ton crypto telegram banner

Telegramがピアツーピアの仮想通貨トランザクションをサポート開始

人気のメッセージングアプリTelegramは、2022年4月26日、ユーザーが「The Open Network」またはTONと呼ばれるウォレットボットを介して、プラットフォーム上のダイレクトメッセージを介して仮想通貨を送信できるようになったと発表しました。内蔵されたブロックチェーンアプリは、ユーザー間の仮想通貨トランザクションを無料かつリアルタイムで処理します。

Twitterの投稿を通じて、TONは、ユーザーがテレグラムチャットでToncoin仮想通貨を直接送ることができるという声明を発表しました。

「Telegramのどのユーザーに対しても、取引手数料なしでToncoinを送ることができる新しい方法です。このサービスを使えば、長いウォレットアドレスを入力したり、確認を待ったりする必要がなくなります」と、このツイートには書かれています。 

ユーザーが新機能を使いこなすのを助けるために、TONはTelegramプラットフォームを通じて仮想通貨トランザクションがどのように機能するかについての短いビデオを掲載しました。これには、Telegramのウォレットボットをユーザーアカウントの添付メニューにインストールする手順が含まれており、銀行、カード、取引所、その他のウォレットを通じて仮想通貨にアクセスできるようになっています。

ユーザーは、プラットフォームのダイレクトメッセージ機能でウォレットアイコンを素早くクリックし、取引を開始することができます。現在、Telegramプラットフォームのピアツーピア取引では、Toncoinのみがサポートされています。

TheStreet.comによれば、TON Foundationの代表者は「この仮想通貨取引プロセスの簡素化により、世界中でより多くの導入が可能になり、人々の日常生活にブロックチェーン決済ソリューションを組み込むのに役立つことが期待されます」とコメントしています。

Ton財団はTelegramによって始められましたが、Gramsと呼ばれる未登録のデジタルトークンの提供を開始した際に、米国証券取引委員会(SEC)から連邦証券法に違反していると宣告され、2020年に放棄されました。

もともと、このプロジェクトはTelegram Open Network(TON)と呼ばれ、2018年に最高経営責任者のPavel Durov氏が弟のNikolai氏の助けとともに開発したものでした。

その事件の後、Telegramはプロジェクトからの撤収を決定しました。開発者の小さな集団がそれを拾い上げ、The Open Networkとして再ブランド化する一方、GramをToncoinとして再ブランド化しました。

「昨年TelegramがTONに別れを告げたとき、私は将来の世代の開発者たちがいつか大衆向けブロックチェーン・プラットフォームという我々のビジョンを引き継いでくれることを希望した」とDurov氏はTheStreet.comに述べています。

また同氏は「私たちが作った技術が生きていて、進化していることを誇りに思います」とも述べ、「スケーラビリティとスピードに関して言えば、TONはブロックチェーンの領域でまだ他の何年も先を行っています。このプロジェクトが人類のためにならないのは残念なことです」と付け加えました。

2022年4月頃、TON財団はプロジェクトを始動させるために10億米ドルの寄付を集めることに成功しました。

Telegramの新しい仮想通貨機能については、Cryptoshimbunでもっと知りましょう!

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。