theta banner main

シータの紹介。それは何で、どのように機能するのか?

仮想通貨市場は、ボラティリティの高さと革新的な技術で知られる盛んな産業です。ビットコイン(BTC)やイーサリアム(ETH)のようなトークンの他にも、開発者や技術専門家は、低品質のビデオストリーミングやサードパーティの料金など、現代の問題を解決するために、より多くの暗号資産の作成を検討しています。

その一例が、オンラインストリーミングをより低価格で強化する独自のネットワークであるシータです。これは、多くの人があらゆるものをオンラインで見ることを好む今の時代に合った、型破りな方法です。詳しくはCryptoshimbunをご覧ください。

シータの創設者を知る

シータは、ビデオストリーミングのために作られたブロックチェーン技術の下で動作するネットワークです。イーサリアムに似たこの分散型プラットフォームでは、ユーザー、開発者、パートナー企業が包括的なネットワークを構築し、ストリームを視聴したり、コミュニティを通じて帯域を共有することができます。

他の中央集権的なプラットフォームと比較して、このプラットフォームは、より高い品質の動画を、より少ない読み込み時間で提供します。さらに、eスポーツ、映画、テレビ番組、音楽、教育など、さまざまなカテゴリーのコンテンツを提供しています。

これは、2017年に2人の創業者、Mitch Liu氏とJieyi Long氏の努力によって初めて設立されました。Liu氏は、モバイルゲームやオンライン広告に関連するスタートアップを立ち上げた経歴を持つことで知られており、Long氏は、彼らがシータを立ち上げる前に、VRライブストリーミング技術でキャリアを積んでいました。

シータ社には、創業者以外にも、Youtubeの共同創業者であるSteve Chen氏やTwitchの共同創業者であるJustin Kana氏など、テクノロジーや映像業界の著名人が顧問として名を連ねています。また、プロジェクトを支援する多くの投資家もいます。

  • シエラベンチャーズ
  • ザ・ベンチャー・リアリティ・ファンド
  • サムスンネクスト
  • ソニーイノベーションファンド
  • CAA クリエイティヴ・アーティスツ・エージェンシー

シータのトークン:THETAとTFUEL

Thetaブロックチェーンには、シータ (THETA)とシータフューエル (TFUEL)という2つのネイティブトークンがあります。現在、THETAの取引価格は8ドルで時価総額は80億ドル以上、TFUELの取引価格は0.3645ドルで時価総額は記事執筆時点で10億ドル以上となっています。

THETA仮想通貨の主な目的は、ブロックチェーンを規制し、ネットワークの進行を支援することです。TFUELについては、これは通常、ネットワーク内の他の人々と帯域幅を共有するユーザーへの報酬として、Thetaによって活用されます。これにより、プラットフォームの全体的な品質が向上し、より良いストリーミングサービスやロード時間の短縮が実現します。

舞台裏での作業:シータブロックチェーンについて

シータは、最先端のブロックチェーン技術を用いた、ピアツーピア(P2P)ベースで機能するネットワークです。このプロトコルにより、クリエイターは、コンテンツを共有することで、第三者に利益を奪われることなく、リアルタイムに支払いを受けることができます。

このプロトコルは、ビットコインで採用されているプルーフ・オブ・ワーク(PoW)ではなく、プルーフ・オブ・ステーク(PoS)という仕組みを採用しています。PoWでは、すべてのマイナーがアルゴリズムを解いて競い合うため、無駄な労力や高いエネルギー使用量、高い電気代がかかることから、PoSはPoWよりもエネルギー効率が高く、高速であることが知られています。

一方、PoSプロトコルでは、マイナーが取引を検証するために選ばれる前に、一定数のコインを賭ける必要があります。また、ブロックごとに1人のマイナーが割り当てられるため、エネルギー、労力、時間を節約することができます。

