vechain crypto main banner

VeChain: ブロックチェーンによるビジネスソリューションの提供

絶え間ない研究と開発の結果、ブロックチェーン技術は、もはや仮想通貨専用の単なるネットワークではなくなりました。現在では、世界中のさまざまなビジネス業界に素晴らしい機会とソリューションを提供しています。

何千もの既存の仮想通貨プロジェクトの中で、多くのビジネスが経験している現実の問題を解決できるサービスとしてブロックチェーンを使用することに焦点を当てているものはわずかしかありません。その一つがVeChainです。

サプライチェーンのトレーサビリティーと品質保証を向上させるために作られたVeChainは、ブロックチェーンと物理的なトラッカーを利用して、企業の基準やコンプライアンス対策に準拠したチェーン管理プロセスを実現します。VeChainについてもっと知りたい方は、以下をお読みください。

VeChainのブロックチェーンの概要

シンガポールに本社を置くVeChainは、中国のルイ・ヴィトンの元CIOであるSunny Lu氏によって設立されました。彼は、中国が最もよく知られている問題である偽物の商品化を解決するために、ブロックチェーン技術を追求することを決めました。ビジネスの複雑さに触れ、ブロックチェーン業界への情熱を持っていたLu氏は、サプライチェーンマネジメントとビジネスプロセスを強化するための実現可能なソリューションであるVeChainを考え出すことができました。

VeChainは、その目的を達成するために、スマートチップ、RFID(Radio Frequency Identification)タグ、重要な情報をブロックチェーンネットワーク上に送信するセンサーを使用しており、権限のある関係者がリアルタイムで閲覧することができます。これらのセンサーにより、すべての製品データを継続的に監視し、問題があれば適切な関係者に報告することができます。

また、VeChainは、IoT(Internet of Things)をサービスに組み込んでいます。IoTとは、センサーとインターネットを介してデータを送信する機能を備えたスマートガジェットのグローバルネットワークのことです。現在、これらのガジェットには、テレビ、ドアベル、スマートフォンなどが含まれます。

VeChainでは、VeChain Token(VET)とVeThor Token(VTHO)という2種類のトークンが使われています。この2つのトークンについて、それぞれの機能をご紹介します。

コンセンサス・プロトコル(プルーフ・オブ・オーソリティ)

プルーフ・オブ・オーソリティは、VeChainブロックチェーンの合意形成手法として使われています。ここでは、VETの保有状況や開示状況に応じて票が与えられます。KYC(顧客熟知)の証明書を持たずに口座に100万トークンを保有しているVET保有者は全投票数の20%、KYCを持ち同額を口座に保有しているVET保有者は30%の権利を得ることができます。

取引の際にすべてのノードの投票が必要なビットコインとは異なり、VeChainのブロックチェーンでは、取引のコンセンサスを得るために101のマスターノードの投票のみが必要となります。匿名のノードは認められておらず、マスターノードになるためにはKYCによる身元の開示が必要となります。

VeChainのマスターノードのもう一つのタイプは、エコノミックマスターノードと呼ばれます。パワーチェックとしてのみ機能し、ブロックや台帳の記録は作成しません。マスターノードは、所有するVETの量に応じて一定数(10,000VETごとに1票)の投票権を得ます。

VeChain仮想通貨とそのブロックチェーンにおける重要性

VeChainブロックチェーンで使用されている2つのトークンは、どちらも目的やユーザーが異なります。VeChain Token(VET)はエンドユーザーに焦点を当て、VeThor Token(VTHO)は開発者向けとなっています。

金融取引によってデータがチェーンに追加されると、VTHOという形の処理能力が必要になります。開発者がブロックチェーン上で取引を行うためのガスとして使用されます。このトークンは、スマートコントラクトの実行コストをカバーするためにのみ使用されるため、一般には公開されていません。

VeChainの仮想通貨に投資したい場合は、取引所でVETを購入します。他の仮想通貨と同様に、VETはブロックチェーンで分散型アプリケーション(dApps)が使用されているときに使用されます。

執筆時点で、CoinMarketCapによると64兆VETが流通しており、最大限度の86兆VETを発行できるように設定されています。 価格は現在0.1398ドルで、時価総額は8,985,936,148ドルとなっています。

VeChainが活用できるビジネス業界

VeChainは世界中の産業で利用されており、これまで以上にパフォーマンスを向上させています。ビジネスでは、VeChainブロックチェーン上に組み込まれたdAppsを使用することができますが、必要と判断した場合には、独自に作成することもできます。これにより、ブロックチェーンのエコシステム上に、持続可能でスケーラブルなビジネスモデルが存在することになります。以下は、VeChainを利用することで恩恵を受けている産業の例です。

食品

食品製造では、人々はサプライチェーンが大きく乱れ、食中毒や賞味期限切れの生鮮品などの問題が発生しました。これにより、消費者が腐敗した製品や低品質の製品を購入するリスクが高まりました。

食品分野は人々の健康に関わるため、その運営には高いレベルの透明性が求められます。VeChainは、IoT(モノのインターネット)デバイスを使用することで、これを保証します。これにより、食品の製造から輸送、流通までの各段階が監視され、最高レベルの品質が維持されるようになります。

例えば、ある食品を一定の温度に保つ必要がある場合、その温度を追跡する装置を設置します。設定値を下回ったり、上回ったりして腐敗した場合、流通を防ぐことができます。 

自動車

VeChainは、CO2排出量やエネルギー使用量を削減する代わりに、クレジットを提供するというシステムを考案し、CO2排出量を削減するという素晴らしいプランを提案しています。ここでは、自動車からデータを収集し、スマートコントラクトで配布します。

スマートコントラクトは、スマートな炭素削減アルゴリズムを用いて、単位あたりのエネルギー削減量を決定します。そして、ユーザーはこの単位に基づいて炭素クレジットを与えられます。獲得したポイントは、VeChainのさまざまなサービスやパートナー企業で利用できます。

小売業

VeChainは、製品の歴史やライフサイクルに関するデータをブロックチェーン上に置くことで、偽造品に対応しています。例えば、Shanghai Waigaoqiao Direct Imported Goodsという中国のモールと提携して、プレミアムワインを監視しています。

ここで消費者は、輸送中にモニター用のRFIDセンサータグが割り当てられた商品のQRコードをスキャンすることで、その商品がどこで生産され、どこに届けられたかを確認することができます。その結果、購入者はそのワインが常に本物であることを保証することができます。

ヘルスケア

VeChainが医療業界を支援した一つの方法は、I-Danteと提携してE-HCert Appを作成したことです。ここでは、COVID-19の検査結果をブロックチェーン内に安全に保存することで、医療サービスのプライバシーとデータの完全性を維持しています。 

VeChainはビジネスの未来なのか?

ブロックチェーンだけでなく、IoTデバイスの柔軟性と発展により、VeChainが今後数年間でビジネスのためのより高度なソリューションを生み出す可能性は大きく、有望です。したがって、経済がビジネスにおけるブロックチェーン技術の利用を完全に認識し、受け入れれば、大成功を収めることができます。

さらに、VeChainは、パートナーシップを増やし、より多くのビジネス業界にプラットフォームを開放しさえすれば、今後数年以内に安定した成長を遂げるために必要なものを持っています。

市場で最も人気のある最新の仮想通貨の一歩先を行きたい方は、このような記事をクリプトシンブンでもっと読んでみてはいかがでしょうか!

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。