crypt bannermain

仮想通貨でできること

ここ数年、仮想通貨は新たな成長を遂げています。ほとんど価値のなかった初期の段階から、現在では市場で最も人気のある投資の一つとなっています。人々は、仮想通貨の可能性とその利用法にますます魅了されています。Cryptoshimbunで、その詳細を知りましょう!

仮想通貨とは、「ブロックチェーン」と呼ばれる分散型技術を使って取引を管理・記録するデジタル決済の一形態です。オンラインで商品を購入したり、サービスへの支払いをしたり、長期的な投資の一形態として使用されるのが一般的です。現在では、仮想通貨は1つ以上の方法で使用することができます。結局のところ、ほとんどの投資家は仮想通貨を未来の通貨と見なしており、人々は価格が急騰する前に今すぐ購入しようと躍起になっています。

ユーザーが仮想通貨を好むのは、そのセキュリティの高さにあります。銀行のように多くの個人情報を提供しなくても利用できるからです。また、銀行や政府はインフレによって物理的なお金の価値を下げることができるので、中央当局がコントロールできないという点も好まれています。

何よりも重要なのは、デジタルの世界では仮想通貨の実用性は他に類を見ないということです。どのようにして効果的に使うことができるのか、以下で見てみましょう。

低コストでの送金

仮想通貨の最も一般的な利用法の一つは、送金です。最近の送金は、携帯電話のバンキングアプリを使って送金を開始するだけで簡単に行うことができます。また、送金サイトに行って、送金してもらうこともできます。しかし、その都度、多額の手数料がかかってしまいます。

幸いなことに、仮想通貨を使えばその心配はありません。海外の人にお金を送ったり、インターネットで何かを購入したりする場合、仮想通貨はほんのわずかな料金で送金できます。不換紙幣を送金する場合は100ドル以上かかるのに対し、仮想通貨は数セントで済みます。また、数時間から数日かかる国際的な銀行送金に比べ、仮想通貨の送金にはほとんど時間がかかりません。

イールドファーミングで利息を稼ぐ

仮想通貨は主にオンラインで商品やサービスを購入するために使用されますが、より多くの収入を得るために使用することもできます。まず、主要な使い方はトレードでの使用です。低い価格で購入し、後で高い価格で売ることができます。また、価格が上昇するまで保有する人もいます。仮想通貨で稼ぐもう一つの方法は、イールドファーミングです。

不換紙幣のように、自分の仮想通貨を他の人に貸すことができます。いくつかのサイトでは、借りたい仮想通貨を探している人にアクセスできるようになっています。あなたがすることは、自分の仮想通貨の単位を貸し出しプロトコルに預けることです。そこから、あなたは取引手数料から利子を得て、借り手が利子付きのローンを返済すると、さらに利回りを得ることができます。

融資会社はその後、自分の仮想通貨を預けた投資家に利子を支払います。利子を得ることで、より多くの仮想通貨を手に入れ、それを引き出すことも、再び貸すこともできるのです。

プライベート/セキュアな取引を行う

オンラインで商品を購入する際の危険性のひとつに、ハッカーがお客様の情報を入手することがあります。オンラインでの支払いにカードを使用することは、基本的にカード情報を会社に提供することになり、ハッカーがそれを入手する可能性があります。

しかし、仮想通貨を使えば、情報の盗難を心配する必要はありません。仮想通貨は、オンラインまたは物理的なウォレットを使用して保存するため、ハッカーが盗むような情報はオンラインにはありません。

さらに、仮想通貨の情報や取引は銀行に管理されていないため、仮想通貨を何に使用するかについて、よりプライバシーが守られます。送金や購入の際に、理由や相手を説明する必要がありません。このような情報を求めると、相手が必要としている資金移動のための取引が遅れることがよくあります。

海外旅行

最近では、仮想通貨は旅行にも使えるようになりました。いくつかの旅行代理店では、フライトの予約やレンタカー、ホテルの予約で仮想通貨を利用できるようになりました。

また、市場を代表する仮想通貨であるビットコインは、世界各地にATMを設置しています。これにより、旅行者はビットコインを現地の通貨に交換することが容易になり、ユーザーは海外にいてもビットコインや仮想通貨を自由に使えるようになります。 

学費の支払いに使用する

また、ドイツ、スイス、キプロス、米国の学校など、授業料の支払い方法として仮想通貨を受け入れる学術機関も増えています。

スイスのLucerne University of Applied Sciences and Artsは、テーマに関する知識を配布し、この新しい技術を使用する経験を得るために、支払い方法として仮想通貨を受け入れていると述べています。

一方、キプロスのニコシア大学は、2013年からビットコインをはじめとする仮想通貨を使用しています。同大学は学費の支払いにビットコインを使うことを採用した史上初の大学であることを公表しました。アメリカでは、2014年にキングスカレッジが最初に行っています。

募金・チャリティ

起業家がプロジェクトやビジネスを始めるために立ち上げたスタートアップや会社が、サービスや製品の資金調達のために仮想通貨を受け入れるようになりました。これは、資金調達のウェブサイトを利用するよりも、仮想通貨を使った方が資金の追跡や獲得が容易だからです。

すでに多くの人が仮想通貨を使って投資を行っているため、スタートアップ企業はその需要に合わせて、資金源をさらに拡大するために仮想通貨を受け入れるようになりました。

さらに、慈善団体が寄付金として仮想通貨を受け入れるようになりました。一部の組織は、セキュリティのためにも仮想通貨を利用しています。ブロックチェーンはセキュリティが確保されているので、資金漏れや汚職など、慈善団体の問題を解消することができます。このように、仮想通貨を使うことは、このような問題を避けるためにも有効です。学校や美術館の中には、寄付や支払いに仮想通貨を利用することを発表しているところもあります。

Cryptoshimbunでは、仮想通貨についてのあらゆる情報を提供しています!

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です