US Crypto bill

米国で提案されている仮想通貨法案、デジタル資産のグレーゾーンを定義する

バージニア州選出の下院議員であるドン・ベイヤーは、先週木曜日(7月29日)に「Digital Asset Market Structure and Investor Protection Act(デジタル資産市場構造と投資家保護法)」を提出しました。全58ページのこの法案は、デジタル資産を米国の既存の規制構造に組み込むことを目的としています。

この法案が可決されれば、ある仮想通貨が証券に分類されるべきか、商品に分類されるべきかを定義することで、すべてのデジタル資産に対する包括的な規制の枠組みが構築されます。

「デジタル資産とブロックチェーン技術は大きな可能性を秘めており、ビットコインやエーテルのような資産が今後も存在することは明らかです。残念ながら、現在のデジタル資産の市場構造や規制の枠組みは曖昧で、投資家や消費者にとっては危険です」とベイヤー氏は公式サイトで述べています。

また、同氏は、資産保有者が長年にわたり、詐欺、盗難、操作にさらされていることも指摘しています。一方、議会は、業界が包括的な法的枠組みを作る必要性を無視し続けています。

この法案は、米国の暗号市場に存在し続けている重要なグレーゾーンすべてに触れています。これにより、CFTC(米商品先物取引委員会)とSEC(米国証券取引委員会)の両者をまとめて、デジタル圏で流通している上位90%の暗号資産の規制状況を法的に明確にします。

また、ベイヤー氏は、米国連邦準備制度理事会にデジタル通貨の中央銀行(CBDC)を創設する権限を与え、ユーザーの金融取引への前例のないアクセスを認めることを提案しています。

この法案はまた、すべてのデジタル資産および資産証券に対する規制要件を正式に定めます。これらは銀行機密法の下で金融商品として分類され、特にマネーロンダリング防止のための透明性が強化されます。

さらに、この法案には不正防止策も盛り込まれています。24時間以内に公開台帳に記録されなかったデジタル資産は、CFTCに登録されたトレードリポジトリに報告されると規定されています。

デジタル資産の取引保管所は、デジタル資産の販売や取引に関する記録情報を収集・管理し、市場にあるすべての仮想通貨の記録を一元的に管理する施設となります。

しかし、ほとんどの仮想通貨の匿名性という特徴のために、これは難しいと思われます。本法案は、取引所や暗号事業体が、詐欺を防ぐために秘密や匿名性のベールの下で顧客を保護することを禁止するものです。

法律事務所Axler Goldich LLCのパートナーであるMarc GoldichがCoinDeskに提供した声明によると、58ページに及ぶこの法案は、暗号技術への深い理解をもって徹底しているとのことです。最新の仮想通貨のニュースや更新情報については、Cryptoshimbunでご覧ください!

コメントする