ブロックチェーンの3つの重要な参加者

PoSプロトコルとは別に、シータブロックチェーンには、ネットワークに投入されたデータを評価し、トランザクション中に問題がないかどうかを確認する3つの重要なバリデーターが参加しています。

以下は、シータブロックチェーンを構成する3つの重要なバリデーターです。

  • エンタープライズバリデーターノード

エンタープライズバリデーターノードは、その名の通り、THETAトークンを出資してブロックチェーンの取引処理を支援する企業です。いわゆる第一防衛ラインであり、PoSに100万THETAコインを投入することが求められます。これらのノードの例としては、Google、Sony、Samsungなどの大手企業が挙げられます。

  • ガーディアンノード

エンタープライズバリデーターノードに続き、ガーディアンノードはネットワークを保護する第2の層です。ガーディアンノードは、ブロックチェーンのさまざまな部分のデータを検証してコンセンサスを形成することを任務とするユーザーです。また、エンタープライズバリデーターノードからの取引がスムーズに行われることを保証します。ガーディアンノードは、最低でも1,000THETAコインをステークする必要があります。

  • エッジノード

エッジノードは、ユーザーがビデオストリームをシータブロックチェーン上に転送することを可能にします。前述のノードとは異なり、これらはユーザーがTHETAコインをステークする必要はありません。代わりに、帯域幅の共有を通じてこのネットワークを積極的に利用する参加者にTFUELトークンで報酬を与えます。

どのようなメリットがありますか?

シータブロックチェーンは、ストリームの視聴や共有が簡単にアクセスでき、より便利になるため、ユーザーや業界のプロバイダーなど様々な関係者にとって有益です。シータブロックチェーンの利点についてはこちらをご覧ください。

  • ストリーミングサービスの高速化

シータは分散型ネットワークであるため、ユーザーがどこにいてもストリーミングや視聴が可能です。その結果、特にお気に入りのゲームや番組を、より良い品質のビデオでより速くストリーミングできるようになりました。

  • 報酬の獲得に役立つ

シータネットワークに参加すると、TFUELコインを獲得することができます。このコインは、製品の購入、クリエイターへのチップ、購読料の購入に使用できます。余分な帯域幅を共有するだけで、このトークンを受け取ることができます。

  • コストの削減

シータブロックチェーンは完全にデジタル化されているため、映像制作のビジネスを立ち上げるための物理的なインフラを構築する必要がありません。その結果、企業のコストを削減し、より革新的なビジネスモデルへの道を開くことができます。一方、コンテンツ制作者は、熱心なフォロワーと一緒にストリーミング配信を行う際の費用が少なくて済みます。

シータのノウハウを紹介。THETA仮想通貨の購入

以下の3つの重要なステップを踏んで、THETA仮想通貨で仮想通貨の旅を始めましょう。

  1. ウォレットの選択

THETAコインを購入する前に、まずこれらのトークンを保管するウォレットを確保する必要があります。Atomic、Trust、そしてイーサリアムウォレットのような様々な選択肢の中から探せます。

また、シータ独自のウォレットであるシータ

ウォレットも検討すべき素晴らしい選択肢です。これは彼らの公式ウェブサイト「thetatoken.org」のホームページのトップ部分にあります。これは、デスクトップとモバイルデバイスの両方に適したウォレットです。また、App StoreまたはGoogle Playでダウンロードすることもできます。

  1. 最高の取引所を探す

THETAに対応したウォレットを手に入れたら、Coinbase、Kraken、Binanceなどの大規模な取引所サイトで購入することができます。

  1. コインをウォレットに入れる

THETAトークンを購入した後は、安全なウォレットに入れておく必要があります。これにより、コインを安全に保管するだけでなく、現在の残高を把握することができます。

Make a mark in history by choosing Theta

シータ仮想通貨を選んで、未来への旅に出ましょう。その画期的なブロックチェーン技術は、高品質な動画を最も安価に中継できることから、歴史に名を残すと予測されています。今すぐ試して、シータによる最高のストリーミング体験をお楽しみください!

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です