です