elrond crypto banner shimubn

Elrond:ブロックチェーン技術の未来

Elrond:ブロックチェーン技術の未来

仮想通貨は、分散型アプリ(dApps)の作成、安全なストレージの提供、信頼性の高い支払い方法など、数え切れないほどの用途があります。しかし、仮想通貨の利点は継続的に増加していますが、仮想通貨ネットワークが直面する共通の問題がまだ1つあります。

スケーラビリティは、おそらく最近のトップブロックチェーンの最大の懸念事項の1つです。これは主に、ネットワーク内のバリデーターの数が限られていることや、非効率なブロックチェーン技術が原因で、トランザクションが遅くなることが原因です。このような場合、これらはデータ処理を減少させ、マイニング費用を増加させ、ユーザーベースを減少させるため、ネットワークのスケーラビリティに影響を与える可能性があります。幸いなことに、この問題を解決できる仮想通貨ネットワークがあります。

2017年に設立されたElrondは、ビットコインの希少性と限界をイーサリアムのブロックチェーン技術の汎用性と組み合わせて、他に類を見ない仮想通貨ネットワークを構築しています。ブロックチェーンのスケーラビリティの問題に対する解決策を提供するために、Beniamin Mincu氏とLucian Mincy氏の兄弟がLucian Todea氏と共にゼロから設計しました。

Elrond仮想通貨は、「ロード・オブ・ザ・リング」に登場するエルフにちなんで名付けられており、ブロックチェーンの他の機能として、Elrondの娘にちなんだArwen仮想マシンや、ガンダルフのような精霊にちなんだMaiarウォレットなどがあります。

Elrondの目標は、中央集権的なネットワークよりも高いパフォーマンスを提供する分散型ネットワークであることです。また、そのネイティブトークンであるEGLDを価値のある資産として確立することを目指しています。この目標を達成するために、Elrondはシャーディング技術を利用して、イーサリアムやビットコインの最大1,000倍の取引容量を提供します。

Elrondのブロックチェーンの仕組みは?

ブロックチェーンのプロセスを掘り下げる前に、まずElrondのブロックチェーンにおける3種類のネットワークの役割を知っておく必要があります。それは以下の通りです。

  • バリデーター: バリデーターは、トランザクションを処理し、Secured Proof of Stateメカニズムによってネットワークを保護するノードです。バリデーターは取引手数料から報酬を得る。バリデーターとして参加するには、EGLDトークンをステークする必要があります。
  • オブザーバー: オブザーバーは、ブロックチェーンの履歴を残すElrondネットワークの受動的なメンバーです。彼らはEGLDトークンをステークする必要はなく、バリデーターに比べて仕事に対する報酬はありません。 
  • フィッシャーマン: フィッシャーマンは、ブロックが提案された後にその有効性を検証することで報酬を得ることができるノードです。

さらに、Elrondブロックチェーンは、「Adaptive State Sharding」と呼ばれるスケーリング技術、「Secured Proof of State」と呼ばれるコンセンサスメカニズム、「Arwen WASM VM」と呼ばれる仮想マシンを使用して動作し、プラットフォーム内のスマートコントラクトを動かしています。

これらの機能がどのようなもので、Elrondのブロックチェーン技術がどのように機能するのか、以下で詳しく見ていきましょう。

Adaptive State Sharding

「Adaptive State Sharding」は、ブロックチェーンを「シャード」と呼ばれる複数の小さなピースに分割するスケーリング技術です。ここでは、データはいくつかのピースに分割され、様々なバリデーターに割り当てられ、処理されます。これは、バリデーターが一度に1つのトランザクションを処理することが求められる通常のブロックチェーンとは異なります。このプロセスにより、より多くのデータを同時に処理できるようになったため、Elrondの取引速度は向上しています。 

Secure Proof of Stake

Proof of Stake(PoS)コンセンサスは多くのプラットフォームで採用されていますが、Elrondではさらに進んで、Secure Proof of Stake(SPoS)と呼ばれる独自のコンセンサス手法を開発しました。SPoSでは、ネットワークが各シャードから61の検証ノードを選び、シャードが破損しないようにします。

そして、61台のノードのうち1台だけが、チェーンに追加される次のブロックを生成するために選ばれます。選ばれたノードは、すべてのトランザクションを束ねて他のノードに提案し、ブロックチェーンに追加できるようにします。このため、Elrondは1シャードあたり1秒間に5,000件のトランザクションを処理することができます。 

