ukraine crypto banner

ウクライナ、詐欺防止の新法で仮想通貨を合法化

ウクライナでの仮想通貨の使用を規制する新しい法律が、昨年9月8日に国会で可決されました。わずか2回の質疑応答により、276名の議員のほぼ満場一致の投票により完成しました。これにより、市民は詐欺やその他の潜在的なリスクからオンラインで保護されながら、仮想通貨を取引することができるようになりました。

現在のところ、この新法は、ウクライナのウォロディミル・ゼレンスキー大統領の承認を待っています。署名されれば、仮想通貨トレーダーは、オンラインでの詐欺やその他のスキャムに対して、立法府による保護を受けることができます。

新法の抜粋によると、新法は「ウクライナにおける仮想資産の取引に関連して生じる法的関係、仮想資産市場の参加者の権利と義務、および仮想資産の分野における国家政策の原則」を規定するとしています。

この法律では、ユーザーを詐欺から守るだけでなく、仮想通貨の使用に関するその他の事項についても検討されています。その中には、仮想資産の定義や、バーチャルウォレット、公開鍵、秘密鍵などの説明も含まれています。

トレーダーは、仮想通貨を所有して取引することは認められていますが、ウクライナで公式な支払い手段として使用することは認められていません。

ウクライナの新法は、仮想通貨の使用は常にリスクが高い、あるいは詐欺だと考えられてきたため、良いタイミングでの登場となりました。Kyiv Post紙によると、ウクライナはここ数年、仮想通貨に対して懐疑的だったのが、2022年には投資家向けに市場を開放する可能性があると変遷しています。

ウクライナのデジタル・トランスフォーメーション大臣であるムィハーイロ・フョードロフ氏は、最新の法律について、「暗号資産を合法化しているのは、ドイツ、ルクセンブルグ、シンガポールなど、世界でも数少ない国です。ウクライナもその一つになるでしょう」と述べ、より多くのウクライナ人が投資を始める機会になる可能性があるとしています。

ここ数年、ウクライナでの仮想通貨の使用に関する規制は曖昧なものでした。地元の人々は常に自由に仮想通貨を売買していましたが、それに従う公式な規制はありませんでした。

今回、政府が仮想通貨の取引に余裕を持たせたことで、これが国内の仮想通貨を規制する法律を増やす第一歩になるかもしれません。

ウクライナは、今月、仮想通貨で動きを見せた5つの異なる国のうち、最新のものです。エルサルバドルは最近、ビットコインを法定通貨として採用し、キューバも暗号の使用を合法化しており、パナマも規制の成立を検討しています。

Cryptoshimbunでは、最新の仮想通貨のニュースや更新情報をお届けしています! 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。