The UK has a new name for stablecoins and a new bill to regulate crypto banner

英国では、ステーブルコインの新しい名称と、仮想通貨を規制する新しい法案が制定される

英国は10月25日、金融サービスおよび市場法案を前進させ、同国におけるビットコイン仮想通貨と「デジタル決済資産」に対するビジョンを固めました。

10月18日に提案されたこの法案は、「金融サービスにおけるグローバルリーダーとしての英国の地位を維持・強化し、金融分野が国中の個人と企業に提供され続けることを保証するためのさまざまな措置」を提案することを示唆しています。

法案は、英国が世界的な仮想通貨のハブになるという意図を再確認しており、国会議員でThe Crypto and Digital Assets All-Party Parliamentary Groupの議長であるリサ・キャメロン博士も同様のコメントを発表しています。週末に行われたCointelegraphの独占インタビューで、彼女は、仮想通貨は議員たちのレーダーに映ってはいるものの、まだ多くの教育が必要であると説明しています。

この法案は、ステーブルコインの規制を拡大するための既存の措置に基づいており、「暗号資産」の使用から脱却し、新しい用語として「デジタル決済資産」(DSA)に言及しています。英国政府によると、「暗号資産は何らかの分散型台帳技術(DLT)を使用している」のに対し、DSAには「広範な決済手段に発展する可能性があることから」ステーブルコインが含まれるといいます。

英国政府は以前、ブロックチェーン、仮想通貨、ビットコインをめぐる規制と透明性の向上を目的とした「措置のパッケージ」があるとコメントしていました。

その他、新首相のリシ・スナック氏も、ロイヤルミントノンファンジブルトークンの創設を支持するなど、仮想通貨の特定の分野に関心を示しています。

最年少首相となったスナック氏は、中央銀行のデジタル通貨を支持する声も上げています。

仮想通貨とデジタル資産を金融商品として認識することは、まだ法律で定められていません。法案は重要なステップを通過しなければなりません。新君主であるチャールズ3世による最終的な王室承認の前に、貴族院が法案を承認または修正する必要があります。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です