thailand launches crypto banner image

タイでは観光促進のためにTATコインの発行を計画中

11月27日付のIndian Express紙の報道によると、タイ国政府観光庁(TAT)が独自の仮想通貨「TATコイン」の発行を計画しているとのことです。このコインの立ち上げは、タイの観光業に活気を与え、COVID-19パンデミックによる業界の800億ドルの損失を取り戻すことを目的とした「クリプトツーリズム」キャンペーンに、裕福な仮想通貨投資家を引き付けるための取り組みの一環です。

TATの下地は、成長する仮想通貨市場を利用することを期待して、9月29日にタイ証券取引所と初めて話し合われました。11月24日付のBangkok Post紙の報道によると、タイのNo.1仮想通貨取引所サイト「Bitkub」の創設者兼CEOであるJirayut Srupsrisopa氏は、タイの民間仮想通貨業界がTATコインを支援する意思があると報道陣に語っています。さらに彼は、彼らは政府が「法律を制定してボタンを押す」のを待っているだけだと言い切りました。

Srupsrisopa氏は、TATの立ち上げにより、「仮想通貨市場を強化することで、タイの国家GDPを最大6倍に成長させることができる」と述べています。 

TATのYuthasak Supasorn知事は、11月27日のBloombergとのインタビューで、「デジタル通貨を保有して裕福になった人たちがいて、彼らは獲得した富を使いたいと思っているかもしれません。その人たちが、両替や政府の税金に悩まされることなく、ここ(タイ)で自分の通貨を使えるようになれば、利便性が高まります」と述べています。

また、Srupsrisopa氏と同様に、Yuthasak氏も、「仮想通貨は未来」であり、タイがこのような「質の高い」観光客グループを迎え入れるには、仮想通貨に肯定的な社会である必要があるため、国が仮想通貨保有者を引き付けることができれば、パンデミック前の損失の80%を取り戻すことができると提案しました。

Yuthasak氏はまた、タイ当局が2022年までに、TATトークンの発行を扱う新しいユニットを設置することをすでに計画していると述べています。この計画は、証券取引委員会(SEC)、タイ銀行(BOT)、そして国内最大の暗号交換プラットフォームであるBitkub Onlineとすでに協議されています。

この新ユニットの計画は、同国の観光の新しいエコシステムを構築し、タイの観光を新たな高みへと押し上げることが期待されています。    

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です