south korea btc banner

韓国の議員が仮想通貨に焦点を当てた規制を提案

韓国の与党民主党のKim Byung Wook代表は、韓国金融情報分析院(FIU)への報告を怠ったり、マネーロンダリングのリスクが高いと判断された暗号資産事業者との取引を、金融機関が打ち切ることができる規制の枠組みを提案しました。

同氏は去る4月27日に行われた暗号ニュースサイトCoindesk Koreaとのインタビューで、仮想通貨の新しさゆえに、従来の金融システムとは異なる規制の枠組みが必要であると述べています。

Kim Byung Wook氏によると、現在、国内では取引可能なデジタル資産としての仮想通貨をサポートする法的枠組みが不足しているといいます。

現在のところ、仮想通貨取引所は韓国の金融規制機関である金融委員会(FSC)を通じて監視されています。韓国では、仮想通貨を金融資産として認めていないため、1月6日に施行令が出され、2022年1月から仮想通貨の利益が所得として課税されることになっています。

この法令では、年間250万ウォンを超える仮想通貨による利益は、「その他所得」として20%の税率で課税されることになっています。

インタビューの中でKim Byung Wook氏は、仮想通貨による利益に課税することには全面的に同意するが、政府はまず法制上の枠組みを優先すべきだと述べています。

「あらゆる種類の金融利益に課税することは当然のことですが、まずは暗号および仮想資産に特別に適用される法律および行政の枠組みを確立する必要があります」とKim氏はインタビューで述べています。

同氏はまた、暗号資産法を確立することで、韓国のブロックチェーン産業が繁栄すると同時に、投資家やトレーダーを保護することができると述べています。このフレームワークを確立できなければ、韓国は成長するグローバル産業の中で後れを取ることになります。

また、投資家に法的な保護を与えずに、政府が暗号を課税対象の利益とみなすことは、「問題のある」状況になるとしています。

しかし、FSCの代表であるEun Sung-soo氏は、去る4月22日の国策委員会で、仮想通貨は本質的に投機的なものであるため、トレーダーを保護することは政府の責任ではないと述べています。また、マネーロンダリング防止(AML)規制に登録しない取引所をすべて閉鎖することも提案しました。

最新の仮想通貨ニュースはCryptoshimbunで!

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です