wrapped bitcoin banner image main crypto

新しい仮想通貨イノベーションを歓迎:ラップドビットコインとは?

ビットコイン投資家でありながら、同時にDeFiエコシステムを探求したいと思うことほどもどかしいことはありません。分散型アプリケーション(dApps)にアクセスし、プレイ・トゥ・アーンのゲームに参加したいものの、ビットコインの価格、限られた供給量、人気といった、ビットコインを所有することで得られる利点をあきらめるわけにはいかないのです。デジタル資産間の相互運用性がない中、他のブロックチェーンの力をさらに最大限に引き出すにはどうすればいいのでしょうか。

新しい仮想通貨イノベーションのおかげで、現在、相互運用性のハックが実施されています。これには、ギャップを埋め、より良い流動性をDeFiにもたらすことを目的とした、仮想通貨市場のブレークスルーであるラップドビットコインが含まれます。あなたのビットコインを他のチェーンに巻き付けることで、他のブロックチェーン機能を利用できるようになることを想像してみてください。

もっと知りたいと思いませんか?もっと詳しく知りたい方は、以下を読み進めてください!

ラップドビットコイン仮想通貨とは何ですか?

ラップされた仮想通貨のカテゴリに含まれると考えられているラップドビットコイン(wBTC)は、ネイティブではないブロックチェーンで使用できるERC-20トークンですが、元の資産と同じ価値を保持します。要するに、ビットコインを1:1の比率で表しているのです。

2019年1月にローンチされたwBTCトークンは、イーサリアムネットワーク、特にそのDeFi圏にビットコインの流動性を提供するために設立されました。この発明により、dApp開発者はビットコインの高い時価総額と取引量を利用する方法を見つけ、2つの異なるデジタル資産間のギャップを埋めることができました。

ビットコインをラップし、新しく鋳造されたトークンを作成するプロセス全体は、主に以下の3つのエンティティに依存しています。

  • カストディアン – wBTCを鋳造し、ビットコインの埋蔵量のセキュリティを維持するために割り当てられた当局です。
  • マーチャント – wBTCをネットワークユーザーに配布し、余ったトークンを燃やします。ラップドビットコインの場合、カイバーネットワークとリパブリックプロトコルがこの役割を担っています。
  • 分散型自律組織(DAO – カストディアンやマーチャントの追加や削除など、スマートコントラクト内の変更を実行する役割を担っています。

あなたのイーサリアムアドレスがそのwBTCトークンを無事受け取ったら、投資、融資、貯蓄など、ネットワークの金融サービス内で使用することができます。より有益で便利なのは、従来の金融機関で融資を申し込む場合と比較して、個人情報を漏らす必要がない点です。

どのような仕組みなのか?

ビットコインをラップしたい場合、カストディアンやマーチャントが行う手続きを経る必要があります。リクエストを送信した後、加盟店はカストディアンが特定の量のwBTCを鋳造することを承認するトランザクションを開始することになります。

また、いつでも好きなときにwBTCをBTCに戻すオプションがあり、投資戦術を強化し、ビットコインブロックチェーンからDeFiエコシステムにジャンプすることが容易になります。

例えば、MakerやAirswapにアカウントを登録し、残高にビットコインで資金を供給することができます。「Wrap」ボタンをクリックし、新しく鋳造されたERC-20トークンと交換するためにラップしたいビットコインの量を入力します。ただし、CoinbaseやBinanceなど、多くの取引所プラットフォームから直接wBTCを購入することも可能です。

wBTCのモデル:人気のあるラッピングプロトコルは?

ビットコインのようなデジタル資産をラッピングするために使用されるさまざまなラッピングプロトコルがあります。そのプロセスは互いに若干異なりますが、ビットコインをイーサリアムブロックチェーンに統合するという同じ結果を生み出すことを目的としています。

以下では、これらのプロトコルをご紹介します。

シンセティック・アセット

シンセティック・アセットの使用により、ラップされたビットコインは仮想通貨市場で人気を博しています。このプロトコルでは、スマートコントラクトにBTC資金をロックして、同じ価値を持つ合成資産を受け取ります。ただし、これはビットコインに直接裏打ちされたものではありません。プラットフォームは、代わりにネイティブトークンでそれらをバックアップし、シンセティックDEXによって開拓された戦略です。 

中央集権型

その言葉自体通り、中央集権型ラッピング戦略とは、あなたのBTC資金を中央集権型仲介機関に渡し、彼らがあなたの希望額に相当するERC-20トークンを発行することを意味します。ビットコインを包んで安全に保管するために会社に完全に依存することになりますが、これは一部のユーザーにとっては最適とは言えない方法と考えられています。

トラストレス

最も高度なラッピングプロトコルは、トラストレス方式です。これは、あなたのビットコインが分散型システムを通じてラッピングされるものです。カストディアンの責任はスマートコントラクトに移され、あなたのBTC資金はネットワークコントラクト内にロックされます。これにより、ネットワークはあなたの同意なしにあなたのBTCを調整または更新する権利を持ちません。

なぜラップドビットコイン仮想通貨に投資すべきなのか?

なぜBTCをwBTCにラップする必要があるのか、疑問に思うかもしれません。イーサリアムのブロックチェーンと互換性のあるデジタル通貨に投資すればよいのに、なぜ複雑すぎると思われるプロセスを踏む必要があるのでしょうか。

しかし、現在多くの投資家がwBTCをポートフォリオに組み込んでいるのには理由があり、それは以下のようなものです。 

  • 流動性の向上

wBTCの急成長は、市場の流動性を高める道を開きました。DeFiエコシステム内の分散型取引所(DEX)は最適な機能を発揮するために十分な流動性を保持していないため、ラップドビットコインは投資家の資産取引を効率化し、CeFiとDeFi製品間の流動性ループの橋渡しをすることが可能です。

  • スケーラビリティの向上

スケーラビリティを重視する投資家にとって、BTCのラッピングはまさにうってつけです。ラッピングが実行され、システムが新たにトークンを発行すると、wBTCはイーサリアムのブロックチェーン上で動作し、取引をより速く、より安くすることができます。

ラップドビットコイン仮想通貨:相互運用性のすべて

仮想通貨の業界は、新しいフロンティアとイノベーションを迎え、wBTCの誕生は相互運用性と流動性の向上の扉を開くものです。イーサリアムのエコシステムとビットコインの間のギャップを埋め、さらに投資家がdApps、高い時価総額と取引量を活用することを支援しました。それはフィンテック革命であり、最終的にはDeFiアプリケーションのもう一つのビルディングブロックになると考えられています。そのため、wBTCのようなラップドトークンは、両者の長所を組み合わせたものであり、素晴らしい暗号の旅を求める投資家にとって完璧な選択となります。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です