検証者となるノードは、保有するEGLDトークンの量や、ネットワーク上での行動に基づいて選ばれます。パフォーマンスが悪い検証者は選ばれず、ペナルティを受けることもあります。

Arwen仮想マシン

Elrondには、スマートコントラクトのプログラムコードを実行するArwen WASM VMという仮想マシンがあります。この仮想マシンは、スマートコントラクトとの互換性を確保し、1秒間に最大15,000件のトランザクションの実行を可能にします。

この仮想マシンはWebAssembly(WASM)を用いて作成されているため、開発者は複数のコーディング言語を用いてdAppsやスマートコントラクトを作成することができます。また、取引手数料の30%をdAppsやプロトコルの開発者に付与するロイヤリティシステムを内蔵しています。

スマートコントラクトとは、特定の条件を満たすと自己実行するコードに含まれる2者間の合意のことです。一方、dAppsは、スマートコントラクトを利用してブロックチェーン上で動作する分散型のサービスです。 

Metachain

データ転送プロセスを完了することで、物理的な世界とメタバースを結びつけるMetachainは、特別なシャードで実行され、以下のような多くの重要なタスクを担当しています。

  • シャードのブロックヘッダの公証と最終確認
  • シャード間のコミュニケーションを円滑にする 
  • バリデーターのレジストリを保存する
  • 報酬
  • フィッシャーマン・チャレンジの処理

Elrondのステーキング・フェーズ

PoSアルゴリズムのため、Elrondはマイニングできず、代わりにステークされます。Elrondのステークプロセスは4つのフェーズに分かれています。

  • フェーズ1 (Incentivized Delegation Queue): このフェーズは2020年10月のプレメインネットで完了し、最低10個のEGLDトークンをステークしたコミュニティメンバーのためのインセンティブ付きキューが作成されます。このキューには、年間最大20%のリターンが与えられます。 
  • フェーズ2 (Validators Queue): フェーズ2は2020年12月に開始され、より多くのステークスロットが利用可能となり、バリデーターであれば誰でもEGLDをステークしたりアンステークしたりすることができるようになりました。
  • フェーズ3 (Open Staking): 2021年3月にフェーズ3が開始されました。ここでは、より多くのコミュニティノードがネットワークに参加し、誰もがステーキングプールを作成してステーキングプロバイダーになることができます。
  • フェーズ4Phase 4 (Advanced Staking features): フェーズ4では、より高度なステーキング機能がアンロックされます。Elrondチームは、このフェーズの開始日をまだ決めていませんが、フェーズ3が終わってから2、3週間後に開始すると述べています。

Elrondトークンの概要

Elrondトークン(EGLD)は、2020年7月に稼働を開始し、主にElrondブロックチェーンのネットワーク料金の支払いに使用されています(ステーキング、バリデーターへの報酬、そして近々、ガバナンスにも使用される予定です)。EGLDをステークするための最低料金は2,500EGLDで、ノードごとにステークするためのトランザクション料金は0.0006EGLDとなっています。

CoinMarketCapによると、EGLDの史上最高値は2021年11月23日に記録された542.58ドルです。EGLDの初期供給量は2,000万個で、ビットコインに似た希少性を持っています。ネットワーク認証者への報酬として新しいトークンが鋳造されますが、最大供給量は3,140万EGLDを超えることはありません。10年後にはEGLDの生産は終了します。 

Elrondのスケーラビリティ問題に対する解決策はどれほど有効なのか?

Adaptive State ShardingとSecure Proof of Stakeプロトコルのおかげで、Elrondのスケーラビリティとトランザクション容量は最大のセールスポイントの1つとなりました。このブロックチェーンは、他のどのネットワークよりも1秒間に多くのトランザクションを処理することができ、どれだけ多くのデータが処理されてもスケーラビリティを維持することができます。このことがElrondの発展に寄与し、メインネットの立ち上げから急激な成長を遂げた理由の一つとなっています。

さらに、Elrondには確かな取引量があるため、ブロックチェーン技術をさらに発展させる可能性を秘めています。このプロジェクトはまもなくより高度な機能を持つようになり、この新興の仮想通貨が市場の主要な仮想通貨のいくつかを凌駕する道を開くことになります。近いうちに、そのプラットフォームのためにアプリケーションを構築するDeFi開発者が増え、仮想通貨の世界で主要な分散型ネットワークの一つになるかもしれません。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。